18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

2017年1月18日に掲示板Redditにて行われたValve社CEO、ゲイブ・ニューウェル氏の「AMA(Ask Me Anything)」セッション。本セッション上にて、ゲーム配信プラットフォーム“Steam”への18禁アダルトゲームの登録の可能性についての返答が行われています。

ニュース ゲーム業界
18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答
  • 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答
2017年1月18日に掲示板Redditにて行われたValve社CEO、ゲイブ・ニューウェル氏の「AMA(Ask Me Anything)」セッション。本セッション上にて、ゲーム配信プラットフォーム“Steam”への18禁アダルトゲームの登録の可能性についての返答が行われています

この返答は、ユーザーによる下記のような内容に対するもの。
    ポルノ的な内容を含むゲームのSteamへの販売を許可することを考えたことがありますか? また、Steamのコンテンツの(アダルト)表現の基準は何処で線引きされていますか?

    現在、ポルノコンテンツを含むといえる内容の『Gahkthun of the Golden Lightning(黄雷のガクトゥーン)』(筆注:同作はSteam Editionというタイトルになっているものの、表現内容は日本で販売されているものと同一)や『Ladykiller in a Bind』といったゲームが既にSteamにあります。その為、どのようなゲームがSteamで販売可能なのかの線引きは少し曖昧です。どういったコンテンツがSteamで販売できるのかについて説明して頂けると助かります。

    さらに、私はSteamでポルノ的な内容を含むゲームが出る際に、それがSteam向けに規制されていて、オリジナルの内容に戻すためのパッチがないことにうんざりしています。これは日本のビジュアルノベルで顕著ですが、それらはオリジナルの内容のまま英語で遊ぶことができません。

    Steamは現段階ではPCゲームと同意義です。欧米ではリリースされないであろうPCタイトルや、PC版自体リリースされないものも、Steamが欧米においてメジャーなプラットフォームであるため、リリースされます。Steam向けでない多くのゲームは、欧米ではリリースされない可能性があります。また、Steamがポルノ的なコンテンツを制限している限り、消費者が開発者によって元々意図された内容を体験することを防ぎ、ゲームの芸術的完全性を傷つけています。

これに対し、ゲイブ氏の返答は、直接的なこの意見に対する肯定も否定も無いながらも興味深いものでした。
    解決すべき2つの問題があります。開発者にとって、(Steamが)精選されていない流通ツールである点がひとつ。 もう1つは、顧客に最適なコンテンツ(及び、主にマルチプレイヤーにおけるプレイヤー)を見つけてフィルタリングできるツールセットが必要である点です。

この後に、本件に関連したゲイブ氏の発言はないため、その真意は明らかではありませんが、『Ladykiller in a Bind』のデベロッパーは先日、「ValveがSteamにおいてコンテンツへの特定の性的基準を持っていない」と発言しており、特定の線引きを話すのは難しい部分は大きいのではないかと推測されます。またゲイブ氏の回答から、顧客への最適なコンテンツのフィルタリング機能は、Steamにおいて今後注力されていくであろう部分。それらを経て、いつの日か18禁アダルトゲームもSteamに登場するかも知れません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 27 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  2. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

    『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  3. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  4. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  7. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  8. 残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』女暗殺者「ジェイド」参戦決定―凄惨なフェイタリティも

  9. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  10. SFパズルアドベンチャー『Afterlight』がPC向けに発表!4月からKickstarterを予定

アクセスランキングをもっと見る

page top