『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…

先日大規模な「NEXT」アップデートを行い、多くのユーザーの注目を再度集めている宇宙探索ゲーム『No Man's Sky』。同作のPS4版にて開発Hello Games創設者のSean Murray氏の巨大似顔絵を星表面に作成したユーザーが現れた模様です。

家庭用ゲーム PS4
『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…
  • 『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…
  • 『No Man's Sky』ファン、Hello Games創設者の似顔絵を地上絵に―なんて壮大なんだ…

先日大規模な「NEXT」アップデートを行い、多くのユーザーの注目を再度集めている宇宙探索ゲーム『No Man's Sky』。同作のPS4版にて開発Hello Games創設者のSean Murray氏の巨大似顔絵を星表面に作成したユーザーが現れた模様です。

「NEXT」アップデートに感謝の意を込めて制作されたこの似顔絵は、平面のタイルを用い、ドット絵状にして描かれたもの。公開されたスクリーンショットの遠景でも中々のサイズ感。


モニュメントの製作者であるRoland Oberheim氏は、本作の1.3「Atlas Rises」アップデートで実装された、宇宙の任意の星へと瞬間移動可能な“ポータル”用のアドレスを公開しており、PS4版のクリティティブモードのユーザーは実際に星へと飛び、+9.08, +85.31の座標に向かうことでモニュメントを見に行くことも可能となっているようです。

再評価により今回のモニュメントのような遊びもより楽しめるようになった『No Man's Sky』。今後の展開にも期待です。

『No Man's Sky』はSteam/PS4及び海外Xbox Oneにて配信中。Steam/PSNではセールも実施中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』新DLC「Stranger Sins」10月29日配信!今度は酒場の主に…?

    ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』新DLC「Stranger Sins」10月29日配信!今度は酒場の主に…?

  2. ハクスラ型アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』国内PS4向けに2020年1月30日発売決定!

    ハクスラ型アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』国内PS4向けに2020年1月30日発売決定!

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 『ファイプロ ワールド』選手の「入場シーン」をカスタムできる新DLCが配信決定!

  5. 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に

  6. 超能力とサービスウェポンに焦点を当てた『CONTROL』国内向け新情報!

  7. ゲームで楽しくフィットネス!任天堂の新たな健康サポートゲーム『リングフィットアドベンチャー』本日10月18日発売

  8. ゲームフリーク最新作『リトルタウンヒーロー』発売!『UNDERTALE』Toby Fox氏がBGM提供する新感覚RPG

  9. 『ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション』スイッチ向けに発売―ゲラルトの旅路をいつでもどこでも

  10. 『DEATH STRANDING』日本特別編集映像“Connect”公開ー誰かの痕跡が、絆になる

アクセスランキングをもっと見る

1
page top