なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】

ニュース ゲーム業界

なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】
  • なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】
日本製のビデオゲームがSteamなどの海外PCゲーム配信サイトで販売される際、本来そのゲームに搭載されていた日本語字幕・日本語音声が抜かれている場合があります。一部のゲームユーザーは、この事象を「おま語」と皮肉を込めて呼んでいます。

CD PROJEKT RED ジャパン・カントリー・マネージャーの本間覚氏は、「なぜおま語が起きるのか?」を自身のTwitterで語りました。


それによると、ビデオゲームをリリースする際、一番コストがかかるのは音声の権利料であり、全言語のローカライズコストと比較しても、日本語音声は群を抜いて高額であるとのこと。そのため、日本語音声の搭載はパブリッシャーの説得が大変だそうです。

また同氏は、Twitterユーザーとのやり取りを通じて、日本語音声あり・日本語字幕無しの日本製ゲームについて言及。日本国内で発売される海外のビデオゲームに対して、「英語音声への切り替えを実装してほしい」とのファンからの声があがっているように、海外でも同じ需要があるため日本語音声のみが搭載されていると分析しています。更に、氏は「日本語フォントの使用料」にも触れ、アルファベットと比較した文字総数の多さから、その料金が高額になることについて「全くもって正当な対価」であるとの見解を述べました。

近年では、『ベヨネッタ』をはじめとした日本製のゲームが、日本語字幕・日本語音声搭載の状態でリリースされる事が多くなりました。今後、その流れに乗っておま語はなくなっていくのでしょうか?国内メーカーの動向に注目したいところです。

UPDATE(2017/06/29 12:39): 本文中に「日本語フォントの使用料」に関する本間氏の見解を追記しました。
《真ゲマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 176 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スタイリッシュなローグライクFPS『Polygod』8月17日にXB1/スイッチで海外発売予定

    スタイリッシュなローグライクFPS『Polygod』8月17日にXB1/スイッチで海外発売予定

  2. サメを回避して最後まで生き残る深海バトルロイヤル『King Tide』発表!『Depth』開発元新作

    サメを回避して最後まで生き残る深海バトルロイヤル『King Tide』発表!『Depth』開発元新作

  3. カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

    カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

  4. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』YEAR2大型アップデート第2弾が配信―新PvE「ゴーストモード」登場

  5. 『Call of Duty: Black Ops 4』豪華特典付き「Mystery Box Edition」が海外発表!

  6. 「第9地区」ニール・ブロムカンプ監督が「メカゲーム」制作を希望?SNS上でデベロッパーに公開質問

  7. 『Marvel’s Spider-Man』同梱の鮮やかなスパイディカラーが映えるPS4 Proバンドルが数量限定で国内発売決定

  8. 『The Division 2』これまでに実施されたユービーアイ作品のβ版で最多登録者数を記録

  9. 『フォートナイト』のフィギュアなど公式グッズがFunkoより発売決定!

  10. サイバーパンクサイコホラー『Observer』日本語PS4版8月16日配信決定―狂気にアクセスせよ

アクセスランキングをもっと見る

page top