本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー

シンプルながらもカラフルで美しいビジュアルが特徴です。

連載・特集 特集
本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー
  • 本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー
  • 本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー
  • 本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー
  • 本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー
  • 本作の半分ほどはカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で開発―俯瞰視点レース『art of rally』開発者ミニインタビュー

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Funselektor Labs開発、PC/Mac/Linux向けに9月23日リリースされた俯瞰視点レース『art of rally』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、美しいビジュアルが特徴の俯瞰視点のレースゲームです。かつてラリーシーンを彩った、1960年代から80年代のグループBからSまでの特徴的な50台以上の車が登場。キャリアモードでは、フィンランド、サルディーニャ、ノルウェー、日本、ドイツまでの総数60ステージによりラリーの黄金期を追体験できます。日本語にも対応済み。

『art of rally』は、2,570円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

DuneFunselektorのDuneです。私たちはカナダ・バンクーバーを拠点とする小さな開発スタジオで、私のキャンピングバンの中が主な仕事場です。チームの他のメンバーは、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパ、アメリカと、世界各地にいます。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Dune2015年、ミニマリスティックなドリフトゲームであり、私のデビュー作である『Absolute Drift』をリリースした後に本作の開発がスタートしました。私は『Colin McRae Rally』シリーズや他のレースゲームをプレイして育ちましたので、いつか自分でも同じようなゲームを作ってみたいと思っていたのです。『Absolute Drift』はクリアすると本作のヒントを見ることができますので、実際に作らなくてはいけないように自分を追い込んでいました!『Absolute Drift』のような感じでラリーゲームを作るのはとても難しく、本作の開発には何年もの勉強と実験が必要でした。

2017年、私はカーゴバンをベースにキャンピングバンを作り、机と電源を取り付けました。ですので、本作の半分ほどは私がカナダ、アメリカ、メキシコを旅しながらバンの中で作ったことになります。旅の中で見た美しい景色が、本作の背景にも生かされていますし、このようなゲームの作り方というのもクレイジーで楽しかったです。


――本作の特徴を教えてください。

Duneハンドリング、アートスタイル、そしてサウンドトラックが本作を特徴付けているでしょう。本作のハンドリングは『Absolute Drift』のシステムと同じもので、本物の車の挙動をシミュレーションしていますので、本物の車の運転スキルが要求されます。とはいえ、ゲームとシミュレーションの中間のように調整しています。

アートスタイルはミニマリスティックで、自然を独特なスタイルで描いています。シンプルな形や明るい色を採用しているので、迷ってしまうようなことはありません。

サウンドトラックはTatrealによるもので、シンセウェイヴスタイルです。エネルギッシュで、楽しく、アグレッシブで、80年代の音楽を思い出させます。車の激しい走りや明るい色のランドスケープを盛り上げながらも、耳障りにならず、ゲームに集中できるのではないでしょうか。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Dune本作は『Absolute Drift』と『Colin McRae Rally』シリーズ、そして『Dirt』シリーズから多大な影響を受けています。また、初代『GRID』と『Lonely Mountains: Downhill』の影響もありますし、シモン・ストーレンハーグによるアートスタイルとランドスケープにも影響を受けました。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Dune感染拡大が始まった時、当時唯一の開発者だった私はアリゾナ州フェニックスにいました。ちょうどビザが切れそうだったので、カナダに戻らなくてはならないという状況でした。その後、オーストラリアとニュージーランドの開発チームを雇ったのですが、彼らは3月からロックダウンすることになり、大変だったと聞いています。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Duneはい、自由にしていただいて結構です。制限はありません!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Dune私たちが作るゲームは、日本からの影響が多くあります。『Absolute Drift』にも日本のロケーションがありますし、本作ではサクラの木や峠道が登場します。今年、京都で行われるはずだったBitSummitにはパンデミックのため参加できませんでしたが、いつか皆さんの住む美しい国を訪れたいと思っています。もし私たちを日本で案内(とドリフトイベントの紹介)をしていただけるような読者の方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。ステッカーをプレゼントしますよ!

――ありがとうございました。



◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に300を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。
《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top