対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け

Versus Evilは、Tim Conkling氏が手がける対戦ボードゲーム『Antihero』に日本語実装を含む新アップデートを実施しました。

PC Windows
対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け
  • 対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け
  • 対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け
  • 対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け
  • 対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け
  • 対戦デジタルボードゲーム『Antihero』日本語実装―泥棒組織の長となり、ライバルをあの手この手で出し抜け

Versus Evilは、Tim Conkling氏が手がける対戦ボードゲーム『Antihero』に日本語実装を含む新アップデートを実施しました。

同作は、反目する泥棒組織同士の縄張り争いを描いた対戦型のボードゲーム。プレイヤーは泥棒組織の長を操り、ターン毎に、マップの探索や、子分ユニットの雇用、それを用いた勢力拡大などを行い、特定の行動で得られる勝利点を先に一定数集めていきます。


ゲームはシングルプレイヤーストーリーモードの他、AI相手のスカーミッシュ、オンライン対戦にも対応しています。



使用可能な子分ユニットには、特定の建物に配置し建物効果の取得とアップグレードが可能な子どもや、移動経路の封鎖が可能なごろつき、攻撃能力を持つギャング、特定の建物から敵の子供を除去できる検査官などが存在。また、ターン毎に各種のスキルのアップグレード、もしくは各種リソースの追加補充が可能となっており、戦略性の高いゲーム展開が繰り広げられます。


『Antihero』はSteamにて1,480円で配信中。アップデートを記念して、2018年9月29日午前2時までは67%引きの488円で購入可能です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

    PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

  2. SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

    SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

  3. ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

    ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

  4. ボクセルベースのアクションRPG『Cube World』ローンチトレイラー公開

  5. 超自然現象に巻き込まれたミュータントとの日常を描くADV『Mutazione』配信開始

  6. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  7. 『マインクラフト』既存バイオームの更新計画が発表!順番を決めるユーザー投票も実施へ

  8. 『Apex Legends』「シン博士の研究所」にドローンを連れた謎の人物が…正体は新レジェンドか?

  9. Epic、PC版『ボーダーランズ3』進行データ消失不具合のホットフィックス配信―消失したデータの復旧は不可能

  10. パラレルソ連SFARPG『Atomic Heart』新トレイラー公開!独特の世界観の片鱗描く

アクセスランキングをもっと見る

page top