2021年海外レビューハイスコアを獲得したのはどのゲーム?上位作品をまとめてみました | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2021年海外レビューハイスコアを獲得したのはどのゲーム?上位作品をまとめてみました

海外レビューの上位作品をご紹介します。

連載・特集 特集
2021年海外レビューハイスコアを獲得したのはどのゲーム?上位作品をまとめてみました
  • 2021年海外レビューハイスコアを獲得したのはどのゲーム?上位作品をまとめてみました
  • 2021年海外レビューハイスコアを獲得したのはどのゲーム?上位作品をまとめてみました
  • 2021年海外レビューハイスコアを獲得したのはどのゲーム?上位作品をまとめてみました

ついに年の瀬も迫って参りました。間もなく新しい年が始まりますが、2022年を迎える前に、「2021年にはどんな良作があったっけ?」と一度振り返ってみるのはいかがでしょうか?

Game*Sparkでは「海外レビューハイスコア(ひとまとめ)」として、数々の海外メディアのレビュースコアをまとめてご紹介していますが、今回は2021年に発売されたゲームで高いスコアを取ったのがどのゲームなのか、上位作品をご紹介します!もちろん、スコアが高い=誰にでも面白い、というわけではありませんが、ぜひ遊ぶゲームを選ぶ際の参考にしてみてください。

なお、スコアは海外のレビューまとめサイトmetacriticを参照していますが、今回のまとめを作るにあたり、下記2つのルールを適応しております。

  1. 2021年よりも前に発売されたゲームの移植作品は含まない(リメイクやリマスターは可)

  2. レビュー数が20未満のものは対象外(レビューが少ないと一部の高評価がスコアを釣り上げてしまうため)

それでは順に見ていきましょう!(このランキングは12月10日時点のスコアを使用しています)



88点作品―PS5とスイッチのゲームが多く登場

DEATHLOOP

最高得点:PS588点

その他プラットフォーム:PC86点

レビュー(VG247)シングルプレイの本作の完成度は非常に高く、充実した内容となっている。マルチプレイの追加は最高のアクセントだ。基本的に本作は、私が望んでいた通りのゲームとなっている。『Dishonored』の多くのアイデアを継承しつつも、独自性が表現されており、私が大好きな雰囲気とスタイルだ。私にとって今年お気に入りの1本であり、これから何ヶ月も話題になり続けるような作品だろう。

ラチェット&クランク パラレル・トラブル

最高得点:PS588点

その他のプラットフォーム:なし

レビュー(But Why Tho?)本作は、驚くほど美しく、信じられないほどスムーズにプレイでき、見事なストーリーだ。本当に生き生きとした、このダイナミックな世界から離れたくないと思うことだろう。

モンスターハンターライズ

最高得点:ニンテンドースイッチ88点

その他のプラットフォーム:なし

レビュー(Switch Player)本作は、シリーズが何年もかけて徐々に磨き上げてきた成果となっている。しかしそれだけでなく、翔蟲(かけりむし)による大きな跳躍は(ゲームとしても大きな前進となり)、いつまでも心に残る、終わりのないスリルに満ちた冒険を実現しているのだ。本作はスイッチ史上最高のゲームの一本だろう。

Ghost of Tsushima DIRECTOR'S CUT

最高得点:PS588点

その他のプラットフォーム:PS4N/A

レビュー(PlayStation Universe)今のところ、本作は、今年のオープンワールドゲームの頂点とも言える作品だ。壱岐島は目を見張るような美しさで、技術的なアップグレードによってさらに楽しめるようになっている。本作は、PS5で発売されたオープンワールドゲームの中でも、最高のゲームの一つとして堂々とその地位を確立している。まだ『Ghost of Tsushima』をプレイしていない人は、今こそプレイしてみるべきだろう。

メトロイド ドレッド

最高得点:ニンテンドースイッチ88点

その他のプラットフォーム:なし

レビュー(Screen Rant)本作は時を超える名作だ。探索、戦闘、謎解き、そして軽いタッチのストーリーがシームレスに融合し、ニンテンドースイッチにおいて最も魅力的な体験のひとつとなっている。

89点作品―GOTY受賞作品もここに


It Takes Two

最高得点:XSX89点

その他のプラットフォーム:PS489点)、PS588点)、PC88点)、Xbox OneN/A

レビュー(Game Rant)本作は天才的な協力ゲームで、このジャンルにおける最高傑作であり、Game of the Yearも狙えるだろう。本作をプレイしている間、つまらないと思う時が一瞬もなかっただけでなく、バグや技術的な問題にもまったく遭遇しなかった。本作はほとんど完全無欠と言えるほど磨き上げられており、協力ゲームが好きな人にとってはプレイ必須の一本だ。

スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド

最高得点:ニンテンドースイッチ89点

その他のプラットフォーム:なし

レビュー(Pure Nintendo)『3Dマリオ』の最高傑作については、様々な意見があり、賛否両論だ。本作が最高傑作だろうか?10年近く前に発売されたゲームなのに、最近発売された他の『マリオ』の移植作にはない新しさを感じる。また、「フューリーワールド」は本格的なゲームではないものの、終わったときには、もっとオープンワールドのマリオがやりたくて泣きそうになった。『スーパーマリオオデッセイ』に敬意を表しつつ、本作は、今スイッチで遊べる『マリオ』の決定版だ。

ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード

最高得点:PS589点

その他のプラットフォーム:PC87点

レビュー(We Got This Covered)本作は、史上最高のゲームのひとつである原作の決定版であり、新たなストーリーが収録されたことで、よりその名にふさわしい作品となっている。リメイク版の後半が発売されるときには、スクウェア・エニックスはDualSenseのコントローラーをもう少しうまく活用する方法を(できれば)見つけ出しているだろうが、その時には次のデュアルセンスの話になっているかもしれないし、ゲームは頭の中でプレイするものになっているだろうから、どうでもいいことかもしれない。

Disco Elysium: The Final Cut

最高得点:PS5(89点)

その他のプラットフォーム:PC(97点)、XSX(92点)、PS4(86点)、スイッチ(85点)、Xbox One(N/A)

レビュー(RPG Site)本作が良い状態であることは、このゲームをみんなにプレイしてもらいたいと大声で叫べるということで、私にとっては最高に嬉しいことだ。本作のゲームシステムがどれだけ多様性に富んでいて、いじっていて楽しいかに驚かされただけでなく、その世界観、ストーリー、キャラクターは、ゲームの世界では他に類を見ないものだ。本作をプレイした後は、そのことが頭から離れなかった。

Psychonauts 2

最高得点:PC(89点)

その他のプラットフォーム:Xbox One(91点)、XSX(87点)、PS4(87点)

レビュー(GamingTrend)本作は完璧な続編だ。前作のすべてを踏襲しつつ、ゲーム性やストーリーに独自の工夫を凝らしている。オーバーワールドは探索するのが楽しく、ステージはこれまで以上にスタイリッシュで目を見張るものがあり、素晴らしい操作性を備えている。見どころ満載で、いつまでも心に残る素晴らしい体験ができるだろう。

90点作品―ちょっと意外なゲーム?

Chicory: A Colorful Tale

最高得点:PC(90点)

その他のプラットフォーム:PS5(87点)、PS4(N/A)

レビュー(RPGamer)すべてが上手くいっているわけではないし、特定のゲーマーだけに受けそうなシステムもあるが、本作の感情の中心となるものは非常に強く、インパクトがあるため、他のすべての欠点を凌駕し、プレイヤーは圧倒的な哀愁を感じるだろう。

Mass Effect Legendary Edition

最高得点:Xbox One(90点)

その他のプラットフォーム:PS4(86点)、PC(86点)

レビュー(Telegraph)本作におけるオリジナル版からの改善点はどれも歓迎できるが(そして間違いなく新しいファンを獲得することに繋がるが)、『Mass Effect』の素晴らしさと言うものは、技術的なものではない。本作の作り込まれた銀河、そしてキャラクターたちが、再び私を完全に包み込んだように感じるのだ。そしてそれは少しも古びてはいない。

92点作品―堂々の一位です!

Forza Horizon 5

最高得点:XSX92点

その他のプラットフォーム:PC91点)、Xbox OneN/A

レビュー(IGN)本作は、エンジン好きや自動車オタクにとって、無限に収集したり、いじったり、実験したりできる、奥深い車の楽園だ。また、デラックスエディションを購入した人から、ゲームパスで遊ぶ人まで、運転技術や機械の知識に関係なく、誰もが楽しめる、極めて親しみやすいレーシングスペクタクルのバイキングでもある。また、時折おかしな点もあるが、世界的に有名なメキシコ文化への真摯なラブレターであり、ポストカードのように美しい風景を巡るロードトリップの魔法へのロマンチックな頌歌でもある。本作は、MMOにインスパイアされた長距離レースゲームであり、レース、アクティビティ、イベントの種類が爆発的に増えているが、プレイヤーのやる気を失くさせるということはなく、常にリラックスした状態でプレイできる。やりたくないことに縛られることはなく、どんなプレイの仕方をしても、しっかりと報われるようになっている。見た目も美しく、サウンドも素晴らしく、プレイしていてとても気持ちがいい。そう、本作にはとても多くの要素が詰まっているのだ。しかし何よりも、本作は最高の技術を持つレーシングスタジオの傑作であり、私がこれまでにプレイしてきた中で最高のオープンワールドレーシングゲームだ。


さて、2022年にはどんな作品がハイスコアを獲得するのか?数々のAAAタイトルが控えているだけに、今から待ち遠しいですね。

それでは皆様、良いお年を!


《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top