【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート

米シアトルで開催中のPAX Prime 2015。IT企業が集まる米西海岸のイベントだけあって、他の米国内のゲームイベントでは見られないほどPCゲーム関連のメーカーが多く出展していました。

ゲーム機 ハードウェア
【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
  • 【PAX Prime 2015】最新GPUやSteam Machineなど多くのPCゲーム向けデバイスが展示された企業ブースをレポート
米シアトルで開催中のPAX Prime 2015。IT企業が集まる米西海岸のイベントだけあって、他の米国内のゲームイベントでは見られないほどPCゲーム関連のメーカーが多く出展していました。

最新のPCゲーミングデバイスやSteam Machine、クラウドゲーミングサービスといった様々な商品やサービスをアピールしていた企業のブースのレポートをお届けします。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

半導体メーカーのIntelのブースでは、自社の「Intel HD Graphics」でのゲーミング体験が可能なタブレットPCや、最新世代のCore i7を搭載したゲーミングPCなど展示していました。また、Intel製CPUを積んだSteam Machineも展示するなど、PCゲーミングにおけるIntelの重要性をアピールする内容となっていました。







◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

最近では自社製ゲーム機もリリースしているGPUメーカーNvidiaブースでは、ハイエンドGPU「GTX980Ti」を用いた4K/60fpsのゲーム体験を前面に押し出した構成になっていました。また、ハイスペックゲーミングノートPCや同社が提供するストリーミングゲームサービス「Grid」、自社製据え置きゲーム機「Shield」、Oculus Riftを用いたVRといった幅広いゲーム体験が披露されていました。







◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ゲーミングPCメーカーのAlianwareは、ゲーミングPCの他に自社製Steam Machineに広くスペースを割いていました。来場者は、実際にAlianware製Steam Machineでゲームがプレイでき、未発売のSteamコントローラーに触れることができる貴重な機会ともなっていました。また、どこでもゲームがプレイできるカスタムトラックも展示。







◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

日本では「Logicool」ブランドとして展開しているスイスのPCゲーム周辺機器メーカーLogitechのブース。特製筐体に据え付けられた同社のレーシングコントローラーや、世界中で支持されているゲーミングマウスやキーボードが体験できるようになっていました。






◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

シンガポールに本社を置くゲーム周辺機器メーカーRAZERは、コンシューマーやPCゲーム向けの周辺機のほかに、新たに参入したウェアラブルデバイス「RAZER NABU」をプッシュしていました。「RAZER NABU X」というバリエーションも用意されており健康管理やエクササイズに役立つウェアラブルデバイスとなっています。残念ながら、ゲームに関連した機能は一切搭載していないとのこと。





◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ゲーミングPCや周辺機器もリリースする台湾のPCメーカーMSIのブースは、PC本体やマザーボードといった自社製品の展示にとどまらず、e-Sports大会の会場にもなっていました。







◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

PCゲーム関連企業の勢いが非常に強かったPAX Prime 2015。コンシューマーやモバイルだけでなく、PCゲーム産業の存在感を強く感じさせてくれました。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VR MOBA『Cradle of Sins VR』クラウドファンディング開始―VR専用の戦術的マルチプレイ対戦ゲーム

    VR MOBA『Cradle of Sins VR』クラウドファンディング開始―VR専用の戦術的マルチプレイ対戦ゲーム

  2. ジョン・カーマック「VRの進歩に満足していない」―自身のVR生涯功労賞受賞について

    ジョン・カーマック「VRの進歩に満足していない」―自身のVR生涯功労賞受賞について

  3. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

    『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  4. Oculus、モバイルVR「Gear VR」SDKサポートを打ち切り―オールインワン機およびPC向けに注力

  5. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  6. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  7. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  8. 「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2」国内販売開始!

  9. AMD製GPUの市場シェアが5年ぶりにNVIDIA製GPUを上回る―海外報道

  10. 細かなカスタマイズが可能なコントローラー「SN30 Pro+」発表ースティック・トリガー感度変更やマクロ機能を搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top