クリッカーもフリーカーもノリノリ!『ラスアス』ドラマ版宣伝ツイートに『Days Gone』開発元がずるい反応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

クリッカーもフリーカーもノリノリ!『ラスアス』ドラマ版宣伝ツイートに『Days Gone』開発元がずるい反応

「私たちは準備完了!」と添えられたコメントに別の意味も読み取ってしまいそうです。

ゲーム文化 カルチャー
クリッカーもフリーカーもノリノリ!『ラスアス』ドラマ版宣伝ツイートに『Days Gone』開発元がずるい反応
  • クリッカーもフリーカーもノリノリ!『ラスアス』ドラマ版宣伝ツイートに『Days Gone』開発元がずるい反応
  • クリッカーもフリーカーもノリノリ!『ラスアス』ドラマ版宣伝ツイートに『Days Gone』開発元がずるい反応

大好評のドラマ「The Last of Us」。その最新話更新日の気持ちと題して、原作ゲーム『The Last of Us』開発元のNaughty Dogが投稿したGIF付きツイートに、大ヒットオープンワールドサバイバルDays Gone』の開発を手掛けたBend Studioが同様の構図のGIFで反応しています。

これらのGIFは90年代のコメディー番組のワンシーンを元にしたミーム「What is Love」の一種で、どちらも作品内キャラクターが車内にてノリノリで踊っています。ゲーム内では容赦なく襲ってくるはずのクリッカーとフリーカーですら後部座席から身を乗り出し、満面の笑みを浮かべている様子がシュールさに一層拍車をかけています。

Bend Studioの投稿には「私たちは準備完了!」とコメントも添えられ、ディーコンやブーザー、フリーカーもドラマを楽しみに待つ様子に見える一方、『Days Gone』のドラマ化へ向けて準備ができている?といった別の意味で深読みしてしまいそうにもなります。また本ツイートへのリプライには、却下されたと言われ署名活動も巻き起こした本作の続編を望む声にも溢れていました。

そんなクリッカーとフリーカーもウキウキで視聴中の実写ドラマ「The Last of Us」は、日本ではU-NEXTにて毎週月曜日配信中。2月13日からは山寺宏一さん、潘めぐみさんなどゲームの日本語版キャストが再集結した吹替版が配信予定です。


Razer Kraken Green ゲーミングヘッドセット RZ04-02830200-R3M
¥6,480
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Razer BlackShark V2 X ゲーミングヘッドセット RZ04-03240100-R3M1
¥5,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《焦生肉》
焦生肉

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

    「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

  2. 最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

    最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

  3. 主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

    主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

  4. 『Apex Legends』国際大会ALGSでコーチの“イス”に注目集まる―ただのパイプイスが、ほんのちょっとだけ良いイスになった

  5. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  6. 『ドラゴンエイジ:インクイジション』の馬、サボっていた…同作の乗馬に隠された罪を開発者がネタばらし

  7. ドラマ版「The Last of Us」ビル役俳優が原作をプレイしない理由とは―約25年前最後に楽しんだのは『バンジョーとカズーイ』

  8. 水没都市でのんびり屋上生活を楽しむ『I Am Future』デモ版公開!

  9. 『ドンキーコング』ギネス世界記録保持者のビリー・ミッチェルに新たな不正の疑い?「オリジナルと異なるレバーで操作を有利にしている」との指摘

  10. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

アクセスランキングをもっと見る

page top