初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介

秋葉原UDXで5月8日から3日間開催された東京インディーフェス2015。開発者によるパネルディスカッションやブースレポはすでにいくつか掲載してきました。最後に3日間、足を運んだ筆者から気になったタイトルをまとめてお届けします。

ゲーム文化 インディーゲーム
初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
  • 初開催ながらも盛況だった東京インディーフェス2015、気になるタイトル一挙紹介
秋葉原UDXで5月8日から3日間開催された東京インディーフェス2015。開発者によるパネルディスカッションやブースレポはすでにいくつか掲載してきました。最後に3日間、足を運んだ筆者から気になったタイトルをまとめてお届けします。

■『Thumper』 by DROOL



会場の中でもひときわ異彩を放っていたのは『Thumper』。インディーゲームの祭典IGFのオーディオ部門のファイナリストを獲得した本作は"RHYTHM VIOLENCE"という新しいジャンルで呼ばれています。その内容は動画からはわかりにくいですが、基本的に画面の指示に合わせてボタンを押したり、レバーを倒したりするリズムゲーム。スペーシーなアンビエント音楽に合わせて超高速のジェットコースターに乗るような感覚が味わえます。

開発を手がけるのはアメリカ人2人組のDROOL。両人ともHarmonixのゲームに携わった経験があり、本作における音楽と映像の同期に十分に生かされています。メタリックなカブトムシやドクロのようなボスといったビジュアルもかなり個性的で唯一無比の世界観。発売日やプラットフォームは未定ですが、『Rez』のような音楽を題材にした実験的なゲームが好きな方はぜひともチェックしてみてください。



■『Hacker's Beat』 by TEAM TANDS+



続いて同じく音楽を題材にしたゲーム『Hacker's Beat』。名前のとおり、ハッカー気分でキーボードを叩いていくリズムゲームです。叩くキーの位置は画面で示されますが、特定のキーである必要はありません。リズムさえ合っていれば、ある程度はアバウトにタイピングできるのが本作の特徴。とはいえ、慣れないキーボードでプレイすると思いのほか、難しかったです。

ゲームのアイデアもさることながら、サイバーパンク風のUIがよく出来ていました。昨年の冬のコミックマーケットで完成しており、現在は同人ショップでの委託販売のみ。今後はダウンロード販売を検討しているそうです。



■『PICO PARK』 by tecopark



本作は10人協力型のアクションパズルです。内容は非常にシンプル。それぞれのプレイヤーが10人のキャラクターを操作して鍵を入手、扉から脱出します。鍵は高台や壁の向こうに配置され、うまく協力しないと入手できません。声を出してタイミングをあわせないとうまくいかないだけに、すぐにプレイヤー同士が打ち解けられるのがこのゲームの素晴らしいところだと感じました。

会場には10台のファミコン型コントローラーが並べられ、来場者がその場でチームを結成。レベルをクリアするごとに歓声あがっていました。年内にPCでの販売を予定。10台のコントローラーを集めるのは至難の技であるため、スマートフォンを利用した操作が実装される予定です。



■『雪晶石 -Malice Eater-』 by Project Noise



雪晶石 -Malice Eater-』はアイヌをモチーフにした弾幕シューティング。2種類のゲージを利用した「結界」というシステムが特徴。結界中は一回までの被弾が無効、さらに敵弾にカスることで残機とボムを貯めることができます。頻繁に結界とボムを回転させることで、弾幕系でありながら攻撃的なプレイが可能なのが魅力です。

エスプガルーダ』といった商業シューティングから『RefRain』といった同人シューティングまで様々なゲームの影響がかいま見える本作。システムは少々複雑ですが、非常に練りこまれたアイデアを感じました。今年の夏のコミックマーケットで完成予定。その後は同人ショップなどでの委託販売を予定しています。

《Shin Imai》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. サイケデリック・ホラー新作『Layers of Fear 2』の発売日が決定!

    サイケデリック・ホラー新作『Layers of Fear 2』の発売日が決定!

  2. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  3. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  4. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  5. 「BlizzCon 2019」開催決定!2019年11月1日より、チケット予約は5月に【UPDATE】

  6. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  7. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  8. 理想のゲーセン経営シム『Arcade Tycoon』3日でKickstarter達成!ストレッチゴールへ移行

  9. 『Apex Legends』サプライボックスを殴り続けると遥か彼方へぶっ飛ぶグリッチが発見される

  10. 『Apex Legends』に登場する「レイスのクナイ」自作映像ー3Dプリンターも駆使

アクセスランキングをもっと見る

1
page top