『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加

バックエンドやModサポートなどのプロジェクトを担当予定。

ゲーム文化 Mod
『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加
  • 『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加
  • 『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加
  • 『サイバーパンク2077』Modツール「WolvenKit」制作者がCD PROJEKT REDに参加

ウィッチャー3 ワイルドハント』や『サイバーパンク2077』の非公式Modツール「WolvenKit」の制作者であるHambalkó Bence氏は、Köte Ákos氏とともに設立した会社Yigsoft developmentの下で、同氏含め他数名とともにCD PROJEKT REDに参加することを、ModコミュニティーのDiscordチャンネルにて明らかにしました。

CD PROJEKT REDからの正式発表はまだ行われていないものの、『サイバーパンク2077』のバックエンドやModサポートに関連する様々なプロジェクトに取り組む予定とのこと。Bence氏は「私たちは本当に興奮しており、サイバーパンク2077を次のレベルに引き上げるお手伝いができればと願っています」と語っています。


《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  2. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

    『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  3. 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

    私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

  4. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  5. あの問題作『POSTAL』のドリームキャスト移植版が完成! 日本語音声も収録して6月発売予定

  6. あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場!

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト…セガの大ヒット家庭用ゲーム機3種が1/2スケールのワイヤレス充電器になって登場!

  9. ガンダムゲーム配信番組「GUNDAM GAME FEST」5月27日午前7時配信―『SDガンダム バトルアライアンス』『GUNDAM EVOLUTION』などの最新情報公開

  10. SFC互換機DIYキット「超ファミつく」は6月2日発売!こだわり外観もアイディア次第

アクセスランキングをもっと見る

page top