『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か

ニュース ゲーム業界

『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か
  • 『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か
  • 『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か
2009年の発表以来、多くのゲーマーから注目されてきた『The Last Guardian(人喰いの大鷲トリコ)』。そんな同作の海外商標が再び出願されていたことが、明らかになりました。

海外フォーラムNeoGAFユーザーの報告では、3度目となる今回の出願情報は米国特許商標庁(USPTO)より確認出来ると伝えられています。該当ページによれば、3月12日付けで再び申請されているとのこと。なお、2月中旬には2度目の商標放棄について報じられていましたが、現在の開発状況について詳しい情報は明かされていません。

先月には海外メディアGameSpotを通じて、現在も開発中であると伝えられていた『The Last Guardian』。開発が長期化していることもあり、ソニーからの新たなコメントの発表が待たれます。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  2. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

    新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  3. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

    スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  4. 変化していく世界を描くミステリアスADV『Mosaic』2019年夏リリース―スイッチ版も発表

  5. 『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

  6. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  7. HTC Vive公式ストア「Viveport」がOculus Riftのサポート発表―垣根を越える

  8. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  9. 噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

  10. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

アクセスランキングをもっと見る

page top