ショップ経営アクションRPG『Moonlighter』「遠い国スペインで作られた本作でも、日本のゲームからの影響を見つけることは容易」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ショップ経営アクションRPG『Moonlighter』「遠い国スペインで作られた本作でも、日本のゲームからの影響を見つけることは容易」【注目インディーミニ問答】

連載・特集 特集

ショップ経営アクションRPG『Moonlighter』「遠い国スペインで作られた本作でも、日本のゲームからの影響を見つけることは容易」【注目インディーミニ問答】
  • ショップ経営アクションRPG『Moonlighter』「遠い国スペインで作られた本作でも、日本のゲームからの影響を見つけることは容易」【注目インディーミニ問答】
  • ショップ経営アクションRPG『Moonlighter』「遠い国スペインで作られた本作でも、日本のゲームからの影響を見つけることは容易」【注目インディーミニ問答】
  • ショップ経営アクションRPG『Moonlighter』「遠い国スペインで作られた本作でも、日本のゲームからの影響を見つけることは容易」【注目インディーミニ問答】
  • ショップ経営アクションRPG『Moonlighter』「遠い国スペインで作られた本作でも、日本のゲームからの影響を見つけることは容易」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Digital Sun開発、PC/Mac/海外PS4/Xbox One向けに5月29日リリースされたショップ経営アクションRPG『Moonlighter』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、異次元ゲートが存在する小さな村「リノカ」に住む青年「ウィル」となって、昼はアイテムショップ経営ビジネス、夜はゲートのダンジョンに勤しむアクションRPG。Steam版とXbox One版は中国語や韓国語を含む10種の言語に対応しており、日本語でもプレイすることが出来ます。

『Moonlighter』は2,050円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Javi:こんにちは!Digital Sun GamesでディレクターをしているJaviです。現在37歳で、11歳の時にゲーム開発(妹のためにBasicで作ったクイズゲーム)を開始、20歳で一度ゲーム開発をやめました(「真面目な」仕事探しをしていました)が、5年前にDigital Sunが始動するのに合わせて帰ってきました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Javi:本作の開発はおよそ4年前、サイドプロジェクトとして始動しました。当時のメイン業務は、他のスタジオのためにゲームを作るという請負でした。他のスタジオのためにゲーム開発を行う中(請負も好きなのですが)、私たちは私たちによるアイデアの、私たちのゲームを作りたいと夢見ていました。いくつかプロトタイプを開発し、『Moonlighter』はその中でもしっかりと完成させたいと思った最初の作品です。まずはより大きなプロトタイプを作り、次にKickstarterを行い、少しずつゆっくりと今の形に近づいてきたのです!

――本作の特徴を教えてください。

Javi:私が本作で気に入っているのは、ダンジョンとショップ/町という2つのパートがお互いに良い影響を与え合うというところです。ダンジョンの中では自分のショップについて考えてしまいますし、ショップではダンジョンのことを考えてしまいます。私たちはプレイヤーがゴールドで何でも手に入れることができるという、「ゴールドフィーバー」な感覚を取り入れたいと思っていましたので、ショップの管理をゲームの中心に据えました。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Javi:システム面では、『The Binding of Isaac』、『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』、『Rogue Legacy』といったゲームから影響を受けています。アート面では、16ビットの様々なドット絵(『クロノ・トリガー』かも?)と『Hyper Light Drifter』のような最近のものがミックスされています。また、私たちはスタジオジブリ作品とその世界観の大ファンですので、その影響もいろんな部分で見られると思います…。日本のゲームで『ルセッティア ~アイテム屋さんのはじめ方~』という本作と似た展開のゲームがあるのですが、本作の開発当初はその存在を知らず、開発開始から1年ほど経ってから気づきました。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Javi:私たちは日本のゲームと日本文化が大好きです。これらによって育てられましたし、遠い国スペインで作られた本作においても、日本のゲームからの影響を見つけることは容易でしょう。本作は私たちのデビュー作です。完璧ではありませんが、愛を持って開発しました。楽しんでいただけると嬉しいです!

――ありがとうございました。


《SEKI》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top