インサイド x Game*Sparkが選ぶ「Game of the Year 2014」受賞発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インサイド x Game*Sparkが選ぶ「Game of the Year 2014」受賞発表

インサイドとGame*Sparkでは昨年に引き続き、編集者とライター陣で選ぶ、Game of the Year 2014(GOTY)を発表いたします。2014年に発売(サービス開始)されたゲームを対象に、自分が遊んだゲームの中から最も満足したものに各員が投票し、その結果を元に決めたものです。

連載・特集 特集
インサイド x Game*Sparkが選ぶ「Game of the Year 2014」受賞発表
  • インサイド x Game*Sparkが選ぶ「Game of the Year 2014」受賞発表

インサイドとGame*Sparkでは昨年に引き続き、編集者とライター陣で選ぶ、Game of the Year 2014(GOTY)を発表いたします。

これは2014年に発売(サービス開始)されたゲームを対象に、最も満足したものに各員が投票、その結果を元に決めたものです。今回はPS4/PSVita/PS3/Wii U/3DS/Xbox One&Xbox 360/PC/インディー/来年最も期待するゲームの計9部門を設けました。

なお、ユーザーチョイス部門の投票も行っております。こちらも是非チェックいただければと思います。

■Wii U部門

Game of the Year 2014
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
任天堂株式会社



Wii U部門のGOTYに輝いたのは『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』。任天堂を代表するゲームキャラクターが集結。夢の様な大乱闘を繰り広げるシリーズ最新作。大画面で、様々なプレイスタイルで遊ぶ事が出来る。amiiboを使った遊びの広がりにも注目。Wii Uの今年最大のヒット作となることが期待され、投票でも文句なしの一位。これまでのシリーズ同様、長く遊ばれるゲームになることを期待。

■候補作品
・ゼルダ無双
・ベヨネッタ2
・零 ~濡鴉ノ巫女~
・マリオカート8

■ニンテンドー3DS部門

Game of the Year 2014
大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS
任天堂株式会社



Wii U部門に続いて、ニンテンドー3DS部門では『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』がGOTYに輝きました。シリーズとして初の携帯ゲーム機での発売となった本作ですが、大乱闘の熱さは変わらず。いつでもどこでも対戦ができるスマブラは想像以上の出来栄えでした。収穫期とも言えるような良作が続いた3DSですが、こちらも投票では圧倒的な強さを見せました。

■候補作品
・妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打
・モンスターハンター4G
・閃乱カグラ2 -真紅-
・セガ3D復刻アーカイブス

■PlayStation 4部門

Game of the Year 2014
ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダー
ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア株式会社



編集部でも注目のPS4部門は、秋以降にリリースされた数々のビッグタイトルを差し置いて、6月に国内発売されていたベセスダとMachineGamesのアクションアドベンチャー『ウルフェンシュタイン: ザ ニュー オーダー(Wolfenstein: The New Order)』が受賞。ナチスと戦う古典的FPSシリーズ「Wolfenstein」を、最先端のグラフィックと現代のシューターファンも納得のゲームプレイで完全リブート。シングルプレイにこだわった、その手堅い作りが好印象だった。

■候補作品
・Destiny
・ドラゴンエイジ:インクイジション
・シャドウ オブ モルドール
・アサシン クリード ユニティ

■PlayStation Vita部門

Game of the Year 2014
フリーダムウォーズ
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント



PS Vita部門のGOTYにはシフト、ディンプス、SCEジャパンスタジオの協業による『フリーダムウォーズ』が選ばれました。PS Vitaが掲げる「共闘」コンセプトに基づいた作品で、「パノプティコン」と呼ばれる牢国都市で「懲役100万年」を科せられた人類が、自由を求めて戦うマルチプレイアクションです。マルチ展開も行われ、幅広い層から支持を集めました。「レッツ貢献」

■候補作品
・OlliOlli
・Child of Light
・ガンダムブレイカー2
・絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode

■PlayStation 3部門

Game of the Year 2014
GUILTY GEAR Xrd -SIGN-
株式会社アークシステムワークス



アークシステムワークスから長年高い支持を集めている格闘ゲーム最新作『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』がPS3部門のGOTYとなりました。本作ではUnreal Engine 3を採用し、初の3Dで描かれた世界を舞台に戦いが繰り広げられます。ストーリーモードも高い人気を集め、シリーズのファンのみならず、新規ユーザーからも支持を受けました。

■候補作品
・シャイニングレゾナンス
・ボーダーランズ プリシークエル
・ブラザーズ 2人の息子の物語
・DARK SOULS II

■Xbox One/Xbox 360部門

Game of the Year 2014
サンセットオーバードライブ
日本マイクロソフト株式会社



Xbox OneとXbox 360部門のGOTYに輝いたのは、インソムニアックゲームズとマイクロソフトスタジオがタッグを組んだ新作アクションゲーム『サンセットオーバードライブ』(Sunset Overdrive)。ノリノリの音楽で敵をぶった切っていく爽快アクションで、インサイドのレビューでも93点のスコアを記録。今回の投票でも他を寄せ付けませんでした。

■候補作品
・Titanfall
・ドラゴンエイジ:インクイジション
・ウルトラストリートファイターIV
・Call of Duty: Advanced Warfare

■PC部門

Game of the Year 2014
ドラゴンエイジ:インクイジション
エレクトロニック・アーツ株式会社



PC部門のGOTYに輝いたのはバイオウェアが手掛けるRPGシリーズ最新作『ドラゴンエイジ:インクイジション』。シリーズ初のオープンワールドで、世界は果てしなく壮大に。Frostbite3による圧倒的なビジュアルにも注目。自由度の高さと遊びの深さも折り紙つきです。そのクオリティの高さで世界の賞を総なめに。編集部でもハマってしまった人が続出です。

■候補作品
・Watch Dogs
・Valiant Hearts: The Great War
・Hearthstone: Heroes of Warcraft
・Call of Duty: Advanced Warfare

■スマートフォンゲーム部門

Game of the Year 2014
ファイナルファンタジー レコードキーパー
株式会社ディー・エヌ・エー/株式会社スクウェア・エニックス



ディー・エヌ・エーとスクウェア・エニックスがタッグを組んだ、記憶世界をテーマに、FFシリーズの歴史を追体験するRPG、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』がスマホゲーム部門のGOTYとなりました。過去の作品から、一緒に戦ったキャラクターが登場し、印象深い名シーンや戦いを楽しめるという夢の様な作品です。

■候補作品
・テラバトル
・消滅都市
・群馬県から来た少女
・World of Tanks: Blitz

■インディーゲーム部門

Game of the Year 2014
ケロブラスター
開発室Pixel



あの『洞窟物語』を制作した開発室Pixelによる新作横スクロールアクション『ケロブラスター』が今年のインディーゲーム部門のGOTYに輝きました。サラリーマンのカエルが、出張で訪れた未知の大地を冒険するという脱力系のストーリーとは裏腹に、奥の深い、本格派のアクションゲームとなっています。

参照記事
『ケロブラスター』をレビュー!『洞窟物語』のStudio Pixelが贈る最新作は、驚くほど質実剛健な2Dアクションだった
【Indie Japan Rising】生きてる限り、何かを作りたい。『洞窟物語』から『ケロブラスター』に至る天谷大輔氏インタビュー

■候補作品
・Goat Simulator
・Nidhogg
・Transistor
・Banished

■2015年最も期待する作品

ゼルダの伝説 最新作
任天堂株式会社



スプラトゥーン
任天堂株式会社



Star Wars: Battlefront
エレクトロニック・アーツ株式会社



最後に「2015年最も期待する作品」の部門です。こちらの部門では同数票を得た作品がありましたので、3作品を表彰させていただきます。Wii Uの『ゼルダの伝説 最新作』はオープンワールドとなった広大なハイラルを冒険できるという期待の作品です。同じく『スプラトゥーン』は完全新作ながら、任天堂らしいFPSの姿として注目を集めています。『Star Wars: Battlefront』はEAとルーカスアーツのパートナーシップの下、DICEによって制作が進められているスターウォーズの最新作。

さらにこちらの部門では候補作品を7作品紹介させていただきます。どれも今から遊ぶのが待ち遠しい作品ばかりですね。

■候補作品
・ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城
・METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN
・ゼノブレイドクロス
・Grand Theft Auto V
・Bloodborn
・The Witcher 3: Wild Hunt
・アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

記事提供元: インサイド
《インサイド》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top