囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪

Devolver Digitalは、Gamepiresが手がけるゾンビサバイバル『SCUM』のゲーム内に存在したナチスの意匠を持つタトゥーを削除し、その表現について謝罪しています。

ゲーム文化 カルチャー
囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪
  • 囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪
  • 囚人サバイバル『SCUM』DLC特典のナチスタトゥーを削除―Devolver、Gamepiresは謝罪

Devolver Digitalは、Gamepiresが手がけるゾンビサバイバル『SCUM』のゲーム内に存在したナチスの意匠を持つタトゥーを削除し、その表現について謝罪しています。

海外メディアのPolygonによると、このタトゥーは同作のDLC「SCUM Supporter Pack」に同梱されていたもので、白人至上主義者やネオナチが隠語として用いる「14」の数字とナチス式敬礼を表す「88」の数字、及び頭蓋骨と鉄十字が組み合わさったデザインのものであったとのこと。

これに対してパブリッシャーであるDevolver Digitalは、同メディアを通して謝罪し、タトゥー実装の経緯について説明。曰く、タトゥーの使用は刑務所文化のリアリティとその恐ろしい要素の描写を意図していたものの、同社はタトゥーのシンボルやその内容には同意しておらず、これを受けてゲームの全コンテンツを再確認していることを伝えています。

また、開発を手掛けるGamepiresも同メディアを通してコメントしており、彼らはタトゥーの実装について『SCUM』で犯罪者による最悪の雰囲気を演出するため、未来的なリアリティショーで「死と戦う」状況にある人々を描写することが目的であったと説明。ただし、フォーラムの反応から、これが不要であったことを受け止め、ファンに誤解を生んだことを謝罪しています。

なお、同メディアによれば既に公式SNSやゲーム内からもこれらの画像やデザインは削除されており、DLC内のタトゥーも修正されているとのことです。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. e-Sportsレーシングイベント配信中に「キレ落ち」したプロドライバーがスポンサーから契約解除

    e-Sportsレーシングイベント配信中に「キレ落ち」したプロドライバーがスポンサーから契約解除

  2. 主人公の隠された過去を暴くサイコスリラー『The Shattering』配信日決定

    主人公の隠された過去を暴くサイコスリラー『The Shattering』配信日決定

  3. 車を降りても戦える大乱闘カーアクション『Thunder Rally』Steam早期アクセス開始!

    車を降りても戦える大乱闘カーアクション『Thunder Rally』Steam早期アクセス開始!

  4. 『マインクラフト』で「ハリー・ポッター」を再現するRPGマップ完成版が配布! 圧倒的スケールと再現度を誇る傑作

  5. 協力して生き延びろ! 熱帯雨林サバイバル『Green Hell』にCo-opモード実装

  6. 惑星の先住民と戦う二足歩行ロボットACT『BE-A Walker』Steam版配信日決定

  7. 『マインクラフト』で等倍スケールの地球再現企画進行中―参加して自分の住む土地の再現も

  8. コースを作って実際遊べる「レゴ スーパーマリオ」2020年8月1日発売決定!3種類のセット内容の詳細も公開

  9. オンライン侍&忍者バトルアクション『Hanako: Honor & Blade』最新トレイラー公開!

  10. 新型コロナによる自宅隔離の影響でゲームのプレイ時間が大幅増加―米国では45%、仏では38%増

アクセスランキングをもっと見る

page top