『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

『アーマード・コア』新作を望むファンの日々はまだ続きそうです。

ゲーム文化 カルチャー
『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」
  • 『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」
  • 『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

フロム・ソフトウェアのマーケティングマネージャーである小倉康敬氏がTwitterのヘッダーにて公開した画像が『アーマード・コア』ファンを中心として話題となりました。

画像に映っているのは雪原に立つ二足歩行のロボ。これが『アーマード・コア』新作の開発を示唆するものでは無いかとして、国内外の様々なサイトで紹介されています。中には、画像に写っているのが「同シリーズでこれまでに確認されたことのない機体」とするケースも。

そこで今回、Game*Spark編集部では、渦中の小倉康敬氏を直撃。コメントを頂くことができました。氏のコメントは下記の通りです。

皆様に誤解を招いてしまったようですみません。

ご指摘のヘッダー画像については、『METAL WOLF CHAOS XD』の発売後から設定していたもので、皆様が思慮されるような意図はございません。

またこれは、『ARMORED CORE VERDICT DAY』のプロモーション当時に用意していたものですが、当時からあまり使用してこなかったものですので、新しい絵という誤解を与えてしまったものだと思います。その点は深くお詫びいたします。

これまでにも『DARK SOULS』や『SEKIRO』、『ELDEN RING』など様々な画像を頻繁に掲出しており、もちろんその中にも『ARMORED CORE』は含まれておりました。

誰も気づいていないかもしれませんが、『ARMORED CORE』シリーズ作品の発売日には、そのタイトルの画像をその日だけ掲出していたこともあります。

『ARMORED CORE』シリーズに対する我々の思いは、以前のニコ生音楽特番「Special Music Program ARMORED CORE SUITE 02」内でもお伝えした通りです。

……ということで、一連の報道はファンらの空回り、という結果に終わってしまいました。

非常に残念な方も多いところかも知れませんが、今回の話題が当時のPRであまり使われていなかった画像に起因するならば、まだまだファンの知らない、もしくは忘れてしまった『アーマード・コア』があるということ。この機会に同作の歴史を振り返ってみるのも良いのかも知れません。
《yakan-boy》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

    「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

  2. チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

    チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

  3. 実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

    実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

  4. 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

  5. ネタ満載すぎてどうかしてる『PUBG』カオス編集映像「PUBG.EXE RETURNS」公開!

  6. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

  9. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  10. 『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top