【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

2017年9月21日より開催中の東京ゲームショウ2017。フライハイワークスブースでは、Image & Formが手がける採掘アクション『スチームワールド ディグ 2(SteamWorld Dig 2)』のニンテンドースイッチ向け日本語版が告知されており、プレイアブルで展示されていました。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中
  • 【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中
2017年9月21日より開催中の東京ゲームショウ2017。フライハイワークスブースでは、Image & Formが手がける採掘アクション『スチームワールド ディグ』の続編『スチームワールド ディグ 2(SteamWorld Dig 2)』のニンテンドースイッチ向け日本語版が告知されており、プレイアブルで展示されていました。

同作はスチームパンクとウェスタンが融合した独特の世界観を舞台に、採掘スチームロボットを操り、冒険を繰り広げるメトロヴァニアタイプの横スクロールアクション。本作では前作に登場した「ドロシー」を操り、行方不明になった前作主人公「ラスティ」を探す物語が展開します。なお、『スチームワールド ディグ 2』日本語版はニンテンドースイッチのみでの展開となっており、Steam英語版への日本語追加や、他のプラットフォームについては未定となっています。

また、同シリーズの番外編の、跳弾を駆使して戦う戦術級ターンベースストラテジー『SteamWorld Heist』についても日本語化が進行していることが発表されていました。

『スチームワールド ディグ 2』Steam英語版は1,980円にてWindows向けに発売中。『スチームワールド ディグ 2』日本語版はニンテンドースイッチ向けに10月配信開始予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

    PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

  2. ミステリーADV『Tokyo Dark -Remembrance-』スイッチ向けに11月7日配信

    ミステリーADV『Tokyo Dark -Remembrance-』スイッチ向けに11月7日配信

  3. 『サイバーパンク2077』公式写真コンテストが開催!テーマは「身近に潜むサイバーパンク」

    『サイバーパンク2077』公式写真コンテストが開催!テーマは「身近に潜むサイバーパンク」

  4. 『あつまれ どうぶつの森』の世界観を満喫!「たぬき開発」による無人島移住パッケージ説明会に参加してきた【Nintendo Live 2019】

  5. 『ソウルキャリバーVI』シーズン2新映像公開!無料アップデートで既存キャラにも新技追加

  6. 『ライフ イズ ストレンジ 2』海外パッケージ版の製品情報が発表、公式ストア限定で欧米向けにリリース

  7. 『オーバーウォッチ』スイッチ版開始はまもなく!日本は10月16日午前3時より

  8. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  9. 海外メディアがスイッチ版『オーバーウォッチ』のゲームプレイ映像を公開! パッケージ版発売日も決定

  10. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

アクセスランキングをもっと見る

page top