囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪

Devolver Digitalは、Gamepiresが手がけるゾンビサバイバル『SCUM』のゲーム内に存在したナチスの意匠を持つタトゥーを削除し、その表現について謝罪しています。

ゲーム文化 カルチャー
囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪
  • 囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪
  • 囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪

Devolver Digitalは、Gamepiresが手がけるゾンビサバイバル『SCUM』のゲーム内に存在したナチスの意匠を持つタトゥーを削除し、その表現について謝罪しています。

海外メディアのPolygonによると、このタトゥーは同作のDLC「SCUM Supporter Pack」に同梱されていたもので、白人至上主義者やネオナチが隠語として用いる「14」の数字とナチス式敬礼を表す「88」の数字、及び頭蓋骨と鉄十字が組み合わさったデザインのものであったとのこと。

これに対してパブリッシャーであるDevolver Digitalは、同メディアを通して謝罪し、タトゥー実装の経緯について説明。曰く、タトゥーの使用は刑務所文化のリアリティとその恐ろしい要素の描写を意図していたものの、同社はタトゥーのシンボルやその内容には同意しておらず、これを受けてゲームの全コンテンツを再確認していることを伝えています。

また、開発を手掛けるGamepiresも同メディアを通してコメントしており、彼らはタトゥーの実装について『SCUM』で犯罪者による最悪の雰囲気を演出するため、未来的なリアリティショーで「死と戦う」状況にある人々を描写することが目的であったと説明。ただし、フォーラムの反応から、これが不要であったことを受け止め、ファンに誤解を生んだことを謝罪しています。

なお、同メディアによれば既に公式SNSやゲーム内からもこれらの画像やデザインは削除されており、DLC内のタトゥーも修正されているとのことです。
《吉河卓人》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

    イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  2. 霧に覆われた世界で生き延びる終末サバイバル『Lost Scavenger』早期アクセス開始!

    霧に覆われた世界で生き延びる終末サバイバル『Lost Scavenger』早期アクセス開始!

  3. もっとゲームに集中できる!?ゲーミングピーナッツバターが登場―メーカーは「頭がおかしくなったのでは?」と驚愕

    もっとゲームに集中できる!?ゲーミングピーナッツバターが登場―メーカーは「頭がおかしくなったのでは?」と驚愕

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. 【コスプレ】弾幕はパワーだぜ!『東方Project』魔理沙に扮する注目レイヤー・あぐり【写真10枚】

  6. 【日本円で約7兆円】2021年アメリカでゲーム関連に消費された総額が過去最高の604億ドルを記録

  7. 中華ダークファンタジーなローグライクACT『暖雪 Warm Snow』配信開始!

  8. 任天堂旧本社がホテル「丸福樓」として2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】

  9. ホラーRPG『恐怖の世界』グッズがFangamerに登場!シャツやバッグ、マスクが剥がれるピンバッジまで

  10. クレイトスがイケオジに!PC版『ゴッド・オブ・ウォー』ボサボサ顎髭を削除するModが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top