なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】

CD PROJEKT RED ジャパン・カントリー・マネージャーの本間覚氏は、「なぜおま語が起きるのか?」を自身のTwitterで語りました。

ニュース ゲーム業界
なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】
  • なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】
日本製のビデオゲームがSteamなどの海外PCゲーム配信サイトで販売される際、本来そのゲームに搭載されていた日本語字幕・日本語音声が抜かれている場合があります。一部のゲームユーザーは、この事象を「おま語」と皮肉を込めて呼んでいます。

CD PROJEKT RED ジャパン・カントリー・マネージャーの本間覚氏は、「なぜおま語が起きるのか?」を自身のTwitterで語りました。


それによると、ビデオゲームをリリースする際、一番コストがかかるのは音声の権利料であり、全言語のローカライズコストと比較しても、日本語音声は群を抜いて高額であるとのこと。そのため、日本語音声の搭載はパブリッシャーの説得が大変だそうです。

また同氏は、Twitterユーザーとのやり取りを通じて、日本語音声あり・日本語字幕無しの日本製ゲームについて言及。日本国内で発売される海外のビデオゲームに対して、「英語音声への切り替えを実装してほしい」とのファンからの声があがっているように、海外でも同じ需要があるため日本語音声のみが搭載されていると分析しています。更に、氏は「日本語フォントの使用料」にも触れ、アルファベットと比較した文字総数の多さから、その料金が高額になることについて「全くもって正当な対価」であるとの見解を述べました。

近年では、『ベヨネッタ』をはじめとした日本製のゲームが、日本語字幕・日本語音声搭載の状態でリリースされる事が多くなりました。今後、その流れに乗っておま語はなくなっていくのでしょうか?国内メーカーの動向に注目したいところです。

UPDATE(2017/06/29 12:39): 本文中に「日本語フォントの使用料」に関する本間氏の見解を追記しました。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

    DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

  2. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』流子&皐月の紹介映像―キャラ特徴や必殺技演出も

    『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』流子&皐月の紹介映像―キャラ特徴や必殺技演出も

  3. 『Fallout 76』バトロワ「Nuclear Winter」が好評につき延長決定―アップデートが追加予定

    『Fallout 76』バトロワ「Nuclear Winter」が好評につき延長決定―アップデートが追加予定

  4. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  5. 『テイルズ オブ アライズ』主人公&ヒロインのキャスト発表!「テイフェス 2019」1日目レポート

  6. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  7. ニューヨークへと舞い戻る『ディビジョン2』イヤー1エピソード3初ティーザー!実写映画はNetflix配信に【E3 2019】

  8. DONTNODの新作ADV『Twin Mirror』、PC版はEpic Gamesストア時限独占で販売へ

  9. Ubisoftがあの渦巻きロゴのデザインを変更―これまでのロゴの変遷も紹介

  10. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

アクセスランキングをもっと見る

page top