亡くなった恋人を『スカイリム』のNPCに―残された女性のメッセージにベセスダが答える | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

亡くなった恋人を『スカイリム』のNPCに―残された女性のメッセージにベセスダが答える

『スカイリム』が大好きだった亡くなった恋人のために、ある女性がベセスダ・ソフトワークスに送ったツイートが反響を呼んでいます。

ゲーム文化 その他
亡くなった恋人を『スカイリム』のNPCに―残された女性のメッセージにベセスダが答える
  • 亡くなった恋人を『スカイリム』のNPCに―残された女性のメッセージにベセスダが答える

ベセスダ・ソフトワークスによる『スカイリム(The Elder Scrolls V: Skyrim)』のあるプレイヤーのツイートが反響を呼んでいます。 9月1日、プレイヤーネーム“Raven”さんは「私の恋人が亡くなる前の最後の投稿です」と、恋人であった故Colton “Colt” Meredithさんによる「スカイリムの世界に行けるなら他に何もいらないさ」というFacebookの投稿画像をシェアしました。

同ツイート内で“Raven”さんは、「そのことが心に残っていて、数年ぶりに『Skyrim』を起動して彼を作ったんです」と語っています。そして、亡くなった恋人の見た目を再現したキャラクターのスクリーンショットと「もしNPCとして登場させてくれるのでしたら、彼にとっては何事にも代えがたいことでしょう」というメッセージをベセスダのツイッターアカウントへ向けて発信しました。


すると、このツイートに対して同社は“Raven”さんに、「ツイートを拝見しました。心よりお悔やみ申し上げます」「もし名前や彼のことを詳しく教えてくださるのでしたら、できるかぎりのことをしてみましょう」と述べ、そして「『The Elder Scrolls VI』に彼を登場させるためにできることをしたいです」と前向きな返答を送っています。

『The Elder Scrolls VI』の詳細についてはまだ何年も先になると、今年5月に同社SVPのPete Hines氏がツイッター上で明かしています。しかし、いずれ“Raven”さんが『The Elder Scrolls VI』の世界で、ふたたび恋人に出会える日がくるかもしれません。
《ロラルロラック》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

    日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

  2. 「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

    「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

  3. 最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

    最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

  4. また『DOOM』が予想外の機械に移植されてしまった―今度は電動歯ブラシに登場

  5. 2024年2月に世界で最も視聴されたTwitchストリーマートップ10に釈迦と加藤純一がランクイン…女性ランキングではぶいすぽっ!「橘ひなの」も

  6. 千葉のプロeスポーツチーム代表が“失踪”―チームは解散へ…『Apex Legends』や『スマブラSP』など4つの部門で計17名が新たなチームを探すことに

  7. 若い人にはわからない?昔は当たり前だったゲーマーの“慣習”いろいろ…説明書熟読から体験版ディスクまで、懐かしさに思いを馳せる

  8. 4月12日の配信迫るドラマ版「Fallout」は“ほぼ『Fallout 5』”!? 正史にも仲間入りする映像作品

  9. 「Xbox Partner Preview」3月7日配信―カプコン新作『祇 -Path of the Goddess-』ゲームプレイなど12以上の新トレイラー公開

  10. 日本人って語尾に「〇〇」ってつけてるの…?配信者好き海外ユーザーが感じたとある“勘違い”

アクセスランキングをもっと見る

page top