『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず

実装の日付は未定とのことです。

PC Windows
『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず
  • 『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず
  • 『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず
  • 『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず
  • 『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず
  • 『Wolfenstein: Youngblood』PC版「レイトレーシング」対応は発売時に間に合わず

2019年7月26日の発売が迫るFPSシリーズ最新作『Wolfenstein: Youngblood』のPC版における「レイトレーシング」の対応が発売時には間に合わないことが明らかになりました。

海外メディアVentureBeatが、開発元Machine Gamesのエグゼクティブプロデューサーを務めるJerk Gustafsson氏に実施したインタビュー内で、今年5月に対応が発表されていた「レイトレーシング」が発売時に利用できないことが明かされています。本作が「レイトレーシング」にどのように対応するかという質問に対する答えとして、現在「レイトレーシング」の実装に関してエヌビディアと共同で懸命に作業に当たっているものの、実装の日付は未定だということです。ただし、作業過程を見た限りではうまくいく見通しがあるとしています。

なお、対応予定が同時に発表されていた画像品質を保持したままGPUの負荷を軽減する「NVIDIA Adaptive Shading」に関しては、インタビューの質疑に入っておらず、発売時点で利用できるかは不明です。



ゲームを持っていないフレンドともプレイが可能な、使用無制限の「Buddy Pass」も含む『Wolfenstein: Youngblood』は、PC/海外PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチを対象に、現地時間7月26日発売予定。日本語PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ及びPCの日本語対応版は8月8日発売予定です。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

    映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

  2. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

    Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  3. 『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

    『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

  4. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  5. スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

  6. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  7. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  8. Win 10版『マインクラフト』美麗なレイトレーシング対応ゲームプレイ比較映像―これホントに『マイクラ』?

  9. 世紀末探索ADV『Some Distant Memory』発表!日本語も収録

  10. 極寒人狼サバイバル『Project Winter』ロール追加アップデート配信!新機能も多数

アクセスランキングをもっと見る

page top