Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』

兄弟による旅路を描いた『ライフ イズ ストレンジ 2』をレビュー。プレイヤー次第では、人生を写す鏡にもなりえる作品です。

連載・特集 ゲームレビュー
Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
  • Game*Sparkレビュー:『ライフ イズ ストレンジ 2』
!注意!本記事には『ライフ イズ ストレンジ 2』に関するネタバレが含まれています。




これまでの人生で、誰もが「運命」を感じずにはいられない体験をしたことがあるはず。降りかかる理不尽、思いがけない幸運、最高の出会い、最悪の別れ。長い旅路とも呼べる人生を、プレイヤーひとりひとりに対して鏡のように写し出すのがDONTNOD Entertainmentの『ライフ イズ ストレンジ 2』です。

本作は、「選択」と「運命」を軸にするゲームだけに、描かれる「物語」が重要な役割を担います。したがって、本レビューには前作の一部、そして本作エピソード2までのストーリーに関する軽微なネタバレが含まれていますので、閲覧の際にはご注意ください。これらに触れないよう、ストーリー部分についてはページを飛ばして読み進められる構成としていますが、挿入している画像などについては、少なからずゲームの仕様に触れた内容となることを予めご了承ください。

なお、 本レビューはPC(Steam)版を日本語DLC導入の上でプレイしたものになります。

兄弟の物語



本作では、ワシントン州シアトルに住む16歳“ショーン・ディアス”、9歳の弟“ダニエル・ディアス”の兄弟が主役。自動車整備士の父親と3人で暮らしていましたが、ある事件をきっかけに追われる身となってしまいます。謎の能力に目覚めた弟を抱え、ショーンは父の故郷であるメキシコの「プエルト・ロボス」に向かうことになる……というのが本作のあらすじです。豊かな自然、打ち捨てられた廃墟、熱砂の大地……出会いと別れを繰り返しながら、成長していく兄弟が描かれます。

前作『ライフ イズ ストレンジ』、そのスピンオフ『ビフォア ザ ストーム』とは緩い繋がりがあるものの、独立した作品として楽しめる設計。「知っていなくても楽しめるが、知っていれば更に楽しめる」というのが妥当なところでしょうか。

受け継いだもの



本作でも、3Dアドベンチャーらしいゲームプレイは健在。シンプルでわかりやすい操作でありながら、しっかりとゲームをプレイしている、という質感を楽しめます。シリーズの特徴であるエモーショナルなBGMも作品を彩る要素のひとつ。例えば、エピソード2で使用されているSufjan Stevens「Death with Dignity」はあるテーマに深く切り込んだ一曲で、郷愁を感じるほどに世界観を補強してくれます。

また、リアルになりすぎない柔らかな印象のグラフィックはさらに進化し、陰影や光の表現がパワーアップ。ディテールの向上に伴ってか、カメラワークにも変化が見られます。様々な場所を訪れ、豊かな景観を楽しめるというのも本作の特徴のひとつです。


体験版という位置付けの短編『オーサム・アドベンチャーズ・オブ・キャプテン・スピリット』が無料で配信されています。本作に繋がる物語を楽しみながら、システムを体験できます。『2』から楽しみたい方にも敷居が低く、世界観に入り込みやすいと言えるでしょう。

ギミックとしての「兄弟」



プレイヤーが操作するのは兄のショーンですが、物語の鍵を握るのは弟のダニエルです。彼の幼さ、そして超能力(テレキネシス)が本作のメインギミックとなっています。ダニエルの成長はプレイヤーの選択にかかっていますし、ときには彼のテレキネシスが道を切り拓く鍵に。切っても切れない絆で繋がっている兄弟をうまくシステムに落とし込んでいます。

ただし、前作の超能力のような直接さはなく、「時間を戻してやり直せる」に匹敵するほど便利な能力ではありません。前作を体験した身からすれば、地味とすら言えるでしょう。それでも、ゲームという媒体で本作が展開される理由として、選択システムと並び立って機能しています。

16歳のショーンなら自分の判断で力を使うこともできるでしょうが、能力を手にしたのはダニエルです。もちろん、ある程度は言うことを聞いてくれますが、彼もひとりの人間なので自分の価値観に基づいて拒否することもあるでしょう。つまり、プレイヤーが自由にできない場所に能力があると言い換えることもできます。

先述の通り、本作では兄弟の物語が描かれています。ショーンの選択と同じようにダニエルの選択も運命を左右する要因のひとつ。ダニエルは育ち盛りの9歳でいたずらやごっこ遊びが好きだったりと、まだまだ子ども。彼の手本となり、その価値観を決定するのは彼の兄であるショーンの選択なのです。

操作キャラクターのショーンは言うまでもなくプレイヤーの写し鏡です。彼がプレイヤーに抗って行動し始めれば、ゲームの表現として別の意味を生みかねません。テーマと隣接する「家族」であり、価値観の定まりきっていない9歳の「弟」であるダニエルが選ばれたのは、システムと脚本の両面でスマートと言えるのではないでしょうか。

覚悟がいるプレイ時間



ストーリードリヴンのアドベンチャーゲームゆえに、1プレイにかかる時間が非常に長く、場面をひとつ進めるごとに30分は画面の前から離れられない、という印象です。メニュー画面を表示することでポーズ状態にしておくこともできるほか、そこからゲームを終了することも可能ですが、チェックポイント以後の記録は保存されないのでおすすめはできません。

できれば一息にエピソードをひとつクリアしてしまいたい……というのが本音ではあるものの、駆け足でプレイしたとしてもひとつのエピソードあたり約3時間はかかります。後述しますが、扱うテーマや物語の展開が重たいこともあって、プレイするのに覚悟がいる作品と言えるでしょう。しかし、裏を返せば、それだけ濃密な時間を過ごせるということでもあります。

今作でも、エピソードごとに挿入される“前回までのあらすじ”はしっかりと物語を振り返らせてくれます。ドラマのようなスタイルではなく、作中に登場する「兄弟狼のお話」に変更。より世界観に沿ったもので、各エピソードにおける楽しみのひとつになっているとも言えるでしょう。

熱の入ったローカライズ


本作のローカライズは、雰囲気を壊さないように細心の注意が払われています。文書は全て日本語訳で読むことができますし、字幕のフォントも世界観に沿っています。ちょっとしたかけ声や呻き声以外は、音声もフルボイスで吹き替えられていて、物語を自然に受け容れられました。個人的な好みかもしれませんが、特にプレイヤーキャラクターであるショーンはプレイするほどに思い入れが深まり、熱のこもった演技力を感じます。




《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top