世界滅亡から30年後…廃墟探索サバイバル『RTD - Road to Desolace』Steamストア公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

世界滅亡から30年後…廃墟探索サバイバル『RTD - Road to Desolace』Steamストア公開

「The Collapse」というなにかによって世界が滅んでから30年後の世界で生き残りを目指します。

ゲーム文化 インディーゲーム
世界滅亡から30年後…廃墟探索サバイバル『RTD - Road to Desolace』Steamストア公開
  • 世界滅亡から30年後…廃墟探索サバイバル『RTD - Road to Desolace』Steamストア公開
  • 世界滅亡から30年後…廃墟探索サバイバル『RTD - Road to Desolace』Steamストア公開
  • 世界滅亡から30年後…廃墟探索サバイバル『RTD - Road to Desolace』Steamストア公開

Desolace Studiosは、サバイバルアクション『RTD - Road to Desolace』のSteamストアページを公開しました。

本作は「The Collapse」というなにかによって世界が滅んでから30年後を舞台としたサバイバルアクション。廃墟を探索して食料や水を手に入れ、夜を過ごすためにキャンプを設営します。

素材を集めてクラフトする要素もあり、それによってプレイヤーがより活発に行動できるようになっていきます。またシングルプレイだけでなく、オンラインでのマルチプレイにも対応します。

『RTD - Road to Desolace』はWindows向けにSteamにて早期アクセスとしてリリース予定。ストアページには2023年3月18日にリリースと記載されています。


Logicool G ロジクール G G333-BK ゲーミングイヤホン
¥5,960
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

    『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  3. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

    ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  4. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  5. 「ピノッキオ」ソウルライク『Lies of P』“非”公式グッズに注意喚起―本物の公式グッズはまもなく発表

  6. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  7. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  8. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  9. 懐かしのFC/SFC用ソフトが楽しめる互換機「8ビットコンパクトV3」「16ビットコンパクト V2」本日発売!本体、コントローラ、端子ケーブル、ACアダプタ付属のオールインパック

  10. 『恐怖の世界』Steam版アップデートが3月配信!カットされたコンテンツ追加含む無料アップデートも予定

アクセスランキングをもっと見る

page top