【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ

『BEATS FEVER VRリズムステージ』で行われた中年同士のスタイリッシュ対決の行方は……?

家庭用ゲーム PS4
【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ
  • 【吉田輝和のVR絵日記】突っ突く音ゲーって新しい!『BEATS FEVER VRリズムステージ』でエクササイズ

今回プレイするのはサンソフトから発売された『BEATS FEVER VRリズムステージ』のPS4版。本作は、2本のPlayStation Move モーションコントローラー(以下:PS Move)を使うVRリズムアクションゲームです。

VRリズムゲームと言えば、去年のTGSで『Beat Saber』をプレイしたのですが、思いの外面白くて、記事執筆とか関係なくプライベートで購入しておりました。

VRゲームは、臨場感を大切にするタイプなので、いつも大げさに動いて汗だくになっています。


特に夏場だと大変ですが、今は9月に入って涼しくなってきているので、快適にプレイ出来るはず!

自分に向かってくるノーツを突っつけ!



ヘッドセットを装着し、早速プレイ開始……が、本編の前に軽いチュートリアルが入る。

画面奥からこちらに向かって飛んでくる物体・ノーツを、PS Moveで突く事で処理していくのがゲームの基本ルールのようだ。突く音ゲーってなんか珍しいな。


さあ突いてみろ!と言わんばかりに現れたノーツ。


地球外生命体と初めて遭遇するかの如く、おっかなびっくりで突っつく。

なるほど……。


チュートリアルを終え、楽曲を選んでゲームスタート!


近未来都市背景のステージだ。音楽が流れ出し、ノーツがこちらに迫ってくる。


悲鳴を上げてノーツにビビって避けてしまったが、そういうビックリ系のゲームではない。


イージー曲のはずなのだが、中盤になると結構な勢いでノーツが飛んできた。

突く動作のせいか、音ゲーというよりボクササイズをしている感じだな。


ノーツは上下左右、画面のあちこちから飛んでくるので結構忙しいのだが、曲の後半になるとなんとなくコツが掴めてきた!

10連続ノーツ乱れ打ちもなんなく処理をしてコンボを繋ぐ。まあイージー曲のおかげという事もあり、気持ち良くプレイし終えた。


プレイしている時の僕は、傍から見ればパントマイムのような動きなんだろうな……。

スタイリッシュに決めろ!友達と対決!



その後色んな曲をプレイしたのだが、ゲーム全体の難易度はそれほど高くない。同ジャンルの『Beat Saber』をプレイ済みという事もあり、自分ではかなり上達したと思っている。

今日はプレイ絵日記ですっかりお馴染みになった友人の大原君(既婚者の無職)が遊びに来てくれたので、彼にもプレイしてもらおう。

ただプレイするだけではつまらないので勝負をする事にした。スコア対決ではなく、お互いのプレイ中の姿を動画で撮影し、よりスタイリッシュな動きが出来た方が勝ちとする。

公平を喫するために、大原君の練習タイムを設けたのだが……


何故か強者の雰囲気を出す。

そういうのいいからさっさとやれ!



大原君の練習タイムを終え、早速勝負開始だ!先攻は大原君。


練習の成果を発揮してコンボを繋ぐ大原君。なかなか上手いじゃねえか……

大原君のプレイスタイルは、とにかく動きまくってノーツの取りこぼしを無くすというものだった。ただ、その動きがあまりにも早すぎて、あまりにも大げさな動作過ぎて……


ハイテンションでヲタ芸をする人みたいでちょっと引いた。

次は僕の番だ。

数時間プレイして気付いた事がある。ノーツは画面の上下左右、広範囲から迫ってくるので、少し後ろに下がった方が全体を見渡しやすいのだ。だが、離れすぎるとノーツを突くのに腕を大きく伸ばす必要があるので、疲れやすいという難点もある。


以上の点を踏まえ、どっしり腰を落として重心を低くする事により腕の疲れを軽減し、かつ全体を見渡せるスタイルを生み出したのだ!


さあおじさんのスタイリッシュ、目に焼き付けろ!

自分ではかなりスタイリッシュにキメたと自負している。プレイし終えて大原君が撮影してくれた動画を見てみると……


謎の暗黒太極拳の使い手みたいな動きだった……

動の大原、静の吉田。どちらも甲乙つけがたい格好悪さだったのだが、僕の暗黒太極拳姿は断トツだったので、勝者は……大原君!君も相当格好悪かったんだからな!


ちょっと久しぶりなVRゲームのプレイ絵日記でしたが、堪能出来ました!昔からWiiやKinectといった体を動かすゲームが好みなので、左右あちらこちらから飛んでくるノーツを体を動かしまくって突っ突く本作は、僕の好みとピッタリ合っていました。

ただ、プレイしていて1曲がちょっと長い印象を受けます。ノーツがひっきり無しに飛んでくるので、2~3曲プレイしただけで腕がかなり疲れてきました。

音ゲー初心者でも楽しめる難易度で、収録された曲数も多いので、マイペースかつ長く楽しめそうです。

『BEATS FEVER VRリズムステージ』はPS4/PCを対象に配信中です。

吉田輝和のプロフィール:19年にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」などの人気漫画のモブキャラとして登場しており、2018年にはアニメ作品に2回登場した。何故こんなに漫画登場しているのか、描いた漫画家も吉田本人もよくわからないらしい。 吉田のTwitterはこちら
《吉田 輝和》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  2. 『アサシン クリード オデッセイ』で埼玉県のスケールを間違えた話【コラム】

    『アサシン クリード オデッセイ』で埼玉県のスケールを間違えた話【コラム】

  3. 『ボダラン3』イベント“Bloody Harvest”アナウンス!『ボダラン2VR』Steam版発売日も公開

    『ボダラン3』イベント“Bloody Harvest”アナウンス!『ボダラン2VR』Steam版発売日も公開

  4. 『フォートナイト』バットマンコラボイベント開始、「ゴッサム・シティ」でグライダーを駆使して戦え!

  5. PS4版『Destiny 2』が基本無料に!『Destiny 2 「新たな光」』として10月2日から再登場

  6. 【吉田輝和の絵日記】ハイスピードメカACT『DAEMON X MACHINA』敵の装備を奪って最強の機体を作れ!

  7. 『ボーダーランズ3』最新ホットフィックス配信!各種バランス調整やバグ修正など

  8. 『Apex Legends』シーズン3がアナウンス!10月1日より開始、新レジェンド“Crypto”のオリジン映像も

  9. 初代『ドラクエ』&『II』&『III』スイッチ版発売決定!9月27日配信開始

  10. クロスプレイにも対応した『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』オープンベータが開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top