オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る

2013年12月からSteamにて早期アクセスを実施しているオープンワールドサバイバル『Rust』ですが、本作のクリエイターGarry Newman氏は「早期アクセスの呪い」と題したブログ記事を公開。早期アクセスに対する自身の考えを述べました。

ニュース ゲーム業界
オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る
  • オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る

2013年12月からSteamにて早期アクセスを実施しているオープンワールドサバイバル『Rust』ですが、本作のクリエイターGarry Newman氏は「早期アクセスの呪い」と題したブログ記事を公開。早期アクセスに対する自身の考えを述べました。

早期アクセス開始から約3年。150週にわたり週間アップデートを続け、そしてそれが世界中の何万人もの人々の習慣となっている『Rust』。今もなお早期アクセスであることを指摘するファンからの苦情に、Garry Newman氏は早期アクセスであることを忘れかけていたと認めつつも考え方は人それぞれであるとし、「早期アクセスを終了するとゲームが何か変わるのか?」と疑問を投げかけています。

また、しばらくの間『Rust』はフィーチャー・クリープ(要望による機能追加の繰り返しで複雑化してしまうこと)サイクルにあったと伝え、“早期アクセス終了前に何をする必要がある?”と自身に尋ね、その野心のリストが大きくなるほど、早期アクセスの終了に関して考えるようになったとのこと。

Garry Newman氏は「昔の開発者には最終期限があり、テープやディスクにゲームを収め世界に出荷しなければならなかったためフィーチャー・クリープには限りがあったが、私たちにはそれがない」とし、早期アクセスの終了はゲームの開発完了を意味するものではないと自身の考えを述べています。


最後に“早期アクセスが存在しなかったら、このゲームをリリースしていたか”という問に対して、Garry Newman氏は「間違いなくリリースしていた」と答え、今頃にはSteamで配信され、更新を続けていただろうと語っています。現在の計画では初心者がインターネット上のガイドを見ずにインベントリメニューを開くことができるようゲームにもう少しヘルプを加え、静かに早期アクセスを終了(その後も更新は継続)するとのことです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 実写映画版『ソニック』全身姿デザインがブランディング会社のサイトに一時掲載

    実写映画版『ソニック』全身姿デザインがブランディング会社のサイトに一時掲載

  2. 蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

    蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

  3. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  4. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  5. ボールぶつけ対戦ACT『リーサルリーグ ブレイズ』国内PS4/スイッチ向けに発売決定!DL版は7月、特典付きパッケージ版は9月に

  6. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  7. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  8. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top