『スマブラ』トッププロのMkLeo、戦績低迷への批判を「本当に気にしていない」と発言…メキシコの危険地域から家族で引っ越すことができたなど、競技人生を振り返る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スマブラ』トッププロのMkLeo、戦績低迷への批判を「本当に気にしていない」と発言…メキシコの危険地域から家族で引っ越すことができたなど、競技人生を振り返る

どんなトロフィーにもかえられない素晴らしい友人や、素晴らしい女性とも出会ったなど、多くを手に入れたことを語っています。

ゲーム文化 eスポーツ
『スマブラ』トッププロのMkLeo、戦績低迷への批判を「本当に気にしていない」と発言…メキシコの危険地域から家族で引っ越すことができたなど、競技人生を振り返る
  • 『スマブラ』トッププロのMkLeo、戦績低迷への批判を「本当に気にしていない」と発言…メキシコの危険地域から家族で引っ越すことができたなど、競技人生を振り返る
  • 『スマブラ』トッププロのMkLeo、戦績低迷への批判を「本当に気にしていない」と発言…メキシコの危険地域から家族で引っ越すことができたなど、競技人生を振り返る

『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのプロプレイヤーであるMkLeo選手が、最近の戦績低迷を「気にしていない」ことを自身のX(旧Twitter)で語っています。

MkLeo選手は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』時代から数年に渡って幾度となく世界大会で優勝するなど、世界最強と言って差し支えない戦績を積み重ねてきました。ところが2023年は安定せず、ベスト17で大会を終えることもしばしば。

この最近の成績についてMkLeo選手は、自身の戦績を揶揄する声に怒るファンに対し「とても感謝している」としつつも、自身は「本当に気にしていない」と説明しました。

また、競技を始めた15歳から現在の23歳に至るまでの間を振り返りつつ「人生が大きく変わった。本当に治安の悪い危険な場所に住んでいたが、家族とともにメキシコシティで最高の場所に引っ越すことができた。どんなトロフィーにもかえられない素晴らしい友人や、素晴らしい女性とも出会った」と、『スマブラ』によって大きく人生が変わったことを語りました。

そして、「人生のある場面では、勝つことがすべてだった。勝たなければ、人生は変わらなかったから。でも今僕は自分のすべきことをしながら、自分の人生を楽しみたいんだ」と、競技プレイヤーとして視点が変化したことを明かしています。また、自身の戦績を揶揄するような動画などを作る人間に対し「そんなことで時間を無駄にしないで欲しい。もしそれで君が喜んでいるなら、僕はとても同情する」と皮肉りました。

MkLeo選手の絶対的な勝利が見られないのは寂しく思えるかもしれませんが、競技人生を重ねるにつれてプレイヤー毎に目指すべきものは変化していくというわけです。

《Okano@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

    「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  4. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  7. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  8. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  9. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top