【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ

2017年9月24日まで開催されていた東京ゲームショウ2017。インターグローブースでは、2017年11月30日にPS4日本語版発売予定のハードコアSFアクション『ザ サージ(The Surge)』の試遊を行うことができました。

家庭用ゲーム PS4
【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ
  • 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ

2017年9月24日まで開催されていた東京ゲームショウ2017。インターグローブースでは、2017年11月30日にPS4日本語版発売予定のハードコアSFアクション『ザ サージ(The Surge)』の試遊を行うことができました。


本作は、外骨格技術が発展した未来を舞台に、主人公“ウォーレン”が、自身への強化外骨格手術中に起きたアクシデントの詳細や、多くの謎に迫っていくアクションRPG。試遊を開始すると、まずは物語の中核となる世界的大企業“CREO”社のCMから始まるオープニングが始まります。目的地へと向かう電車の中で、一通りのプロパガンダ映像を見せられた後は、駅で強化外骨格の手術を受けることに。



この時点ではウォーレンは足に障害を抱えており、車椅子で目的地へと向かうこととなります。目的地は2箇所あり、そのいずれかに入ったかによって、外骨格の能力傾向が異なる模様です。目的地では説明と、確認が表示されるため安心して選びましょう。装着する外骨格を選ぶと手術のムービーへ。



この場面はオープニングからの最序盤の見せ場とも言える部分で、その壮絶な光景のため、本記事では多くの画像や詳細は明かせないものの、本作の世界観を非常によく理解できるでしょう。



手術が終わると、謎の施設へと視点が移動。何故かそこで目覚めることになったウォーレンは、管理ロボットに襲われながらも、治療用のメッドベイ(メディカルベイ)を目指して進んでいくこととなります。



メッドベイに到着すると、今度は外骨格修理用のパワーコアが必要と言われ、取得するために更に施設の奥へ。この辺りから人間タイプの敵が襲ってくるようになり、本作の特徴である部位攻撃などを体感できます。


パワーコアを入手した後はメッドベイへ戻ることで、開かなかった扉などを開くことが可能となり、本格的にゲームが始まることとなります。この先からは敵が複数で襲ってくるケースも増え、一撃のダメージも高くなり、『ダークソウル』シリーズライクなハードコアさを本格的に感じられます。


筆者も幾度か倒されながらもゲームを進めていましたが、残念ながら時間が来てしまったので取材終了となりました。


なお、気になる表現の度合いですが、お話を伺った所、かなりギリギリだったとのことでしたが、なんと「一切規制なし」であるとのこと。実際に筆者も試遊中に、敵の手足をフィニッシュブローで派手に切断可能であったことを確認しています。


PS4日本語版『ザ サージ』は2017年11月30日発売予定。価格はパッケージ版が7,980円(税抜)、ダウンロード版が7,980円(税込)です。


他にもインターグローブースでは、『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』などの多くのタイトルがプレイアブルで展示されていました。



なお、『シャンティ』については、WayForwardのMatt Bozonさん夫妻にインタビューを実施しており、別記事にて掲載予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハン:アイスボーン』新登場モンスター達の“尻尾”に大注目!細部まで作り込まれた切断面をじっくり観察してみないか【特集】

    『モンハン:アイスボーン』新登場モンスター達の“尻尾”に大注目!細部まで作り込まれた切断面をじっくり観察してみないか【特集】

  2. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  3. 【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

    【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

  4. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

  5. 様々な進化を遂げた『ドラクエXI S』本日9月27日発売!シリーズ原点「ロト伝説三部作」もスイッチにて配信開始

  6. 「PS Now」が半額以下に価格改定…1カ月利用は1,180円!さらに『ゴッド・オブ・ウォー』や『GTA V』など追加

  7. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  8. 『幻影異聞録#FE Encore』欧米版準拠の告知不足を謝罪…予約購入者にはキャンセル対応

  9. 【囲みレビュー】『Bloodborne』──過去作品との比較を含めて、本作の魅力を語り合う

  10. スイッチ版『ディヴィニティ:OS2』「あらかじめダウンロード」販売開始―新アビリティ「召喚術」詳細情報も公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top