【GDC 2016】Unreal Engine採用タイトル一挙紹介映像!『エスコン7』や『FF7 Remake』の日本製作品も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GDC 2016】Unreal Engine採用タイトル一挙紹介映像!『エスコン7』や『FF7 Remake』の日本製作品も

Epic Gamesは、GDC 2016にてUnreal Engineを採用したタイトルを一挙紹介するシージリール映像を公開しました。

家庭用ゲーム PS4
【GDC 2016】Unreal Engine採用タイトル一挙紹介映像!『エスコン7』や『FF7 Remake』の日本製作品も
  • 【GDC 2016】Unreal Engine採用タイトル一挙紹介映像!『エスコン7』や『FF7 Remake』の日本製作品も

Epic Gamesは、GDC 2016にてUnreal Engineを採用した2016年のタイトルを一挙紹介するシージリール映像を公開しました。

2016年のリールで取り上げられたタイトルは50作品以上で、BNEの『エースコンバット7』や『鉄拳7』、カプコンの『ストリートファイターV』、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY VII REMAKE』と『KINGDOM HEARTS III』、そしてcomceptの『Mighty No.9』の日本製タイトルも登場しています。なお2015年にも同様のシージリール映像が公開されておりNinja Theoryの『DmC: Definitive Edition』やアクセスゲームズの『D4: Dark Dreams Don't Die』などが映されていました。

今回の映像で取り上げられたタイトルは以下の通りです。

    ■2016年リールで取り上げられた作品一覧
    『Paragon』―Epic Games
    『Rocket League』―Psyonix
    『エースコンバット7』―バンダイナムコエンターテインメント
    『Blade 2』―Actionsquare
    『Chronos』―Gunfire Games
    『Assassin's Creed Chronicles』―Ubisoft
    『Ashen』―Aurora44
    『Black Shield』―Sinceme
    『Bullet Train』―Epic Games
    『EVE: Gunjack』―CCP Games
    『Mighty No.9』―comcept
    『Mars』―Yingpei Games
    『ストリートファイターV』―Capcom
    『Protostar』―Epic Games
    『Into The Stars』―Fugitive Games
    『鉄拳7』―バンダイナムコエンターテインメント
    『The Vanishing of Ethan Carter』―The Astronauts
    『Henry』―Oculus Story Studio
    『Kingdom Hearts III』―スクウェア・エニックス
    『Hit』―Nat Games
    『Relics of Gods 2』―Seasun Games
    『Battlefleet Gothic: Armada』―Tindalos
    『Gears of War 4』―The Coalition
    『Great War Mechs』―Stonesolid
    『FINAL FANTASY VII REMAKE』―スクウェア・エニックス
    『Over Lord』―KOKOMO
    『Crazy Killer』―Ino-co Plus
    『Obduction』―Cyan
    『Unearthing Mars』―Winking Entertainment
    『The Flame in the Flood』―The Molasses Flood
    『Vineyard Challenge』―Rostislav Nikolaev、Victor Vazquez
    『Photogrammetry』―Rense de Boer
    『Visualization』―Koola
    『Solitairica』―Righteous Hammer Games
    『TOYOTA SHOWROOM 360』―Rotor Studios
    『GRIP』―Caged Element
    『Battalion 1944』―Bulkhead Interactive
    『Heroes Genesis』―Studio G9
    『Lawbreakers』―Boss Key Productions
    『EVE: Valkyrie』―CCP Games
    『Bless』―Neowiz
    『Ark: Survival Evolved』―Studio Wildcard
    『The Machines』―Directive Games
    『Stories: The Path of Destinies』―Spearhead Games
    『We Happy Few』―Compulsion Games
    『Blade of Three Kingdoms』―Action Square
    『Shadow Complex Remastered』―Chair Entertainment
    『World War Toons』―Reloaded Studios
    『Astroneer』―System Era
    『ADR1FT』―Three One Zero
    『Unreal Tournament』―Epic Games
    『Mortal Kombat XL』―NetherRealm Studios
    『Hellblade』―Ninja Theory
    『Fortnite』―Epic Games
《G.Suzuki》

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. マテリアのAP、損してない?『FF7 リバース』プレイで見落としたくない、ちょっと嬉しい小ネタ集【グラスランド編】

    マテリアのAP、損してない?『FF7 リバース』プレイで見落としたくない、ちょっと嬉しい小ネタ集【グラスランド編】

  2. 『バルダーズ・ゲート3』海外Xboxパッケージ版はディスク4枚組仕様に。容量500MBオーバーで3枚に収まらず

    『バルダーズ・ゲート3』海外Xboxパッケージ版はディスク4枚組仕様に。容量500MBオーバーで3枚に収まらず

  3. 発売7周年を迎えたニンテンドースイッチ、海外ゲーマーたちにとっての「失策」とは―国内とは大きく異なる反応も

    発売7周年を迎えたニンテンドースイッチ、海外ゲーマーたちにとっての「失策」とは―国内とは大きく異なる反応も

  4. ソニーから『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』PS5版の返金を受けたと主張する海外ユーザーが現れる

  5. 『FF7 リバース』を遊ぶ前に“お得”を見逃すな! 特典アイテムのゲットなど、今からでも間に合う準備アレコレ─2月28日までのお得なDL版販売も

  6. 人気のポーカーローグライク『Balatro』スイッチ版が日本でも販売停止…『アソビ大全』や『ドラクエ』にもポーカーはあるのに…

  7. 『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

  8. PS3向けシステムソフトウェアアップデート「4.91」が配信―動作の安定性改善を目的とした1年ぶりの更新

  9. 『FF7 リバース』ティファの“ちょっと背伸びパンツ”、令和では許されなかった…「時代は変わったぜ、クラウド」

  10. パンツを履かせるために世界を揺らす!?怠惰な箱庭をシェイクする物理パズル『UNABLES』海外コンソール版発売日発表

アクセスランキングをもっと見る

page top