PC版『Rainbow Six Siege』の動作環境発表―推奨環境は低く抑えたものに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『Rainbow Six Siege』の動作環境発表―推奨環境は低く抑えたものに

ニュース 発表

PC版『Rainbow Six Siege』の動作環境発表―推奨環境は低く抑えたものに
  • PC版『Rainbow Six Siege』の動作環境発表―推奨環境は低く抑えたものに
Ubisoftは、タクティカルシューター最新作『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』PC版の動作環境を発表しました。細かな環境は以下の通りです。

    ■最小動作環境

    対応OS: Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 (64bit版必須)
    CPU: Intel Core i3 560 @ 3.3 GHz又はAMD Phenom II X4 945 @ 3.0 GHz
    メモリ: 6GB
    グラフィックカード: NVIDIA GeForce GTX 460又はAMD Radeon HD 5870
    DVD ROMドライブ: DVD-ROM 2層式対応
    サウンド: DirectX 9.0c互換のサウンドカードにおける最新ドライバ
    ストレージ容量: 30GB
    マルチプレイヤー: ブロードバンド接続において256kbps以上の上り回線

    ■推奨動作環境

    対応OS: Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 (64bit版必須)
    CPU: Intel Core i5-2500K @ 3.3 GHz以上、又はAMD FX-8120 @ 3.1 Ghz以上
    メモリ: 8GB
    グラフィックカード: NVIDIA GeForce GTX 670 (又はGTX 760 / GTX 960) 又はAMD Radeon HD 7970 (又は R9 280x [2GB VRAM] / R9 380 / Fury X)
    DVD ROMドライブ: DVD-ROM 2層式対応
    サウンド: DirectX 9.0c互換のサウンドカードにおける最新ドライバ
    ストレージ容量: 47GB
    マルチプレイヤー: ブロードバンド接続において512kbps以上の上り回線

    ●リリース時にサポートしているグラフィックカード

    NVIDIA GeForce
    GTX 460以上
    GTX 560以上
    GTX 650以上
    GTX 750以上
    GTX 900とTitanシリーズから任意のカード

    AMD Radeon
    HD5870以上
    HD6870以上
    HD7770以上
    R7 260X以上
    R-300シリーズとFury Xから任意のカード
シリーズとして約7年ぶりの新作となる本作ですが、最小動作環境においてはCore i3のCPUとGTX 460での動作をサポートしていることから、性能の低いPCでも動作するように抑えられています。

推奨動作環境でもCPUやグラフィックカードは最新で高性能なものを要求していないので、リッチなグラフィックを持つ他のタイトルより手を出しやすいかもしれません。なお、リリース時にサポートしているグラフィックカードのノートPCモデルが動作する可能性があるとのことですが、正式にサポートはしていないようです。

本作のPC版は海外で12月1日に発売予定、国内でAmazon PCダウンロードの発売日は正式に発表されていませんが、公式サイトによると12月10日に設定されています。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

    噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  2. 噂:アクションRPG『Fable』復活か…マイクロソフトはノーコメント

    噂:アクションRPG『Fable』復活か…マイクロソフトはノーコメント

  3. 映画「エイリアン」新作シューターゲームが制作中―開発にCold Iron Studiosを買収

    映画「エイリアン」新作シューターゲームが制作中―開発にCold Iron Studiosを買収

  4. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  5. EVGAとも提携!『PC Building Simulator』最新トレイラー

  6. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  7. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  8. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  9. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  10. ユービーアイがサーバーメンテナンス実施ー1月22日14時から8時間程度

アクセスランキングをもっと見る

page top