みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

本日より正式にワークショップ機能が実装されたBlizzard Entertainmentのチーム対戦シューター『オーバーウォッチ』。この機能を利用して、カードゲーム『UNO』が遊べるゲームモードを制作したユーザーが現れました。

家庭用ゲーム PS4
みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場
  • みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場
  • みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場
  • みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場
  • みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場
  • みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場
[Workshop] UNO Update 2.0 | Over 50 new locations on 25 maps! from r/Overwatch

海外ユーザーのochotonidaさんは、『オーバーウォッチ』に実装されたワークショップ機能を用いて、『UNO』が遊べるゲームモードを制作しました。

これまでもレースゲーム『Portal』の再現など、様々に工夫された遊びが展開されてきたワークショップ。ochotonidaさんによって制作された「UNO」では、文字通りゲーム内で「UNO」をプレイできます。

このゲームモードでは、全てのヒーローをアバターとして使用できるほか、25のマップから50のロケーションを選んでステージとすることが可能。エモートやスタンプを使用することもできるため、チャット以外のコミュニケーションも図れます。

このほか、スキップされるプレイヤーは「凍結」、他プレイヤーにカーソルを当てることで残カード数が頭上に表示されるなど、ゲーム展開をわかりやすくする工夫もなされているため、快適にプレイすることができるということです。

自分好みのキャラクター、かつ慣れ親しんだ『オーバーウォッチ』のマップで『UNO』を楽しんでみるのも面白いかもしれません。このモードが気になる方は、共有コード「WMVZC」で遊ぶことができるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ファイプロ ワールド』選手の「入場シーン」をカスタムできる新DLCが配信決定!

    『ファイプロ ワールド』選手の「入場シーン」をカスタムできる新DLCが配信決定!

  2. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  3. ハクスラ型アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』国内PS4向けに2020年1月30日発売決定!

    ハクスラ型アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』国内PS4向けに2020年1月30日発売決定!

  4. 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に

  5. ゲームフリーク最新作『リトルタウンヒーロー』発売!『UNDERTALE』Toby Fox氏がBGM提供する新感覚RPG

  6. 『ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション』スイッチ向けに発売―ゲラルトの旅路をいつでもどこでも

  7. PS4『Travis Strikes Again: No More Heroes Complete Edition』発売、Steam版は翌18日配信

  8. 『ファイヤープロレスリング ワールド』女子プロ「スターダム」とのコラボDLC発売

  9. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  10. 屋根上武術大乱闘アクション『Roof Rage』が正式リリース!日本語にも対応

アクセスランキングをもっと見る

1
page top