渦中の『The War Z』、今度は『The Walking Dead』からゾンビ盗作の疑い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

渦中の『The War Z』、今度は『The Walking Dead』からゾンビ盗作の疑い

ユーザーの反発を受けてSteamでの販売が中止されるなど、渦中にあるゾンビサバイバルMMO『 The War Z 』。新たに海外ユーザーの調べで、本作が人気テレビシリーズ『The Walking Dead』の写真を流用したアートワークを使用していることが発覚しました。

PC Windows

ユーザーの反発を受けてSteamでの販売が中止されるなど、渦中にあるゾンビサバイバルMMO『The War Z』。新たに海外ユーザーの調べで、本作が人気テレビシリーズ『The Walking Dead』の写真を流用したアートワークを使用していることが発覚しました。

これはKotakuの読者が比較写真にて証拠を示したもので、『The Walking Dead』のゾンビの写真が、ほぼ同じデザインのままゲーム用のアートワークとして描かれているのが確認できます。また、『The Walking Dead』以外にも、映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』やネット上にあるランダムなコスプレの写真を盗作している疑いがあるそうです。



『The War Z』においては、過去にゲームの利用規約文(Terms of Service)上に、Riot Gamesの『League of Legends』公式サイトへのURLが含まれているのが見つかり、内容を丸写しにした疑いがかけられていました。(ソース&イメージ: Kotaku: Some War Z Images Were Ripped From The Walking Dead)

【関連記事】
『The War Z』のSteam販売が一時中止、ValveとHammerpointから声明も
ゾンビMMO『The War Z』表記されていたキー要素の未搭載に関しSteamユーザーが怒り…炎上状態に
ゾンビサバイバルMMO『The War Z』がベータ段階に移行、マップエリアも拡大
『Dota 2』のユーザー作成アイテムに韓国MMO『AION』からの盗作が発覚
iOS『Armed Heroes Online』に『Torchlight』からアセット盗用疑惑が発覚
有名作品のテクスチャを壮絶に盗用した問題作『Limbo of the Lost』が発売の危機に
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版『DEATH STRANDING』Steam/Epic Gamesストアにて配信開始!

    PC版『DEATH STRANDING』Steam/Epic Gamesストアにて配信開始!

  2. 『ファークライ6』ナラティブディレクターが世界観について明かす―キューバの元ゲリラとの出会いに触発

    『ファークライ6』ナラティブディレクターが世界観について明かす―キューバの元ゲリラとの出会いに触発

  3. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』TU 2.1.0は7月15日18時配信―PC版ファイルサイズは16.79GB

    『ゴーストリコン ブレイクポイント』TU 2.1.0は7月15日18時配信―PC版ファイルサイズは16.79GB

  4. 『PUBG』シーズン8にリメイクされたSanhookが登場! アップデート8.1公開

  5. 『VALORANT』「エルダーフレイム」スキンの制作経緯公開―武器スキンの限界に挑戦…

  6. ディーゼルパンク歩行兵器RTS『Iron Harvest』ラスヴィエト派閥紹介トレイラー公開

  7. WW2FPS『Hell Let Loose』新マップ「カランタン」公開ー実在の地図や当時の偵察映像から再現

  8. Amanita Design最新ADV『Creaks (クリークス)』PC/コンソール向けに7月22日発売―家で見つけた奇妙な穴の中を舞台にした冒険

  9. 「オリジナル・トリロジー」完結編となる『Halo 3』PC版が配信開始!「Xbox Game Pass」にも対応

  10. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』ついにAIチームメイト追加! 期間限定イベント含む「アップデート2.1.0」7月15日配信【Ubisoft Forward】

アクセスランキングをもっと見る

page top