カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに

基本的なゲーム内容に違いは無いものの、頭部の欠損表現は無し。

家庭用ゲーム PS5
カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに
  • カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに
  • カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに
  • カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに

カプコンは、2021年5月8日に発売予定のサバイバルホラー最新作『バイオハザード ヴィレッジ』における、日本国内版と海外版の差異を明らかにしました。カプコン公式サイトのサポート情報ページ内Q&Aでは次のように伝えられています。

日本国内版と海外版で表現に差異はありますか?


日本国内では、17歳以上を対象とした『バイオハザード ヴィレッジ』(CEROD版)と、18歳以上のみを対象とした『バイオハザード ヴィレッジ Z Version』(CEROZ版)が発売されますが、基本的なゲーム内容に海外版との違いはありません。

ただ、各仕向け地のレーティング機構の規定に準拠した内容とするため一部の表現に差異がございます。

主な違いは下記のとおりです。

(CERO D版、Z版共通)
・日本国内版では頭部欠損表現がありません。
・日本国内版は海外版と比較して出血表現が軽減されています。

日本国内版は、Z区分であってもCEROの定める禁止表現に抵触する表現は含めることができません。
海外版に含まれる表現はCEROの禁止表現に該当するものもあるため変更を行っています。

また、『バイオハザード ヴィレッジ』(CERO D版)は、『バイオハザード ヴィレッジ Z Version』(CERO Z版)よりも更に暴力表現が抑えられた内容となっております。

なお、禁止表現の詳細につきましてはCEROの公式サイトより「倫理規定 別表3」にてご確認いただけます。
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

    『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

  2. 新たな『バイオ』コラボや新キラー&サバイバー発表!『Dead by Daylight』6周年まとめ―「進撃の巨人」コラボなど他にも情報盛りだくさん

    新たな『バイオ』コラボや新キラー&サバイバー発表!『Dead by Daylight』6周年まとめ―「進撃の巨人」コラボなど他にも情報盛りだくさん

  3. 新生PS Plusではクラシック作品にもトロフィーが?PS1『サイフォンフィルター』のトロフィー対応が明らかに

    新生PS Plusではクラシック作品にもトロフィーが?PS1『サイフォンフィルター』のトロフィー対応が明らかに

  4. 延期していた世界滅亡後サバイバル『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の国内版発売日が決定!

  5. コズミックホラーアクションRPG『DOLMEN(ドルメン)』発売!数多の困難が待つ惑星で生き残れ

  6. 畑でゾンビを栽培できる自給自足サバイバルACT『DEADCRAFT(デッドクラフト)』配信開始!

  7. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

  8. 『ワンダーランズ』DLC第2弾「くいしん坊!断罪」リリース―複数の調整を含むアップデートも配信

  9. 「PS5」の販売情報まとめ【5月20日】―「ビックカメラ.com」の抽選締切が目前! 希望者はお早めに─他3件の受付が展開中

  10. PS5専用の『ファイナルソード』がPS4版のリリースも計画中!Xbox版は現在未定

アクセスランキングをもっと見る

page top