【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い

『カウンターファイト SE』で丼ものが食べたくなった!

連載・特集 特集
【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い
  • 【吉田輝和のVR絵日記】ワンオペ飲食店シミュ『カウンターファイト SE』客VS丼屋店主の仁義なき戦い

今回プレイするのはトリコルが贈る『カウンターファイト SE』のPlayStation 4版です。

本作は、大勢の来客が注文する料理を作っていくワークシミュレーション。前作『カウンターファイト』ではラーメン屋を体験出来ましたが、今作では丼屋になっています。

加えて、今作の舞台は現代ではなく江戸時代……どうせなら江戸時代らしい髪型にせねば!


坊主頭じゃ髪の毛が短すぎて月代作れないよね。もう刈っちゃったけど……

基本を習得!修行タイム!



とりあえず基本の操作から確認していく。


まずはしゃもじを掴み、ご飯を丼によそう。

エビ天丼ならエビを油の中に入れ、親子丼なら玉子と肉を煮込み、牛丼なら肉を網で焼く。

出来た具をご飯の上に乗せれば丼の完成だ。


丼モノの他には焼き魚やお酒も販売している。前作ではビールを予め冷蔵庫で冷やさなければならなかったが、今作では桶に入った酒をそのまま入れるだけでOKだ。

全体的に前作よりも料理の手順が簡略化されている印象で、これなら多少のおふざけをする余裕もあるな。


相変わらずボキャブラリーが貧困な必殺技名。ジャンプしながらお酒を注いでいるだけ。まあ忙しかった前作でもおふざけばっかりしていたんだけど……


ともあれチュートリアルという名の修行期間は終了だ。毛が短すぎて月代に出来なかった、変な髪形のおっさんの丼屋の開店だ!

5分の制限時間内に出来るだけ多くの注文をこなす「5min CHALLENGE」と時間無制限の「ENDLESS CHALLENGE」の2つのモードで、磨いた腕を披露するのだ!

ワンオペを極めろ!時短テクニック!



さあ江戸時代の丼屋の開店だ。早速続々とやってくるお客さん。なんでも作るよ!


うなぎを焼いてタレをつけてうな丼!エビを油の中でカラッと揚げてエビ天丼!へいお待ち!

前作の『カウンターファイト』では、菜箸を使わないと具材を掴めなかったのだが、今作では素手で具材が掴めるのだ。


前作では右手は菜箸に固定されていたので、右手と左手がごっちゃになってパニックに陥っていたんだよね……

空いている方の手で具材をパパっと焼けるので地味にありがたい。今作の時代設定は江戸時代なので、衛生観念がなぁなぁになっているのかもしれない!サンキュー江戸時代!


煮えたぎる油の中のカツを素手で取り出す事も可能……!


火傷をするシステムはないので大丈夫なのだが、実際やると相当グロイ事になるだろう……

武器を取れ!SAMURAI EDITION!



気に入らない客や泥棒に対して物を投げつけるというフリーダムなシステムは健在だ。さらに今作では、客側からも物を投げてくるように進化している。やはり江戸時代という事もあって粗暴な客が多いのかもしれない。


だがこっちだって黙って投げつけられるばかりではない。


壁に立てかけてある刀を使って、客が投げつけてきた物を弾き返せるのだ。また、丼や料理の具材を客に投げつける事も可能。他にも水鉄砲で客の顔面をビッチョビチョに出来るぞ!


さらには、かまどの中の火のついた薪も掴めるのだ。最早なんでもアリ!

これだけ豊富な武器があれば、客の投げてくる物なんて簡単に弾き返してくれるわ!と思っていたのだが……判定がなかなかシビアで弾き返すのが難しい。


ちょっと待って!一回落ち着いて練習させて!あっ……


次々に客から物を投げつけられる店主。そして……



~BAD END~


今作の丼屋も存分に楽しめました!ワンオペ飲食店の闇を体験出来る良いゲームですね。VRは大作ゲームよりもこういうミニゲーム的なジャンルの方が個人的には好みです。

ただ前作もそうだったのですが、遊べるモードが2つしかなく、どちらもやる事は全く変わらないので、もう少しモードを増やして欲しかったです。

一人で遊ぶのも楽しいですが、他人がプレイしている姿を後ろで眺めているのも楽しいので、来客用に一本あると盛り上がるタイトルだと思います。

PlayStation 4版『カウンターファイト SE』は配信中。価格は980円(税込)です。

吉田輝和のプロフィール:19年にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」などの人気漫画のモブキャラとして登場しており、2018年にはアニメ作品に2回登場した。何故こんなに漫画登場しているのか、描いた漫画家も吉田本人もよくわからないらしい。 吉田のTwitterはこちら
《吉田 輝和》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top