【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選 2ページ目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選

歴史に埋もれたカルトなB級FPSの中から1990年代後半~2000年台前半の物を中心に、当時を振り返りながらご紹介していきます。

連載・特集 特集
【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選
  • 【総力特集】『歴史に埋もれたカルトなB級FPS』10選

『Blood: One Unit Whole Blood』
開発元:Monolith Productions 発売元:GT Interactive Software
プラットフォーム:PC 発売日:1997年5月31日


―I live... Again ! いまいち有名になれない不遇の名作
本作『Blood』は後に様々な名作FPSを手がけることとなるMonolith Productionsのデビュー作です。カルト教団に属する主人公は、ある日教団に裏切られ殺害されてしまうものの、「I live... Again !」のセリフとともに墓から復活、復讐を開始するというストーリーになっています。前述のセリフを含めて、有名なホラー映画のオマージュが多く、詳しい人にはニヤリとさせられる場面も多く用意されています。本作の魅力は各所に散りばめられた血みどろの残虐描写にユニークな武器。武器に至っては「ブードゥー人形」で敵を呪い殺すといった、シューティングというものの意味について考えてしまうような武器まで。それだけではなくレベルデザインも当時のFPSとしてはハイレベルでした。しかしながら、その評価に反していまいちメジャーには成りきれず埋もれてしまうことに。1年後、続編も出たのですがこちらも同様の結果に……。その後はパブリッシャーとの権利関係の都合や、開発のMonolith Productionsが他の人気シリーズを展開することとなり、続編なども望めない状態となってしまいました……。近年、同時期の他の有名FPS『Shadow Warrior』が奇跡の復活を遂げたりしているだけに口惜しいものです……。
本作は現在、GoG.comおよびSteamより購入が可能です。







《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top