【E3 2014】全米を股にかけたMMOレースゲーム『The Crew』プレイレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【E3 2014】全米を股にかけたMMOレースゲーム『The Crew』プレイレポ

E3 2014のUBIブースではソロプレイ向けのムービングシート筐体と、マルチプレイ向けのコンソール出展が行われましたので、内容をチェックしてきました。

家庭用ゲーム PS4


「MMOレースゲーム」という斬新なゲームコンセプトをかかげ、昨年のE3で衝撃デビューをはたした『The Crew』。UBIソフトから11月11日に海外で発売され、対応ハードはPS4/Xbox One/PCです。E3 2014のUBIブースではソロプレイ向けのムービングシート筐体と、マルチプレイ向けのコンソール出展が行われましたので、内容をチェックしてきました。

本作を理解するにはMMORPGとの比較がわかりやすいでしょう。アバターに相当するのが自動車で、パーツの交換で「street」「perf」「dirt」「raid」「circuit」という、5つのクラス(スペック)が選択できます。「street」は街乗り向けのスタンダードな車体で、「perf(=perfect)」はスーパーカー。「dirt」はラリー仕様でジャンプやショートカットなども得意。「raid」はゴツい車体やタイヤを備え、テイクダウンに絶大な効果を発揮します。「circuit」はレース場向けのGTカーです。




ゲームは、ソロプレイとマルチプレイがシームレスに融合しています。バトルに相当するのが各種のチャレンジで、8台までのレースや、特定の車を追いかけて追突し行動不能にするテイクダウン、パトカーの追跡を振り切るエスケープなどがあります。それぞれソロプレイでも、マルチプレイでも楽しめます。フレンド同士でチームを組んで参戦することもできます。

チャレンジをクリアしてリワードがたまったら新しいパーツを購入し、カスタマイズしてきましょう。パーツにはマフラー、燃料、ターボ、サスペンション、ブレーキ、タイヤ、デファレンシャルギア、軽量化などがあり、それぞれにレベルがあります。パーツの組み合わせで5つのスペックに進化していき、いつでもカスタマイズしなおせるのは言うまでもありません。こうした仕様にもかかわらずBMWやランボルギーニなど数々の実車が登場し、驚かされます。グラフィックは美しく、十分に感情移入が可能です。



デモプレイでは4人一組となり、「BATTLE for Bayon」が試せました。マイアミの海岸地帯を舞台にdirtカーを運転してBayonという車を追いかけ、テイクダウンさせるもので、追突順で報酬がもらえます。カメラはリア視点・ドライバーズ視点・フロント視点などが選択でき、ドライバーズ視点では運転席の様子もリアルに再現されています。ギアはオートマでしたが、カスタマイズでマニュアル車が運転できるかもしれません。

コースはアスファルトあり、ダートあり、砂浜ありの混合タイプで、慣れないうちは運転に戸惑い、海に水没させてしまったことも。Bayonの巧みな運転技術に翻弄され気味で、あとちょっとのところですり抜けられ、悔しい思いもしました。もっとも比較的カジュアルでアーケードライクな運転感覚ということもあり、気がつけばテイクダウンを達成。レースゲームが好きなプレイヤーなら、それほど迷うことなく楽しめるでしょう。



ちなみに本作のもう一つのウリが、アメリカの主要道路を網羅したという巨大なマップ。本当に全ての街を網羅しているのかは不明でしたが、スクリーン上では大きく西海岸、東海岸、西武山岳地帯、南部などにブロックが分かれており、マイアミ・ニューヨーク・ロサンゼルス・デトロイト・ラスベガスなどの主要都市が表示されていました。フレンド同士でチャレンジに挑戦する時は、いつでも呼び出して別の街に車を集結させることができます。いわばマップ画面が巨大なロビーというわけです。

デモプレイの後半ではマイアミの街をクルージングしてみました。しかし道路には他のCOMカーがいっぱいで、衝突しないように気を配らねばならず、とてもドライブを楽しむ感じではありません。そこでマップを頼りにハイウェイに出たところ、やはりここでもCOMカーの群れが・・・。逆に中西部では「行けども行けども対向車に遭遇することなく、風景もほとんど変わらない」という状況が再現されるのでしょうか? ロサンゼルスでE3会場の周辺も走ってみたいですね!



本作の日本発売は未定ですが、そのスケール感から次世代機のベンチマークになりそうな一作です。開発スタジオは仏リヨンのIVORY TOWERで、2007年に設立され、本作が処女作ながら『Need for Speed』『Test Drive Unlimited 』『V-Rally』といった有名レースゲームの開発経験者が多くそろっています。その実力に期待しましょう。

※UPDATE: 本文の内容を一部修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。

ユービーアイソフトDLタイトルを特集中!
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」ヨドバシ.comで会員限定の抽選販売開始!申込は7日10時59分まで

    「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」ヨドバシ.comで会員限定の抽選販売開始!申込は7日10時59分まで

  2. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」Joshin webショップでの抽選販売が延期に―再開時期は未定

    「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」Joshin webショップでの抽選販売が延期に―再開時期は未定

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. ニンテンドースイッチ「今週の出荷はなし」と任天堂が報告─来週以降の予定は改めて発表

  5. Xboxの公式情報番組「Inside Xbox」が日本時間4月8日6時から配信―『Grounded』などゲーム最新情報も

  6. 『あつまれ どうぶつの森』本体セットの次回出荷は4月上旬…予約の有無や入荷日は各販売店に確認を

  7. 『FF7 リメイク』を機にPS4購入予定の人注目!ソフトと本体をセットにしたお得なデビューパック発売決定

  8. 新たな戦いは4月8日!『CoD:MW』『Warzone』シーズン3告知

  9. 2Dドット全方位シューター『Null Drifter』4月8日PS4/XB1版、9日にスイッチ版が各々国内向けに発売

  10. 『バイオハザード RE3』市民ゾンビのファッションに注目!90年代アメリカのオシャレ&セクシーな姿をじっくり観察してみよう

アクセスランキングをもっと見る

page top