商業バトロワシューター元祖『H1Z1: King of the Kill』開発の海外インタビュー―「どのような比較も無視するように心がけている」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

商業バトロワシューター元祖『H1Z1: King of the Kill』開発の海外インタビュー―「どのような比較も無視するように心がけている」

PC Windows

商業バトロワシューター元祖『H1Z1: King of the Kill』開発の海外インタビュー―「どのような比較も無視するように心がけている」
  • 商業バトロワシューター元祖『H1Z1: King of the Kill』開発の海外インタビュー―「どのような比較も無視するように心がけている」
人気のバトルロワイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のディレクターである、PLAYERUNKNOWN氏が過去に関わった、同コンセプトの作品『H1Z1: King of the Kill』。同作の開発Daybreak Gameが海外メディアPC Gamerのインタビューに答えています。

「私達のアプローチは我々のゲームをより良くすることに注力されている」と語る同作ゼネラルマネージャーのAnthony Castoro氏は、最近同作へと行われた変更について、「『PUBG』の影響で行っていると思っているユーザーも居ると思います。現実にはたくさんあって、かなり一般的なシューターとのコンベンションでベストな経験を用いて我々のゲームを改善していた時、そのうちの幾つかは他のゲームと似ています」と『PUBG』から同作への影響を否定。

Castoro氏は、Daybreak Gameが特別でユニークなゲームを作り出すことに本当に焦点を当てていること及び、どのような比較も無視するように心がけ、ユーザーがゲームを素晴らしくする経験が何であるか、どうすればそれを倍増させられるのかに注目していると、あくまで独自の路線を行く旨をコメントしました。

また、Castoro氏は、バトルロワイヤルシュータージャンルについて、「本当に魅力的だから、あまり見かけないことにやや驚いている」と、同ジャンルが『PUBG』と同作で、Steamのピーク人数TOP4の内、2つを占めていることを指摘。「私達は、大きな商業リスクを抱えながらも、それを明確に表現し発明した初めてのゲームであることに、ささやかなプライドを持っています」と語りました。

『H1Z1: King of the Kill』はSteamにて1,980円で配信中です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

    オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  2. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

    復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  3. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

    オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  4. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  5. 『ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム』ボーナスエピソード“Farewell”海外配信日決定!

  6. 原点に帰る新作WW2FPS『Battalion 1944』の早期アクセス開始日が決定!

  7. あの名作RTSが現代に蘇る!『Age of Empires: Definitive Edition』発売日決定

  8. GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

  9. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  10. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

アクセスランキングをもっと見る

page top