新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ

「アライアンスレイド」や「絶」コンテンツ、「無人島開拓アップデート」など様々な情報をお届け!

PC Windows
新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ
  • 新たな「絶」や激動のメインクエスト!『FF14』パッチ6.3は来年1月上旬公開予定―「第74回PLL」ひとまとめ

スクウェア・エニックスは11月11日、『ファイナルファンタジー XIV』の次回アップデートで実装される情報をお届けする「第74回 FFXIVプロデューサーレターLIVE」を配信しました。

大きな進展を迎えるメインストーリーのほか、無人島開拓のアップデートや新たな「絶」コンテンツなど様々なコンテンツが追加される次回のアップデート情報を、ひとまとめにしてお届けします!

パッチ6.3「天の祝祭、地の鳴動」は来年1月上旬配信予定!

まずはパッチタイトルと配信予定時期が公開されました。パッチ6.3「天の祝祭、地の鳴動」は来年、2023年1月上旬の配信が予定されており、吉田氏は「お正月明けすぐのタイミング」と補足。

今回のパッチのメインストーリーではパッチ6.2で登場したNPC「ゼロ」が引き続き登場。再びガレマルドが舞台となるようなスクリーンショットも公開され、吉田氏いわく「かなり物語が動く」とのことです。

メインストーリーでは新たなインスタンスダンジョン「雪山冥洞 ラピス・マナリス」を訪れることとなり、ガレマルド方面なのか、"ラピス・マナリス"という名前が意味するものなど、考察の余地がありそうです。

さらに「(ゴルベーザ)四天王の名前が流れておりますが、私は何も言いません」と流れてきたコメントに対して吉田氏が反応する場面も。

そのほか世界各地を巡る「タタルの大繁盛商店」やパッチ6.2クリア後に開放される「新たなる冒険 番外編」の続編も追加され、その後のパッチ6.35では「ヒルディブランド」、「マンダヴィルウェポン」ストーリーの続きが実装されます。

クラフター向けの友好部族クエスト、「レポリット族」がパッチ6.35にて登場します。通例、この「パッチx.3」の友好部族クエストで交換可能になる素材は今後のクラフター・ギャザラー用装備に欠かせないものとなっているので、パッチ6.35が実装された際には毎日しっかり取り組んでおいた方が良さそうです…。

「コンテンツサポーター」の対応を目的としたコンテンツ改修も引き続き行われており、今回は『蒼天のイシュガルド』のメインストーリーで訪れる全てのダンジョンがソロで攻略可能となりました。

「クリスタルタワー」や「討滅戦」はマッチング機能を利用する必要があるものの、これで「フリートライアル」で遊べる範囲までのダンジョンは一人でも遊べるようになります。

24人レイドや新しい「絶」など、多数のコンテンツが追加!

ストーリークエストだけでなく、様々な戦闘コンテンツもパッチ6.3では追加予定です。エオルゼア十二神をめぐる物語のアライアンスレイド「ミソロジー・オブ・エオルゼア」では「喜びの神域 エウプロシュネ」が実装され、今回は「ノフィカ」「アルジク」「ハルオーネ」「メネフィナ」あたりがボスとして登場するのではと予想されます。

パッチ6.3の実装から2週間後には新しい「絶」シリーズの高難度コンテンツが実装されます。どういったコンテンツとなるかは明かされていないものの、これまでの傾向から推察すると今回は『紅蓮のリベレーター』で実装されたコンテンツ、「次元の狭間オメガ」や「四聖獣奇譚」などを題材としているのでは、という声も。

今回実装される討滅戦もシークレットとなっており、前回の「バルバリシア」のように「プレイヤー皆様の驚きを優先したい」と吉田氏は説明しています。

「幻討滅戦」ではセフィロトに引き続き三闘神「ソフィア討滅戦」が実装となります。天秤の判断を誤るとフィールドから落下してしまうこの凶悪なコンテンツ、手応えがありそうです。


《kurokami》

チャーシュー麺しか勝たん kurokami

1999年生まれ。小さい頃からゲームに触れ、初めてガチ泣きした作品はN64の『ピカチュウげんきでちゅう』です。紅蓮の頃から『FF14』にどハマりしており、Game*Spark上ではのFF14関連の記事を主に執筆しています。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  2. 『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

    『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

  3. 2013年発売なのに「Steamサマセ2024」だけで約70万本売り上げる!『Arma 3』過去最高の1日10万本超えの販売数が示した衰えぬ人気

    2013年発売なのに「Steamサマセ2024」だけで約70万本売り上げる!『Arma 3』過去最高の1日10万本超えの販売数が示した衰えぬ人気

  4. 『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』がロールバックネットコードを引っ提げSteamで復活!PS4/スイッチ/GOG.comにも7月22日登場

  5. 基本無料クラフトサバイバル『Once Human』プレイヤー拠点のアイテムや建物が消失してしまう問題について告知

  6. 高度に再現されたPC-98時代の雰囲気を日本語で!美少女系SFRPG『STARVEIL PROTOCOL A.A.A.』日本語対応を発表

  7. DLCを買ったりアンロックに苦労したりする必要はない―高評価『スマブラ』ライク格ゲー続編『Rivals 2』追加キャラは全て無料配信すると発表

  8. 汝の王国を築き上げよ…中世ファンタジーサバイバルクラフト『Crestfallen: Medieval Survival』Steamにて早期アクセス開始

  9. トレカショップ経営シム『TCG Card Shop Simulator: Prologue』―ブースターパックを販売したり自分でカードを集めることも

  10. 近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

アクセスランキングをもっと見る

page top