『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】

人気マルチプレイヤーゲームの続編です!

連載・特集 特集
『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】
  • 『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】
  • 『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】
  • 『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】
  • 『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】
  • 『ボンバーマン』×『ガントレット』な8人対戦アクション続編『Knight Squad 2』は、『スプラトゥーン』などに影響を受けた新モード満載!【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Chainsawesome Games開発、PC/スイッチ/Xbox Series S|X/Xbox One向けに4月14日にリリースされたマルチプレイアクション『Knight Squad 2』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、誰もが気軽に楽しめるマルチプレイアクション第2弾。シンプルなルールと操作性、多種多様なゲームモード、クロスプラットフォーム対応のローカル&オンラインマルチプレイなどが特徴です。日本語にも対応済み。

『Knight Squad 2』は、1,520円で配信中(Steam)。



――まずは自己紹介をお願いします。

Laurent Mercure氏(以下Laurent)Laurent Mercureです。3人の子供の父親であり、Chainsawesome Gamesではすべてのコミュニケーションとコミュニティマネジメントを担当しています。私の役割は、すべての人たちに私たちのゲームを最大限に楽しんでいただくことです。当スタジオはカナダ・ケベックを拠点とする6人の小さなスタジオで、2012年から活動しています。シンプルで手軽に友達と遊べるゲーム開発を行っています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Laurent本作はもちろん、私たちが2015年にリリースした『Knight Squad』の続編です。前作のプロトタイプは2013年のゲームジャムで作成されましたので、本作のリリースはまさに長い旅路だったと言えるでしょう。前作は米国のXbox市場でかなり成功し、2019年にもまだたくさんの方に遊んでいただいていました。そういうこともあり、私たちはこのシリーズにもう一度立ち帰り、もう一歩先に進めようと思ったのです。こうして、本作の開発を2019年4月に開始し、2年間の開発期間を経て、リリースすることができました。

――本作の特徴を教えてください。

Laurent本作の特徴の一つは、アーケードゲーム時代にインスパイアされたということだと思います。遊んでみるのは簡単で、ゲームが上手い人も下手な人も、一緒に楽しむことができます。それに本作には13のゲームモード、97のバトルアリーナ、そして様々なカスタマイズが存在するので、友達と遊んでいればやることがなくなるようなこともないでしょう。オンラインマルチプレイヤーはクロスプラットフォームにも対応し、ソファに座って友達と盛り上がりながら遊ぶ感覚を再現しようとしました。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Laurentもちろんです。前作は『ボンバーマン』と『ガントレット』をミックスさせたというのが売りでした。『ボンバーマン』のシンプルで楽しいマルチプレイヤーと、『ガントレット』の中世要素を融合させたのです。それだけではありません。多くのゲームモードを搭載するため、『スプラトゥーン』や『オーバーウォッチ』、『Dota』と言った最近のゲームからも影響を受けています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Laurent新型コロナによる開発への影響はさほど大きくありませんでした。私たちはわずか6人という小さなチームですし、それぞれがとても自主的に開発を行っています。パンデミックが始まった時点で、すでにリモートワークの環境は出来上がっていたのです。しかし、本作のマーケティングは新型コロナの影響を大きく受けたと思います。本作は知らない人ともいきなりプレイして楽しめるというのが売りでもあるので、いくつかのゲームショウに本作を出展する予定だったのです。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Laurent私たちのゲームを使ってコンテンツを作っていただくのは大歓迎ですし、ぜひ多くの人にやってもらいたいです。収益化についても、禁止する理由はありませんし、ぜひやって欲しいと思います。本作の配信を面白いものにする要素の一つが、体験版を使って友達を誘い、一緒にプレイできるということです。本作はパーティーゲームですので、友達と気軽に遊ぶことができるというのが本作一番の特徴なのです。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Laurent本作に興味を持っていただき、ありがとうございます!もし友達や家族と一緒に本作をプレイする機会がありましたら、素晴らしい時間を過ごすことができることをお約束いたします。そうなる前、良い意味で本気になってしまうかもしれませんが!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に400を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top