『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…

先日大規模な「NEXT」アップデートを行い、多くのユーザーの注目を再度集めている宇宙探索ゲーム『No Man's Sky』。同作のPS4版にて開発Hello Games創設者のSean Murray氏の巨大似顔絵を星表面に作成したユーザーが現れた模様です。

家庭用ゲーム PS4
『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…
  • 『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…
  • 『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…

先日大規模な「NEXT」アップデートを行い、多くのユーザーの注目を再度集めている宇宙探索ゲーム『No Man's Sky』。同作のPS4版にて開発Hello Games創設者のSean Murray氏の巨大似顔絵を星表面に作成したユーザーが現れた模様です。

「NEXT」アップデートに感謝の意を込めて制作されたこの似顔絵は、平面のタイルを用い、ドット絵状にして描かれたもの。公開されたスクリーンショットの遠景でも中々のサイズ感。


モニュメントの製作者であるRoland Oberheim氏は、本作の1.3「Atlas Rises」アップデートで実装された、宇宙の任意の星へと瞬間移動可能な“ポータル”用のアドレスを公開しており、PS4版のクリティティブモードのユーザーは実際に星へと飛び、+9.08, +85.31の座標に向かうことでモニュメントを見に行くことも可能となっているようです。

再評価により今回のモニュメントのような遊びもより楽しめるようになった『No Man's Sky』。今後の展開にも期待です。

『No Man's Sky』はSteam/PS4及び海外Xbox Oneにて配信中。Steam/PSNではセールも実施中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』2019年ロードマップ公開―「タイド・オブ・ウォー」チャプター5も告知

    『バトルフィールドV』2019年ロードマップ公開―「タイド・オブ・ウォー」チャプター5も告知

  2. 『ボーダーランズ』現世代機向けGOTY版が海外審査機関に登録

    『ボーダーランズ』現世代機向けGOTY版が海外審査機関に登録

  3. 海外版『JUDGE EYES』羽村京平のモデルと声の変更が発表

    海外版『JUDGE EYES』羽村京平のモデルと声の変更が発表

  4. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  5. SIE、PSNの利用規約を4月2日に改定─改定後の初回接続時には規約の承諾と再サインインが必要に

  6. 『デビル メイ クライ 5』調カスタムXB1Xのプレゼントキャンペーンが海外で告知―赤と黒がスタイリッシュ

  7. 『バトルフィールドV』バトロワ「ファイアストーム」トレイラーを初公開―3月25日開戦!

  8. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  9. 『バトルフィールドV』バトロワ「Firestorm」日本時間3月14日22時より初の本格トレイラーが公開予定

  10. Rockstar Games Social Club2段階認証導入ボーナスが告知、安全性を高め『GTAO』『RDO』でゲーム内マネーをもらおう

アクセスランキングをもっと見る

1
page top