『スカイリム SE』の全ドラゴンを“オハイオ州”にするModとは…?『エルデン』でもミームとなった州が火を噴く! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スカイリム SE』の全ドラゴンを“オハイオ州”にするModとは…?『エルデン』でもミームとなった州が火を噴く!

オハイオ州自体、ネットミームの一つとして定着しているようです。

ゲーム文化 Mod
『スカイリム SE』の全ドラゴンを“オハイオ州”にするModとは…?『エルデン』でもミームとなった州が火を噴く!
  • 『スカイリム SE』の全ドラゴンを“オハイオ州”にするModとは…?『エルデン』でもミームとなった州が火を噴く!
  • 『スカイリム SE』の全ドラゴンを“オハイオ州”にするModとは…?『エルデン』でもミームとなった州が火を噴く!
  • 『スカイリム SE』の全ドラゴンを“オハイオ州”にするModとは…?『エルデン』でもミームとなった州が火を噴く!

The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)』Mod界隈には、マルチプレイ化のようなゲーム性を大きく変えるものや、データ管理といった利便性を向上させるものなど様々な種類が存在します。中にはユーモアに振り切ったものもありますが、今回その一員に“ドラゴンを全てアメリカ・オハイオ州に置き換える”Mod「All Dragons All Ohio」が加わりました。

唐突過ぎるオハイオ州とドラゴンのコラボですが、Modディスクリプションでは「Q:なぜ(作ったのか)?」という質問に対し「A:はぁ?」とする回答のほか、「Q:ドラゴンが死んだ後にフロリダ州ではなく別のオハイオ州になるのはなぜ?」「A:フロリダ州はオハイオ州の一種だから」のような謎が謎を呼ぶ記述も存在(フロリダ州には“オハイオ”という名の村が存在するが、関連性は不明)。ただのリプレイス(置換)でありながら、実態のつかめないミステリアスなModとなっています。

なおオハイオ州そのものに関しては、2016年頃から「オハイオ州が世界を乗っ取ろうとしている」とネット上でネタにされており、2022年初頭には“オハイオ州に立ち寄ると大半の人が絶望感を経験する”という「オハイオ州症候群(Ohio Syndrome)」なるミームも浮上していました。

ゲーム分野では、Googleにて“オハイオ州は『ELDEN RING』の舞台である”とする検索結果や、「オハイオは最低な州のうちの一つだ」として「(オハイオ州に住むことは)『ELDEN RING』の世界に住むようなものだ」とするジョークも存在しているため、今回のModもそんなネット上にある“オハイオ州ミーム”の流れに乗ったものと思われます。

All Dragons All Ohio」は、Nexus Modsにて公開中です。Mod導入に際しては自己責任でお願いします。


【PS4】ELDEN RING
¥5,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』世界大会で優勝取り消しの事態に…勝者チームの人種差別発言を他選手が告発―任天堂公式サイトからチームの記載が削除され、関連ゲーム内アイテムは調整実施へ

    『スプラトゥーン3』世界大会で優勝取り消しの事態に…勝者チームの人種差別発言を他選手が告発―任天堂公式サイトからチームの記載が削除され、関連ゲーム内アイテムは調整実施へ

  2. 水着美女が拳と水鉄砲で海賊と戦うACT『デイジー・ザ・スイマー』Steamで発売。うろついているだけでも楽しい気分

    水着美女が拳と水鉄砲で海賊と戦うACT『デイジー・ザ・スイマー』Steamで発売。うろついているだけでも楽しい気分

  3. 「中年ゲーマーのみなさん、身体は大丈夫ですか」ミドルエイジゲーマーたちの苦悩…

    「中年ゲーマーのみなさん、身体は大丈夫ですか」ミドルエイジゲーマーたちの苦悩…

  4. 「ゲーミングラーメン」現る…?ゲーマー発案の片手で食べられるパック式の“タイパ”追求型ラーメン「BOOST NOODLE」近日発売!

  5. シリーズ続編で「化けた」ゲームと言えば?

  6. 第一次世界大戦サバイバルホラー『CONSCRIPT』日本語対応で配信開始!

  7. マルチプレイで挑むは4,800万のマスと1,000万個の地雷!とてつもない数量が襲い来る『みんなでマインスイーパー』配信開始

  8. 「ペーパーポケモンRPG」!?ペラペラなポケモンが戦うファン作品が公開、クチートやラルトスなど登場のアニメーション

  9. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  10. ゲームのキャラクターにちなんで名前をつけられた人はいますか?『スカイリム』リリース日に誕生した「ドヴァキン」君が注目を集める

アクセスランキングをもっと見る

page top