「あのゲーム原作映画は今……」公開前のゲーム原作映画&ドラマを大解剖! 『メタルギアソリッド』編 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「あのゲーム原作映画は今……」公開前のゲーム原作映画&ドラマを大解剖! 『メタルギアソリッド』編

読者の皆さん、映画やドラマはご覧になっていますか? 本連載では、発表済みのゲーム原作映画&ドラマをさまざまな角度から大解剖。第3回では、映画「メタルギアソリッド」に迫ります。

連載・特集 特集
「あのゲーム原作映画は今……」公開前のゲーム原作映画&ドラマを大解剖! 『メタルギアソリッド』編
  • 「あのゲーム原作映画は今……」公開前のゲーム原作映画&ドラマを大解剖! 『メタルギアソリッド』編
  • 「あのゲーム原作映画は今……」公開前のゲーム原作映画&ドラマを大解剖! 『メタルギアソリッド』編
  • 「あのゲーム原作映画は今……」公開前のゲーム原作映画&ドラマを大解剖! 『メタルギアソリッド』編

読者の皆さん、映画やドラマはご覧になっていますか? ひと昔前まで、ビデオゲームの実写化は「コケる」というのが俗説でしたよね。それも今は昔。近年では、デジタル技術の飛躍的な向上によって、ビデオゲームのような複雑な世界観も容易に描ける時代となったのです。ビデオゲームは漫画や文学のように、映画のベースとして多用される機会が以前にも増しているのです。

アリシア・ヴィキャンデルを主演に迎えた新生「トゥーム・レイダー」(2018)をはじめ、ドウェイン・ジョンソン大暴れの「ランペイジ 巨獣大乱闘」(2018)、渡辺謙も登場する「名探偵ピカチュウ」(2019)など、実力派のキャスト陣も顔を覗かせるようになりました。そこで本連載では、発表済みのゲーム原作映画&ドラマをさまざまな角度から大解剖。第3回では、映画版『メタルギアソリッド』に迫りましょう。

『メタルギア』ってどんなゲーム?



小島秀夫らが制作し、世界的なヒットを記録している『メタルギア』シリーズ。その第一作は、1987年にMSX2用ソフトとして発売されました。舞台は、1995年の南アフリカ。フォックスハウンドの新米隊員ソリッド・スネークは、武装要塞国家アウターヘブンが生み出したといわれる恐るべき最終兵器“メタルギア”を発見し、破壊するため、敵基地へと単身の潜入を試みます。

当初の企画では、従来のアクションスタイル(多彩な武器を駆使して撃ちまくる)に倣って、爽快なアクションゲームを目指していましたが、MSX2の処理能力では一度に多くの弾丸等を画面上に表示することは不可能でした。そのため、小島監督はあえて「戦闘を回避してやり過ごす」という、従来の発想とは真逆のアイディアで勝負。ステルスアクションという新機軸のゲームジャンルをいち早く確立しました。

ハード性能を逆手にとったゲームシステムは、日本はもちろん世界中で好評を博し、現在までに多くのシリーズが生み出されてきました。また、小島監督は大の映画マニアとしても知られており、監督が手がけたビデオゲームには映画作品からの影響が随所に見られます。現に、『メタルギア』シリーズはジョン・カーペンター監督の「ニューヨーク1997」(1981)に大きく影響されています。

現在までの製作状況は?


映画化の声が聞こえはじめたのは、2006年のことでした。ハリウッドでの実写映画化プロジェクトが最初にアナウンスされて、すでに10年以上が経過しています。しかし製作状況は定期的にアップデートされているため、企画自体はまだまだ生きている様子。企画が明かされた翌年の2007年には米ソニー・ピクチャーズの関与も明らかとなり、順調な出だしかと思われました。しかしその後しばらく大きな進展はなく、空白の時間が過ぎていきました。

2012年に入ると、本作の実写化プロジェクトが再浮上。製作には、かつてマーベス・スタジオの舵取りを務めた重鎮アヴィ・アラッド率いるアラッド・プロダクションズが名を連ね、監督には「キングコング:髑髏島の巨神」(2017)で一躍名を馳せたジョーダン・ヴォート=ロバーツが抜てき。ヒット作を手がけてきた一流スタッフが招へいされました。


また、ヴォート=ロバーツ監督は、2019年12月4日付のツイートで、マーベル映画「ブラック・ウィドウ」(2020)の予告に確認できるナターシャの白いコスチュームに言及。『メタルギアソリッド3 スネークイーター』に登場するザ・ボスの衣装に似ているという、独自の考察を展開します。その一連のツイートの中で、実写映画版『メタルギアソリッド』の新たな脚本原稿を提出したことを明らかにしました。

気になるキャスト&スタッフをご紹介



過去にはクリスチャン・ベールの出演などが噂されたりと、幾つかの不確定情報が流れましたが、現時点で本作の正式なキャスティングに関しては、具体的な発表がなされていません。いったい誰がスネークを演じるのか……ファンの間で議論が深まる中、自ら出演を熱望したのは、米俳優オスカー・アイザック

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015)から続く新たな3部作の中で、レジスタンスの凄腕パイロット、ポー・ダメロンを演じたアイザック。過去に米IGNのインタビューに応じた彼は、「例えばビデオゲームの実写化映画なら、どの作品に出演したいですか?」との問いに「『メタルギアソリッド』ですね」と回答し、映画版『メタルギアソリッド』の出演に意欲をみせました。果たして、この豪華なキャスティングは実現するのでしょうか。続報が待たれます。

また、映画版『メタルギアソリッド』の脚本には、「モンスターズ/新種襲来」(2014)のジェイ・バスと、「ジュラシック・ワールド」(2015)のデレク・コノリーが就任しています。次世代の脚本家によって、どのような物語が生まれるのか、こちらも期待されます。
《Hayato Otsuki》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top