ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か

昨今様々な領域で注目されるニューラルネットワークによる機械学習と、それによる絵画の描写。その先端技術を『DOOM』にて適応した映像が公開されています。

ゲーム文化 Mod
ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か
  • ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か
  • ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か
https://kingdomakrillic.tumblr.com/post/174799767846/used-a-neural-network-to-make-doom-gameplay-look

昨今様々な領域で注目されるニューラルネットワークによる機械学習と、それによる絵画の描写。その先端技術を『DOOM』にて適応した映像が公開されました。

この映像を制作したtheakrillictimes氏は、オープンソースのニューラルネットワーク絵画描写システム「artistic-videos」を用い、『DOOM』のボックスアートのような効果を『DOOM』プレイ映像に適応したとのこと。独特のサイケデリックな映像はいつもと全く異なる『DOOM』を映し出しています。


また、氏はGoogleの「Deep Dream」を使用した『DOOM』画像やMod「Deepdream Doom」も公開中(リンク先刺激的な映像ありのため注意)です。こちらはまさしく狂気と呼ぶべき形容しがたい作り。怖いもの見たさで閲覧にチャレンジしてみるのも良いかも知れません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

    怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

  2. 音楽ゲーム『pop’n music peace』の稼働がスタート―バラエティ豊かなキャラクターと楽曲で20周年をお祝い!

    音楽ゲーム『pop’n music peace』の稼働がスタート―バラエティ豊かなキャラクターと楽曲で20周年をお祝い!

  3. 「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

    「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

  4. 思わずごっこ遊びしたくなってしまうクオリティ!『フォートナイト』実写ファンムービー

  5. 『Fallout 76』Vault-boy型の香炉が海外ストアにて予約開始ーそれカリカリ反応しない?

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『オーバーウォッチ』声優が別キャラのセリフをしゃべってみた!海外メディア映像

  8. 奇作『The Stanley Parable』開発者らの新たなパズルADVが発表、近日Steam配信へ

  9. ほぼ全部が"謎"な『The Beginner's Guide』発表、『The Stanley Parable』開発者の新作

  10. 高機能チャットツール「Discord」ゲームストア/ランチャー機能がオープンベータに!

アクセスランキングをもっと見る

page top