青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】

2021年7月29日に、サイバーコネクトツーよりSteam版が配信されたひりつくバランスが魅力の『戦場のフーガ』について生の内容をお届けしたいと思います。

連載・特集 プレイレポート
青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】
  • 青春を戦争に捧げた子供たちの物語。ひりつくバランスのRPG『戦場のフーガ』【爆レポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回は2021年7月29日に、サイバーコネクトツーよりSteam版が配信された『戦場のフーガ』について生の内容をお届けしたいと思います。


『戦場のフーガ』とは

物語の舞台は擬人化されたケモノたちが住まう世界。自由の地ガストと呼ばれる国とベルマン帝国の二国が終わらない戦争を行い続ける中、辺境にある村へベルマン帝国が攻め入り村人を唐突にさらっていく事案が発生します。村の子供たちはラジオから聞こえる声を頼りに村の外れの山へと逃げ込みますが、そこには謎の大型戦車タラニスが安置されていました。

子供たちの思いに応えるように動き出した戦車により、運良く逃げ出せた6人はラジオから聞こえる謎の声を頼りに連れ去られた村人を救出するためベルマン帝国の領土へと歩を進めることになります。

ひりつく戦闘バランスと幕間の静の安らぎ

本作品は三つのパートに分かれており、マップ進行とインターミッション、戦闘を繰り返して最後にあるボス戦をクリアすることで、シナリオを進めていく形になっています。マップ進行ではマップ上のイベントを消化し、時には分かれ道を選び進んでいきます。進行ルートは難しいほど手に入るアイテムや強化に使用するパーツの取得量が優遇されたりといったメリットがあります。ただし、難しいルートは文字通り難しく撃墜されるリスクも非常に高いため、気軽に突っ込むと簡単にゲームオーバーとなってしまいます。

そのため幕間やボス戦前には必ずインターミッションが存在しており、施設での戦車の強化や食事、仲間同士で会話することで親愛度を重ねることで戦闘でのパフォーマンスを向上することが可能です。親愛度は重ねることで、それぞれキャラクター同士の連携の強化やステータスの強化が行われるのですが、戦車の強化も含め決められたAP内でしか行動できないため何を行うかは考えて行動をする必要があります。

インターミッションでは、それぞれやりたいことが集約されており、叶えて上げることで絶好調になり次回戦闘でプラスの効果があります。

そして、本作品の一番のキモでもあるのが戦闘パートになります。戦闘パートではキャノン・グレネード・マシンガンの3武装が、それぞれの子供たちにあてがわれており、子供をどう配置するかで武装もサポート効果も変化します。

戦闘では基本的に1対1だけでなく複数体との戦闘もあり、相手にはそれぞれの武装の弱点などもあります。弱点に対応した攻撃を行うと次の行動が後ろに回されて順番が遅くなるというメリットがあるため、画像であればグレネードで攻撃すると、こちらが有利に行動できるわけです。画面上のゲージがコマンド順になっており戦闘中は常に把握が可能です。組み合わせたキャラクター同士の親愛度が高ければ協力攻撃もできるようになり、戦況がひっくり返る場合もあったりしますが、何も考えずに組み合わせると通常戦闘ですら苦労する場合もあり、本作品では非常に重要となっています。

また、ボス戦のみ最終兵器であるソウルキャノンが発射可能となります。HPが半分を切ると使用可能になる文字通りの最終兵器となっており、その威力は絶大でメンバーである子供を一人の命を文字通り消化します。更に、消化されるメンバーはプレーヤーが自分で選択する必要があり、選択したメンバーは今後二度とゲーム中には出てきません。

しかもこのソウルキャノンはボス戦で割と高い頻度で使うことを謎の声に煽られるため、ギリギリのバランスで成り立っている戦闘下であると、つい打ちたくなってしまう衝動に駆られるのも憎い仕様になっているなと感じました。

キャラクターに愛着が沸くほど駆られるジレンマ

本作品は同社の過去作品である『テイルコンチェルト』から続くリトルブロンクスと呼ばれる世界観を踏襲した作品となっていて、イヌヒト族とネコヒト族と呼ばれる人種で構成された世界となっています。

それぞれのキャラクター毎の組み合わせでもイベントがあるのですが、その他イラストなど収集要素も溢れており、見た目の愛くるしさの反面、シナリオは常に重く進行していきます。その上前述のソウルキャノンの仕様であったりと、進む度に激化するギリギリのバランスの戦闘と合わせてジレンマに苛まれます。

DLCに含まれるコスチュームを変更すると一部属性の方向けの仕様となっているなど、オマケも結構力が入っています。

今回は爆速プレイレポ枠のため急ぎ足での紹介になってしまいましたが、ゲームタイトルと見た目からは正直ここまで重い話だと思ってなかったので良い意味でも想定外でした。ストラテジー作品が好きな筆者としても止め時が難しく、どんな戦闘でも油断ならない本作品は正に好物ともいえるタイトルだったため、個人的にも最後までこのままプレイしたいと思います。

彼らを導く謎の声に巻き込まれた子供たちは果たしてどうなるのか、この先はあなたたちの目で確かめてみて下さい。

タイトル:戦場のフーガ
対応機種:PC(Steam/Epic Games ストア)/PS4/PS5/Xbox One
記事におけるプレイ機種:PC(Steam)
発売日:2021年7月29日(Steam版)
記事執筆時の著者プレイ時間:20時間
価格:4180円



《rate-dat》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top