ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】

子猫が…飼いたくなります…

連載・特集 特集
ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】
  • ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】
  • ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】
  • ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】
  • ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】
  • ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】
  • ミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』―野良の子猫が自分の家を見つける物語【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、YAW Studios開発、PC向けに2月26日にリリースされたミニマル記憶パズル『Hidden Memory - Neko's Life』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、癒しにフォーカスしたシンプルな記憶パズルシリーズの2作目。最初に表示される図形の変化を覚え、それをすべて当てはめることでネコの絵が現れます。開発はシンプル狙撃ゲーム『Geometric Sniper(インタビュー)』を作ったブラジルのスタジオ。日本語にも対応済みとありますが、本作にテキストはなく、これに対して開発者は「ストレスというのはグローバルなものなので、世界中の誰でも楽しめるように配慮した」とのことです。

『Hidden Memory - Neko's Life』は、100円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。

AislanYAW StudiosのCEO兼クリエイティブディレクターのAislanです。昔からゲームとコンピュータへの情熱を持っており、何でも出来るファンタジーの世界に没頭するのが大好きです!

YAW Studiosはブラジルの小さなスタジオで、私たちは空いた時間を使って開発を行っています。ゲーム開発は大好きですが、生計を立てるための別の仕事もしており、当スタジオのために使える時間はそれほど多くありません。私たちの目標は、当スタジオの活動だけで生活できるようにするということです。皆さんからのサポートや応援の声が励みとなっています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Aislan本作は『Hidden Memory』シリーズの2作目になります。1作目はコミュニティからとても好評をいただいたことから、2作目の開発に着手することとなりました。本作ではバックグラウンドストーリーがあり、野良猫である子猫が自分の家を見つけるまでが描かれます。

――本作の特徴を教えてください。

Aislan本作は、前作で好評だったものをすべて残しつつ、いただいたフィードバックを反映させたものとなっています。パズル、音楽、そして絵が合わさり、プレイヤーを楽しく、リラックスでき、ストレス解消できる雰囲気に誘うのです。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Aislanはい。本作はシリーズ2作目になるので、シリーズの特徴である楽しく、リラックスでき、ストレス解消になる、という要素を受け継いでいます。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

AislanYAW Studiosのメンバーは全員リモートで開発を行っているため、パンデミックによる影響はありませんでした。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Aislanはい、お願いします!ストリーマーの方々は、私たちにとって自分たちのゲームを広めてくれるとても大きな存在です。私たちのような小さなスタジオにとってはすごく助かるのです。よろしくお願いいたします!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Aislan私はマンガを読み、アニメを見て、ゲームをプレイして育ちましたので(アニメは今でも見ていますが)、日本と日本文化が大好きです!いつか日本に行くことが出来るよう、一生懸命働いています。日本に行くことができれば、まさに大きな夢が一つ叶うことになるのです!

ブラジルの小さなスタジオが作った本作を、日本の方にも遊んでいただけると嬉しいですし、感謝してもしきれません!本作がその作った目的を達成し、皆さんに楽しく、リラックスでき、ストレス解消のお役に立てれば幸いです。

私たちの経歴と私たちのゲームについてお話する機会をいただき、感謝いたします。ぜひお気軽に私たちのSNS(Twitter/Facebook)やSteamページをフォローしてくださいね。これからも新しい情報をどんどん発信していきたいと思っています!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に400を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top