荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応

開発者は『The Forest』のファンであるとのこと。

PC Windows
荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応
  • 荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応
  • 荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応
  • 荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応
  • 荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応
  • 荒廃した地球で生き抜くサバイバルサンドボックス『Derelicts』ストアページ公開―最大4人での協力プレイにも対応

インディーゲームデベロッパーRomain Pは開発中のサバイバルサンドボックス『Derelicts』についてSteamストアページを公開しました。

本作は、放射線の波に襲われた地球を脱出した一部の人間だけが宇宙ステーションで生活している時代に、スペースシャトルの墜落事故で地球に取り残されてしまった人物として荒廃した世界で生き抜く4人Co-op対応のサバイバルゲーム。地上での生活をより良いものへと進歩させながら、地球に脅威をもたらした謎の存在の起源を暴くことを目指します。

荒廃した地上には突然変異を起こした生物が多数生息。凶暴な生物の襲撃から身を守るために木材や金属を集め頑丈な拠点を築く必要があります。また、水車や風力タービン、ソーラーパネルなどを用いて発電し更に守りを強固にすることも可能。なお、川が凍ると水車が、夜になるとソーラーパネルがそれぞれ使えなくなってしまうなど発電量は天候に左右されるため注意が必要です。

様々な場所を探索すると新しい道具や部品の作成に必要なレシピを発見できることも。クラフト品を用いて水流で木材を運び自動で加工するシステムを構築するといったことなどが可能であるとしています。また、仲間となり共に戦ってくれる犬も存在しているとのことなのでソロプレイでも心細くならずに冒険に向かえそうです。

丸太を流して運ぶための水路を製作可能
突然変異した生物に果敢に挑む犬

『Derelicts』のリリース時期は未定でPC向けに発売予定。Steamストアページの記述によると日本語インターフェイス/字幕に対応しています。なお、PC向けのリリース後にはコンソール版の発売も計画しているとのことです。


《kamenoko》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

    【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  2. 圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

    圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

  3. 『Skryim』“真の美しい”ドラゴンと間近で戦闘可能なMOD登場―16K解像度で描写

    『Skryim』“真の美しい”ドラゴンと間近で戦闘可能なMOD登場―16K解像度で描写

  4. SFオープンワールドRPG『幻塔』Steamページ公開!アニメ調キャラで描かれるサイバーパンク風世界

  5. 人気漫画「五等分の花嫁」の世界を主人公の目線で体験!公式VRアドベンチャー2022年夏リリース

  6. イカダサバイバル『Raft』同接プレイヤー数10万人突破!正式リリースに加えサマーセールが後押しか

  7. 新たな敵・マップ、ストーリーの最終章…新コンテンツ盛りだくさんで漂流サバイバル『Raft』ついに正式リリース!

  8. 対応ハードは最新機&PCのみか?『スカル アンド ボーンズ』が米レーティングESRBの審査を通過

  9. あの“ド派手っぷり”を完全再現!『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』追加キャラ「宇髄天元」7月配信決定

  10. 『LOST ARK』が『ウィッチャー3』とのコラボ発表!新クラス「Aeromancer」の披露も

アクセスランキングをもっと見る

page top