『Call of Duty: Black Ops 4』マルチプレイを体験!新たな回復システムの感触は…【E3 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty: Black Ops 4』マルチプレイを体験!新たな回復システムの感触は…【E3 2018】

家庭用ゲーム PS4

『Call of Duty: Black Ops 4』マルチプレイを体験!新たな回復システムの感触は…【E3 2018】
  • 『Call of Duty: Black Ops 4』マルチプレイを体験!新たな回復システムの感触は…【E3 2018】
  • 『Call of Duty: Black Ops 4』マルチプレイを体験!新たな回復システムの感触は…【E3 2018】

『Call of Duty』シリーズ最新作、『Call of Duty: Black Ops 4』がE3 2018に出展されました。既報の通り、本作にはキャンペーンモードがなく、今回はマルチプレイヤーモードの試遊をすることができました。

体験することができたのは、南国の海辺にある廃墟のような「Contraband」と、高所に建てられた施設を舞台とした「Frequency」という2つのマップ。「Contraband」は青い海と緑が映える綺麗なマップであるものの、マップ中央にある桟橋が攻防の要になります。「Frequency」は高所にある建物ということで各部屋や通路が狭く、突然出くわした相手との近距離の撃ち合いが発生しやすくなっていました。また、高所にあるということで足を踏み外してしまいそうな場所も多く、慣れないうちは落下死しないように気を使う必要があります(実際に2回ほど落ちました……)。


短い間の試遊であったものの、プレイして最も気になったのは、やはり本作から取り入れられた回復システム。過去作では他FPS作品と同様、ダメージを受けた後一定の時間が経つと回復する仕様でしたが、本作ではL1ボタン(PS4版)を押すことで任意のタイミングで回復可能。逆に言えば、時間が経ってもまったく回復しないため、回復し忘れて敵の前に出て一発撃たれて死亡、という事態も起きてしまうということになります。

本作ではジャンプ中や乗り越え動作中など、どんなときでも常に銃が撃てる状態なため、この煩わしさがゲーム性にかなり影響することに。敵と銃撃戦の後、物陰に隠れて回復するべきか、それとも次の攻撃に備えリロードすべきか…これまでとは少し、しかし確実に大きな差となる判断をすることになります。回復の動作自体はリロードと比べても短く、移動しながらでも行えますが、相手に隙を与えるには十分な時間でもあります。

実際、筆者は「リロードしなくちゃ……あ、回復も……」とあたふたしている間にやられてしまうことが多々ありました。シリーズ過去作や、ほかのFPSに慣れている方は、一旦頭を切り替える必要がありそうです。チームベースのマルチ対戦以外にゾンビモードやバトルロイヤルも収録する『Call of Duty: Black Ops 4』は、PS4/Xbox One/PC向けに2018年10月12日より全世界同時発売予定です。
《SEKI》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

    PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  2. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

    『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

  3. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

    『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  4. 『ロケットリーグ』、『フォートナイト』方式のコンテンツシステム「ROCKET PASS」を導入へ

  5. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

  6. Xbox 360版『Modern Warfare 3』がXbox Oneの下位互換性機能に対応!

  7. 『CoD: WWII』新DLC“United Front”海外向け発表!スターリングラードなどが追加に

  8. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 日本語吹替版『Ghost of Tsushima』ゲームプレイ映像―Masakoの裏切りの理由とは

  10. 『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

アクセスランキングをもっと見る

page top