プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編

本企画では、日本公式プロリーグ「LJL」所属選手や人気ストリーマーに『LoL』の超基礎的な部分をレクチャーしていただきます。第2回は「レーン戦」編。プロチーム「Burning Core」に所属するMidレーン担当プレイヤー・Roki選手に基礎知識を伺いました。

連載・特集 インタビュー
プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
  • プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!Rokiに訊く「レーン戦」テクニック編
いよいよ新シーズンが始まった『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』。もちろん、Game*Sparkの愛すべきマスコットキャラクター“スパくん”も熱いまなざしを向けています。しかしながら、彼はランク戦のシーズンが変わる毎に『LoL』に関する記憶がリセットされてしまうという不具合を抱えているため、いつまで経っても上達できなかったようです。

そんなわけで、編集部はスパくんと『LoL』初心者のための連載企画として「プロ選手が教える『リーグ・オブ・レジェンド』初心者脱出の道!」を始動。この企画では、日本公式プロリーグ「LJL」所属選手や人気ストリーマーに『LoL』の超基礎的な部分をレクチャーしていただきます。


第2回の“先生”役を引き受けてくれたのは、『LoL』プロチーム「Burning Core」に所属するMidレーン担当プレイヤー・Roki選手です。前回、Haretti選手に教えていただいた「CS」テクニックに続いて、Midレーンを中心とした「レーン戦」にまつわる基礎テクニックや考え方を伺いました。

※記事の内容は執筆時の最新バージョンを基にしています。
※第2回以降はGame*Spark編集部独自制作となるため、「PR」マークを表記しません。




「レーン戦」に挑むための基本的な考え方とは?


ウワワーイ!新シーズンもバッチバチに『LoL』やってく構えのスパくんだスパ!全身に前回の記事のアドレスを書き込んでいたおかげでCSのテクニックはなんとか思い出せたけど、まったく勝率が全然安定しないスパ!イキっちゃったせいかVCでも気まずい雰囲気になりがちだし、これじゃあ毎月払ってる友達料がムダになってしまうスパ。


なんでフレンドにお金を払ってるんですか……?でも、CSはたしかに大切ですよ。そこを学んだら次はレーン戦全体で学んだほうがいいかもですね。



な、な……!?いつの間にかプロプレイヤーっぽい人がそこに座っているスパ!なんてこった!めちゃくちゃ自然な導入スパ!そこのいかにも『LoL』に詳しそうなユニフォームを着ている人!レーン戦全体って……CSだけじゃだめスパか?


たしかに、レーン戦ではCSも大切です。けど、特にMidレーンではソロキルが生まれやすかったりして、いろいろな展開があります。最も重要なポイントとしては死なないことでしょうね。



ほえ……。死んじゃだめスパか?スパくんカッとしやすいから、ついつい無策でボコボコに殴り合って挙げ句の果てに死んだりしてるスパ。


危険人物ですね。キルをとられてしまうと、対面のMidレーナーに経験値とGold面で差がついてしまうので、それを防ぐためにも、死なずにレーン戦をするというのが大事です。



ほえ……。でもCSも大切スパよね?スパくんはいつもCSを取るためにスキルを使っちゃって、相手のことなんか見てないスパよ。


それは状況次第ですが、特にレベル1~2といった最序盤では、スキルをガンガン使ってCSを取るのは危険です。そのレベルではスキルのダメージも弱く、クールダウンも長いため、クールダウン中は弱い状況になってしまうのもあるので、できればオートアタック(AA)を使って取る方が良いと思います。



分かったスパ。ところでレーン戦の途中、もし「キル取れそう!」と思ったらなりふり構わずバチボコに敵を倒しまくってイキってチャットで自慢したほうがいいスパ?


止めましょう。そういうことしてると嫌われますよ......。「なりふり構わず~」は流石にやりすぎですけど、ちょっと隙を見せたところに調子に乗って突っ込んでくる敵は、絶好の獲物ですね。でも、相手を倒せそうだと思った段階で積極的に狙いにいくのは、私としてはオススメな戦い方です。成功したらおいしいですし、失敗したら後でリプレイを見たりして、何が悪かったか見直すこともできます。反省する点、溜まってませんか?



了解スパ。今度から相手をボコるときはサモナースペルも全部つっこんでいくスパ。イグナイトとかフラッシュをいつ使ったら良いかぶっちゃけ分かんなくて、意味なく温存しちゃうクセがあるスパ。


そうですね、いくと決めたなら中途半端はよくないです。アイテムもサモナースペルも惜しまず使っちゃいましょう。ケチって倒せないよりは使い切って倒したほうが得ですからね!




「レーンで勝つ」とは?


スパ君はレーンの対面にガンガン勝ちまくって、マッチ終了後もチームメイトからチヤホヤされて悦に浸りたいんだスパ。そのためにはどうしたらいいスパ?



相手のスキルを食らわないことがとても大事です。体力差が付くと不利を背負ってしまうので、避けることを優先した方が良いですね。



ふむ……なるほど。ところで、「レーン戦で勝った」といったコメントを試合の解説やユーザーコミュニティーなどで頻繁に目にしますが、「勝ち」とは様々な角度から定義できるものと推察されます。さて、どのような状態を目指せば「レーンで勝つ」と断言できるのでしょうか?


普通に話してくれませんか……?とりあえず、相手のスキルを食らわずに、自分のスキルを当てられていれば、「レーンでの勝ち」に繋がると思います。ソロキルや相手をリコールさせたりするのも「勝ち」ではありますが、まずは「スキルの当てあい」に勝つことが「レーンで勝つ」ための最低条件です。とは言え、「スキルの当てあい」で大勝しても油断は禁物ですよ。



ほえー、そしたら敵にはAAとスキルで積極的に攻撃を当てに行くべきスパ?アグレッシブにプレイするのはちょっと怖いところもあるスパ。スパくんにはそういうナイーブな一面もあるということを今一度みんなに知っておいて欲しいスパ。


アグレッシブに行くべきですね。ハラス(※「嫌がらせ」の意。ここでは通常攻撃やスキルを相手に当てることを指す)ができないのであれば、特にMidレーンだと活躍するのは難しいです。攻撃的なプレイはMidレーナーの真髄です。



オッケ!スパくんは2019年も攻め続けるスパ!ところで、スパくんはウェーイって言いながら適当にワードを置いてるスパけど、それじゃダメスパ?ワードはどこに刺すのがおすすめスパ?



この画像で言うと、1番と2番に置きたいと考える人が多いんですが、そこだと敵が見えた時点で手遅れの場合が多いです。3番、4番であれば、敵が見えてからでも逃げられる可能性が高いのでおすすめです。ただし、4番だけだと5番のような壁沿いに来られると見えないので、6番、7番にも刺せると完璧ですね。ピンクワードは買わないと死ぬと思ってください。



もし味方チームのジャングラーがGankをしたそうな顔でこちらを見ていたら、やっぱりちょっとはかまってあげたほうがいいスパ?たまにチャットやPinで合図されるスパけど、CSとるのに忙しくてスルーすることもあるスパ。先に言っておくけど、「既読スルー」って言葉はなるべく使わないでほしいスパ。ナイーブな一面があるスパから。



……なんとなく察しました。ジャングラーとレーナーがCC(※「Crowd Control」……相手の行動を阻害するスキルのこと)を持っていれば倒せる場面が多いので、どちらかのCCを起点にして、息を合わせて敵を狙いに行くべきです。そういった積極的な動きは大切です。失敗してもトライして倒せるラインを覚えるのも重要ですよ。




■レーンで勝ってチームメイトを助けよう


もしレーン戦で「勝った!」と判断できたら、そのあとは何をすればいいスパか?スパくんはレーンで対面をキルした後は悦に入っちゃって半ば現実逃避してるスパ。ほえ……ってずっと言ってるスパ。


Midレーンは選択肢が多いんですよね。勝った後も対面を倒し続けたり、ロームをして他のレーンへ行ったり、レーナーの好みもありますが様々な戦法があります。できれば他のレーンを助けた方がいいですが、GankできるのであればBotレーンに行くのが良いです。大抵の場合、BotレーナーとMidレーナーとのLv差は大きいですしね。



ほえー、Midレーナーは忙しいスパね……そんなに忙しいと難しいスパ!レーンで勝ちやすい初心者向けチャンピオンはあるスパ?もっと楽に勝って考えることを減らしたいスパ!


アニー、ラックス、タロンはオススメです。「楽に勝てる」というわけではないですが、ダメージも出しやすく、使いやすい初心者向けなチャンピオンなので、ちょっと特徴を解説してみましょうか。





アニーはQでミニオンのラストヒットを取ると、マナが返ってきます。同時にパッシブスキルのスタックも貯まるのですが、これを4スタックまで集めると次のスキルに「スタン効果」が付与されるんです。QでCSをとってスタックを貯め、スタンさせながら安全にハラス。これを繰り返すだけで安全に体力差を付けられます。

レベル6になったらFlash→Ult→Q→W→Igniteで大体キルが確定できますし、そのコンボも敵にカーソルを合わせてガチャガチャと全部のキーを押すだけで発動できます。




ラックスは、Eで相手にハラスをしていきましょう。敵にスキルが当たるとパッシブの効果が付与されるので、AAで爆発させて追加ダメージを与えられます。それを使いながら敵のHPを削っていって、敵のHPが減ってきたらQでスネアを当て、倒しに行きます。

Ultの射程が長いので、他の敵レーナーが死にそうであれば遠くから狙ってみたり、味方と一緒にQを当てて敵を倒すというのも効果的です。ただし接近戦は非常に弱いので、移動中は気をつけたいですね。全てのスキルが方向スキルなので、当てられないと何もできないという点にも要注意です。




タロンは、Wを敵に当てて、Qで突っ込んで敵を殴る戦い方が強いです。ミニオンを巻き込んでスキルを当てられると尚良いですね。理想としては、Wをミニオンと敵の両方に当てて、Wの「帰り」も当たったらQで突っ込む……といったかたちです。

Wが当たらず突っ込む機会が得られなくても、ミニオンを相手タワー下に押し付け、相手がその処理に追われている間にロームできます。特に序盤はジャングラーがカニを取る作業を手伝えるとMid、ジャングラーが同時に有利になります。Eは壁を越えられるので、積極的に使ってロームしていくのもいいですね。上手く越えると敵の後ろも取りやすいです。操作は簡単で1vs1も強いので、いろいろなことができます。

一息でざっと説明してしまいましたが、実際にトレーニングモードで触ってみてから、これらのコンビネーションを振り返ってもらえると分かりやすいかもしれません。




レーンで負けないためには?



「CSを取るのがなによりも大事」という価値観を植え付けられて育ってきたけど、CSを取ろうとしたタイミングで仕掛けてくる上手い相手もいるスパ。それが本当に悔しいんだスパ!スパ顔でCS妨害してくるネチネチした対面に負けない方法を教えて欲しいドヤ!


態度も語尾もひどいですね。Midレーンの基本と同じですが、敵のスキルを食らわないのと、むやみに自分のスキルを使わないというのが大事です。立ち位置は相手のチャンピオンによりますが、例えばアーリだったらEのチャームを当てられるとと一気にコンボを食らってしまうので、ミニオンの後ろで避けるようにします。

ラックスのようなチャンピオンであれば、Eの範囲でミニオンと一緒にスキルを食らってしまうので、ミニオンから離れた位置に立つようにします。ちょっと難しいですが、CSを取るフリをすると相手がスキルを使ってくれるというのもあります。



レーン戦と一口で言ってみても、その裏では高度な読み合いが生じてるスパね……。スパくんの脳みそはもう爆発寸前スパ……。レーンでめちゃくちゃ強くて、ゲームをぶち壊していくチャンピオンはいるスパか?そういうシンプルなのがいいスパ!


ルブランフィズゼドタロンのようなアサシン系チャンピオンは、レーンで非常に強いので気を付けなければなりません。一度キルを取られたら、その後もズルズルと餌食にされ続けることもありますので。



ちなみにスパくんはMidレーンではフィズをよく使うスパ!


ああ……なんか似てますもんね。



照れるスパね。今まで教わったことの他にやれることってあるスパか?覚えきれるかわからないけど、未来で『LoL』激うまスパくんになるため、一応聞いておくスパ。


特に相手のジャングラーの位置は特に意識した方がいいです。1vs1で死なない方法としては、敵の全てのスキルを避けて、自分のスキルをすべて当てて、CSを落とさない、と言ったところです。

それと、リバー(河)の自陣側の壁よりも前に出たら「いつ死んでもおかしくない」と思いましょう。そして、一回キルを取られたらそのたびに「なぜキルを取られたか」を考えて反省するぐらいでもちょうど良いと思います。どこまで攻め出ていいのかは、相手チャンピオンによって変わってきますが。



あと、自分のときだけ明らかに格上の敵ジャングラーが来る気がするスパ。あいつは絶対スマーフ(※サブアカウントを使い、自分よりランクやレベルの低い初心者プレイヤーを相手にすること)スパよ!ジャングラーに邪魔されるとあまりの衝撃で、いつも「ワオ!」って言っちゃうスパ。


「相手ジャングラーが来る」ということは、自分のポジションが「Gankをされやすいような位置にある」というのも考えられます。なので、味方のジャングラーやワードに近いところで戦ってみると良いでしょう。



えー、でも正直言って忙しすぎてミニマップを見る余裕がないスパ……。


「1CS取ったらミニマップを1回見る」ぐらいの意識で挑んでみてください。Midレーンは展開が早いですし、とにかくいろいろなことが起きますから。



何事も練習あるのみスパね……ところで今思い出したんだけど、味方のジャングラーがスパくんのレーンにGankしに来たと思ったら、逆にボコボコにキルされ散っていった……なんてことも結構あったスパ!うわあ!思い出すとムカムカしてきた!あいつめ!あいつめ!ああ!ああああ……ワオ!


ちょっと落ち着いてください。マスコットとは思えないくらいキャラのブレが激しいですよ……。Gankにはいろいろなケースがあるので、何が悪いとは断定はできません。でも、自分や味方ジャングラーが死んでしまったときに考えられることはあります。

「もし自分がスキルを当てていたら、ジャングラーを生還させられたかな?」とか、「CCを合わせられたら敵をキルできたかな?」とか、そういった最良の選択肢について考えるのは非常に重要です。必ずしもチームの誰かが悪いというわけではないんですよ。




最後に……


ありがたいお話を聞いたら途端に冷静になってきたスパ。キャラも取り戻してきたし、今回はMidレーンのイロハを教えてくれてありがとうスパ。ところで、Roki選手は昔からMidレーナーだったスパか?


昔はTopレーンが好きで、ガレンとトリンダメアをよく使っていました。その当時は「カジックスMid」が流行っていました。敵を倒しまくる気持ち良さを知ってしまって、その後はルブランにも手を出し始めました。

最近は、メタを除けばルブランやヤスオが好きですね。やっぱり、敵を倒しやすいチャンピオンが好みです。ちなみにTopレーンをメインにしていた頃はずっとブロンズ5だったんですが、Midレーンに手を出すようにしてからは一気にレートも上がったので、自分に合っていたんだと思います。



Haretti選手もRoki選手も、やっぱり最初は初心者だったんスパよね。今日はムカッとすることも思い出しちゃったスパけど、教えてもらったことをキッチリ覚えて心機一転がんばるスパよ!さっそく来月分の友達代を払いにいってくるスパ!


(友達の作り方は次回の人に任せるか……)




(C)2018 Riot Games.
(C)Burning Core
《kuma》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top