Monolith開発のマルチプレイ専用FPS『Gotham City Impostors』が発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Monolith開発のマルチプレイ専用FPS『Gotham City Impostors』が発表

PC Windows


本日Warner Bros. InteractiveとDC Entertainmentは、DC Comicsのキャラクターであるバットマンやジョーカーを扱った新作FPSタイトルGotham City Impostorsを発表しました。開発はF.E.A.R.やCondemnedシリーズで知られるMonolithが担当、Windows PC、Xbox 360、PlayStation 3を対象にダウンロード専用で登場します。

Gotham City Impostorsは、DC Universeのこれまでにない世界観を舞台としたマルチプレイヤー専用のファーストパーソンシューターで、プレイヤーはVigilante(自警団)またはVillain(悪党)のいずれかの派閥に属し、大胆なコスチューム、ボディータイプ、自作ガジェット、多彩な武器などを組み合わせ、自分だけのキャラクターをカスタマイズ可能。

Kotakuのハンズオン情報によると、本作は4対4のTeam Deathmatchや、車のバッテリーをめぐって争うPsych Wardといったゲームモードが用意されるそうですが、最終的なプレイヤー参加人数やその他のディテールは明らかになっていません。

Gotham City Impostorsのリリース時期は未定。既に公式サイトFacebookページもオープンしているので今後の更新情報に期待です。(ソース: Business Wire, Kotaku)


【関連記事】
『F.E.A.R.』や『NOLF』開発元のMonolithが近々新作タイトルを発表予定
『F.E.A.R. 2: Project Origin』の開発スタジオ次回作はトリプルA級のFPSタイトル
更なるバットマンゲームが準備中? Warner Bros.が新たに複数のドメインを取得
Rocksteady: マルチプレイヤーの搭載は『Batman: Arkham City』を危険に晒しただろう
『Batman: Arkham City』海外プレビュー情報!最新ショットも公開
恐怖の“F**king Run”モードをフィーチャーした『F.3.A.R.』最新トレイラー
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

    『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

  2. 台湾産ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版が配信決定―1960年代の文化を色濃く反映

    台湾産ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版が配信決定―1960年代の文化を色濃く反映

  3. 『PUBG』砂漠マップ最新ショットが海外メディアより披露

    『PUBG』砂漠マップ最新ショットが海外メディアより披露

  4. V/STOL機を操れ!フライトシム『DCS AV-8B Night Attack Harrier II』ティーザー映像

  5. ゾンビパルクール『Dying Light‏』無料DLCが海外PC向けに配信―家庭用版は9月

  6. 金採掘シム『Gold Rush: The Game』配信開始―ツールを使いこなして金を掘れ!

  7. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  8. 海外産無料ADV『Doki Doki Literature Club!』Steamで配信―美少女達の文芸クラブは「どきどき」いっぱい?

  9. 宇宙忍者『Warframe』新アップデート「エイドロンの草原」配信!オープンワールド実装

  10. 【GC 2017】人気RTS最新作『Age of Empires IV』発表!『Age of Empires: Definitive Edition』発売日も決定

アクセスランキングをもっと見る

page top