横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】

練り込まれたストーリー&STGらしい爽快感を楽しめる、オマージュ特盛りの作品を爆速プレイレポでお届け。

連載・特集 プレイレポート
横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】
  • 横スクSTG『DRAINUS』―流星のように現れたオマージュ盛り沢山の楽しい新作シューティング【爆レポ】

「INDIE Live Expo 2022」にて発表と共に配信された、Team Ladybug開発のPC向け横スクロールSTG『DRAINUS(ドレイナス)』のプレイレポートをお届けします!

本作はトレイラーを見ての通り、いわゆる横スクロールSTGです。本作のストーリーをゲームプレイに関わる部分だけ書き出すと、カーラル帝国の最新戦闘機ドライナスを奪取した主人公イリーナはカエルのような風貌を持つゲーニーと共に、病める父を救うためにカーラル帝国の手から逃れ故郷の星を目指す……というもの。プレイヤーはドレイナスを操り、追いかけてくるカーラル帝国と戦います。

往年のSTGタイトルオマージュを詰め込んだ楽しいゲームプレイ!

本作は横スクロールSTGなため操作はXboxコントローラーだと左スティックが自機移動、Aボタンが通常ショット、Bボタンが光エネルギー攻撃の吸収、Xボタンがスーパーボム、LBボタンが移動速度の変更、RBでスローモード(低速移動)です。

難易度はイージーとノーマル、そしてハードの全3段階。ゲームプレイ開始前にはチュートリアルも備えており、チュートリアルのやりとりがそのままゲームプレイに繋がります。

ステージ1は砂漠に覆われた惑星ハルパクスにドレイナスが飛び出し、追撃してきたカーラル帝国と戦闘。プレイしてみて初めに驚くのが緻密に溢れなめらかに動くドット風グラフィックのリッチさです(Team Ladybugの公式Twitterによれば3Dドット絵という技術も使っているとのこと)。しばらく戦闘を繰り広げていると砂嵐に突入し、そこを抜けるとネズミ型の中ボス戦に突入。中ボスを倒したら大気圏を抜け宇宙へ飛び出しますが、その直後に惑星ハルパクスが破壊されてしまいます。

惑星の残骸かと思われる岩石地帯を抜けるといよいよボス戦に突入。ボスは各段階に分かれており、1段階目はSTG『グラディウス』に登場するビックコアのような攻撃が、2段階目は複数砲台による全周攻撃が、最終段階では巨大なユニットを装着し自機に対してパズルめいた多段攻撃を繰り出します。それなりに派手な攻撃ですが、敵エネルギー弾吸収を活用すれば楽に突破できました。

『DRAINUS』は通常のショットやボムだけでなく敵弾吸収機能用いて戦うことに加え、パワーアップの形を自由に構成できるのも特徴です。機能拡張は、敵を倒して入手するクリスタルか、敵の攻撃を吸収することで溜まったエネルギータンクを用いてアンロックします。

アンロックした武器は、パワーアップリストに組み込むことによって、好みのパワーアップ順に変更可能。またパワーアップリストの編集は、ステージの幕間だけでなくいつでも編集可能で状況やステージに合わせた構成に組み替えられます。自機が被弾するとパワーアップを1段階犠牲するためパワーアップは、ライフとしての機能を有しており、全てがなくなった状態で敵弾などに直撃すると初めて「撃破」扱いとなります。また、弾幕STG的な敵弾の多さもありますが、敵弾吸収機能+自機の撃ち返しで繊細な避け技術があまり必要でないというのも、ゲームを遊ぶハードルを引き下げることに繋がっています。

『DRAINUS』は2周目有りの全6ステージで構成されていますが、1ステージのプレイ時間は体感でだいたい10分から15分ほどと長めです。会話パートも存在し基本的にはステージクリア後に展開されますが、STGとして限られた時間でのストーリーテリングを2周目という題材を上手く使うことで楽しませてくれます。またステージギミックも多彩で、1方向しかない出入口をショットで回転させるギミックや、巨大な宇宙船を後部エンジンから侵入しコアを破壊して脱出するという構成など、横スクロールSTGが持つ地形を最大限に活用している印象です。

「STG 版『十三機兵防衛圏』」と言えるような『DRAINUS』のエッセンス

本作のトレイラーなどを初めて観たときは、「またもオマージュ特盛りのSTGが出てきた」という印象を抱きました。敵弾吸収要素は『斑鳩』ですし、『グラディウス』のビックコア的な敵や自機のビットによる攻撃含め、「どこかで見たことあるぞ」と言いたくなるオマージュに満ちあふれています。

しかし、実際に遊んでみるとオマージュとしての演出や攻撃方法はあくまでフレーバーでしかなく、シューティングゲームとして派手で遊びやすく、極めて高い品質で成り立っているゲームであると実感できました。

往年の名作STGを知っていると「これってアレまんまじゃん!」や「もしかして、アレのオマージュでは?」みたいな要素に惑わされる

『DRAINUS』があくまでオマージュ要素を匂わす(とは言っても「ローリングビット」などド直球なものもありますが……)程度にまで抑えた作品としてデジャヴを感じたのは、様々なSF作品オマージュを内面に入れつつ練られた物語を描いたADV『十三機兵防衛圏』でした。どこかでみた攻撃方法でありつつも練られたストーリーを持ち、楽しくエキサイティングなゲームプレイとして成り立っている、そんな奥ゆかしさが『DRAINUS』にも存在しています。

様々な元ネタがわかる往年のSTGファンだけでなく、「ちょっと面白そう」と気になったゲーマーにも触れて欲しいと思えるタイトルです。『ドレイナス』はPC(Steam)向けにリリース中。価格は1480円で、5月30日までのスペシャルプロモーションとして10%OFFの1,332円で販売中です。

タイトル:『DRAINUS』
対応機種:PC(Steam
記事におけるプレイ機種:PC
発売日:2022年5月22日
記事執筆時の著者プレイ時間:3.7時間
価格:1,480円


《G.Suzuki》
G.Suzuki

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top