フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】

『FF7R』特集第2回はスラム街を中心にお届けします。

連載・特集 特集
フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】
  • フリープレイ提供中『ファイナルファンタジーVII リメイク』で学ぶ英語表現 第2回:セブンスヘブン編【ゲームで英語漬け#49】

PlayStationのサブスクリプションサービス「PlayStation Plus」では、3月度のフリープレイで『ファイナルファンタジーVII リメイク』が提供中です。「ゲームで英語漬け『FF7R』特集」の第2回は、第3章からの第5章までの7番スラム街を中心に取り上げます。途中で聴ける「忠犬スタンプ」の歌唱もちゃんと英語に切り替わっていました。

興味なくてもやるしかない!『ファイナルファンタジーVII リメイク』
第1回:爆破ミッション編

練習問題の解答


Tifa: sweet. When did you get so thoughtful?
Cloud:A guy can change. Has been five years.

ティファ:きれい…いつからそんな親切になったかなあ?
クラウド:5年も経ったんだ、変わりもするさ。

英語版台詞集 CHAPTER 3~5


Tifa:“It's not what you know, It's who you know.”y'know?
Cloud:Hmph, another lesson for life on the ground floor?

ティファ:「何を知っているかでなく、だれを知っているかが肝心だ」ってこと。
クラウド:ふん、それもスラムの教えか?



Wedge:Like they say:“The only one who'll look out for you is you.”

ウェッジ:「自分の味方は結局自分だけ」ッスよ。

“look out for”で「見守る」「気にかける」「味方をする」の意味。



Biggs:I could mod it for you.
Cloud:No thanks. It's fine just the way it is.
Biggs:You some kind of a purist?

ビッグス:よかったら改造してやるぞ。
クラウド:結構だ。今のままで問題ない。
ビッグス:なんだよ、潔癖屋か?

謎の決め顔ポイント。曲名にも「Just the way you are(素顔のままで)」があるように、“just the way ~ is”で「今のまま」になります。



Biggs:Think about it for a second. They haven't seen each other in years. You'd be a third wheel!

ビッグス:少しは空気読めよ。何年も会ってなかったんだ、邪魔しちゃ悪いだろ!

3人で集まったけれど2人が仲が良くて自分は除け者になる。そんな時に使うのが「The third wheel」です。バイクや自転車に例えて、3つ目のホイールは邪魔というわけです。



Chadley:And if you later decide that I am not worthy for your trust, you can do what you do best.
Cloud:I'll hold you to do that.
Chadley:Excellent! Then we shall work together as long as you deem fit.

チャドリー:信用するに値しないと思ったなら、そのときは煮るなり焼くなりして結構ですよ。
クラウド:考えておこう。
チャドリー:素晴らしい!ではお役に立てる間は協力するということで。



Wymer:There's this crazy story about a Shinra research lab hidden right beneath our feet--under the slums.
Cloud:Huh. Really...? That's news to me.

ワイマー:神羅の秘密研究所が地下にあるなんて与太話もあるぞ―まさにこのスラムの下だ。
クラウド:そうなのか?初耳だな。

“That's news to me.”は相手が話題を振ってきたときに便利なフレーズ。丸覚えで相づちに使いましょう。



Barret:Double time, Tifa.

バレット:早くしろ、ティファ。

バレットがよく使う”Double time”は軍隊などで速足のことを指します。「急げ」「さっさとしろ」のように上から指示を出す感じです。



Jessie:If I've got to put my life in someone else's hands...Then...I'd rather that someone was professional. Like you.

ジェシー:どうせ命を預けるんなら…プロに徹してくれる人がいいな。きみみたいなね。

“I've got to ~”で「~しなければならない」の意。“I have to”とほぼ同じです。



Tifa:I know we have to think big if we're going to make a difference. But not like this. I feel trapped.
Cloud:If it feels wrong, don't do it.

ティファ:現状を変えるには大きな目で見なきゃって分かってる。でもこんなのじゃない。八方塞がりだよ。
クラウド:間違ってると思うなら、やるべきじゃない。

成り行き任せでなく自分の働きかけで状況を変えたいとき、次のステップへ進むような大きな変化を望むときに“make a difference”を使います。



Cloud:I told you before...That depends.

クラウド:さっきも言ったが…「場合による」だ。



Jessie:An apology. For not getting you on the mission. Or not. What do you think?
Cloud:A proposition.
Jessie:Nailed it in one.

ジェシー:これはお詫び。作戦に入れられなかったから―じゃなかったら何だと思う?
クラウド:…依頼か。
ジェシー:ご明察!

釘を狂い無く打ち付けることから“Nailed it”で「完璧!」などの褒め言葉になります。



Biggs:So--seeing as we don't have any family of our own...How about you let us be a part of yours for a bit? You know, spread the wealth.

ビッグス:俺たちには自分の家族がいない…だったら少しの間おたくの家族にしてくれないか?富を分配せよ、ってな。

ジェシーがプレート上の出身だと明かされるシーン。ジェシーがスラムとは違う上流育ちだと意識せざるを得ないところですが、ビッグスとウェッジは格差問題のスローガン“Spread the wealth”で前向きにイジります。



Biggs:Worked her ass for years until finally she caught a break. Top billing. Parents were thrilled.

ビッグス:日の目を見るまで何年も努力した。そしてついに主役だ。ご両親も大喜びさ。

「billing(チラシ)」の一番目立つ場所に名前が載るので「Top billing」で主役を意味します。



Tifa:When we're older and you're a famous SOLDIER...if I'm ever trapped or in trouble...Promise you'll come and save me.

ティファ:大人になったとき有名なソルジャーになって…もしも私が捕まったり大変な目にあってたら…助けに来てくれるって約束して。

If文の中にある「ever」は、「もしも」「いつか」のように可能性の低いことを含ませる機能があります。



Wedge:Look what I found. Let's give the jerks a taste of their own medicine!

ウェッジ:こんなの見つけたッス。こいつで一泡吹かせてやるッスよ!

“Taste of their own medicine”で「自業自得」「やられたお返しをする」という慣用句です。相手の行いが普段から悪いのがポイントですね。

ちなみに類似の「やられたら~」は“If you hurt me, I’ll get you back...with double the payback!”です。



Tifa:I know, I know. But that doesn't mean I don't have butterflies in my stomach.

ティファ:わかってるってば。だからって落ち着けるわけじゃないんだから。

列車のIDスキャンに緊張しているティファ。「そわそわする」「落ち着かない」を“butterflies in my stomach(おなかの中の蝶)”と言います。



Barret:Speaking of which...what would you say that last one looks like?
Tifa:Huh? Uh... Well...
Cloud:Looks dead now.

バレット:そうだなあ…さっきのやつは何だと思う?
ティファ:え? えっと…。
クラウド:「ただのしかばね」だ。

「例えなくていい」と素っ気なかったところが、英語では独自のドラクエネタに。”No response. Looks dead.”

練習問題:次の台詞を訳しなさい。


Cloud:Just hold tight. will you?
Jessie:I might be falling after all...Psych!

何故かモテる男、クラウド。積極的にアプローチを書けてくるジェシーの恋は報われるのでしょうか。

《Skollfang》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top