横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』「私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』「私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Ronimo Games開発、PC向けに11月6日リリースされた横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』「私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした」【注目インディーミニ問答】
  • 横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』「私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした」【注目インディーミニ問答】
  • 横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』「私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした」【注目インディーミニ問答】
  • 横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』「私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした」【注目インディーミニ問答】
  • 横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』「私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Ronimo Games開発、PC向けに11月6日リリースされた横スクロールRTS『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、2D横スクロールRTS。元は2015年にWiiU向けに発売されたタイトルで、本作はそのパワーアップ版となります。3つの異なる種族から1つを選び、ユニットを生成して敵を押し返すのが目的。10時間に及ぶシングルプレイヤーキャンペーンだけでなく、オンラインマルチプレイヤーにも対応しています。記事執筆時点では日本語未対応。

『Swords and Soldiers 2 Shawarmageddon』は1,520円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Jasper Koning氏(以下Koning氏):Ronimo GamesでゲームデザイナーをしているJasper Koningです。『Swords and Soldiers』と『Awesomenauts』ではデザイナーを担当し、本作『Swords and Soldiers 2』ではリードデザイナーを担当しました。

――本作はいつどのようにして開発が始まったのでしょうか?

Koning氏:本作の開発は、1つ前の作品である『Awesomenauts』のリリース後すぐに始まりましたので、2012年になります。

――本作の特徴を教えてください。

Koning氏:本作における私たちの目標は、しっかりとしたストラテジーゲームを二次元に落とし込むことでした。3つの個性的でありつつもバランスのとれた種族、シンプルな経済システムでマップを掌握、ミクロ戦術とマクロ戦術のミックス、といったRTSのような要素を持ち合わせています。しかし、本作は2Dです。その結果、本作は『スタークラフト』と『ストリートファイター』の中間のようなものとなりました。

これに手描きの背景やユニット、魔法が合わさり、本作の見た目をハイクオリティのものとしています。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Koning氏:前作は『スタークラフト』のような古典的なRTSや『Age of War』といったシンプルなFlashゲームから大きな影響を受けています。本作のゲームプレイ面においては、前作において私たちが学んだことを生かしつつ、より戦術的で奥深くなるようにしました。ビジュアル面ではフランスのアニメーションやコミックから大きな影響を受け、そのレベルを可能な限り上げています。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Koning氏:現時点で発表できることはありません。WiiU版では日本語に対応していたのですが、それから多くのテキストが変更されました。現在、日本のコミュニティを見ながら、需要があるかどうか見極めています。簡単に言うと、計画はありませんが、可能性はあります。もし興味がありましたら、お知らせください!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Koning氏:本作に興味を持っていただきありがとうございます!日本がずっとしてきたように、本作の開発には全力を注ぎ込み、洗練されたゲーム体験をお届けします。本作を楽しんでいただけると嬉しいですし、将来的には日本語翻訳にもご協力いただけると幸いです。ゲーム業界への多大な貢献をする日本が大好きですし、その文化、食べ物も大好きです。

――ありがとうございました。


《SEKI》
BFV最新ニュース[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top