『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か

ニュース ゲーム業界

『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か
  • 『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か
  • 『人喰いの大鷲トリコ』海外商標が2度目の再出願、放棄状態から復活か
2009年の発表以来、多くのゲーマーから注目されてきた『The Last Guardian(人喰いの大鷲トリコ)』。そんな同作の海外商標が再び出願されていたことが、明らかになりました。

海外フォーラムNeoGAFユーザーの報告では、3度目となる今回の出願情報は米国特許商標庁(USPTO)より確認出来ると伝えられています。該当ページによれば、3月12日付けで再び申請されているとのこと。なお、2月中旬には2度目の商標放棄について報じられていましたが、現在の開発状況について詳しい情報は明かされていません。

先月には海外メディアGameSpotを通じて、現在も開発中であると伝えられていた『The Last Guardian』。開発が長期化していることもあり、ソニーからの新たなコメントの発表が待たれます。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 2017年3月度のデジタルゲーム市場売上は前年比7%増、『ハースストーン』モバイル版は前月から倍増

    2017年3月度のデジタルゲーム市場売上は前年比7%増、『ハースストーン』モバイル版は前月から倍増

  2. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  3. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  4. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  5. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  6. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  7. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  8. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  9. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  10. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top