【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

家庭用ゲーム PS4

【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
  • 【6/1更新】『FF7 リメイク』の発売日、機種、開発体制、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ
UPDATE(2017/6/1): 開発体制が変わった事やスクリーンショットを追記しました。

2015年12月に公開された映像

スクウェア・エニックスがE3 2015にて発表した、『ファイナルファンタジーVII』のフルリメイク作品となるPS4向けのRPG『FINAL FANTASY VII REMAKE(ファイナルファンタジーVII リメイク)』。長らくリメイクが望まれていた本作の現時点の情報をまとめてお届けします。

■概要

本作のリメイクに関する歴史は古く、21世紀を迎えPS2全盛期となる2002年には早くもリメイクの噂やファンからの要望が出始めていました。また2005年にはPS3で動作する技術デモとしてグラフィックが刷新された『FFVII』のオープニングが公開。同年には『FFVII』の後日談を描くフルCG映像作品「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」が発売されていました。

さらに2004年から2009年までの間に『FF7』の世界観を広げる「コンピレーション オブ ファイナルファンタジーVII」を展開し、外伝的作品となるヴィンセントが主人公のアクションRPG『DIRGE of CERBERUS FINAL FANTASY VII』と、ザックスが主役の前日譚となる『CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII- 』、そしてタークス達に焦点を当てたフィーチャーフォン向けの『BEFORE CRISIS -FINAL FANTASY VII-』の3作品がリリースされています。

これらの外伝作品展開にもかかわらず、様々な媒体でのインタビューでリメイクに関する話題が出てくるものの、00年代において『FFVII』をリメイクするという具体的な話は出てきていません。また2006年には2005年の技術デモに関連して世に出てきたリメイクの噂を否定しています。

2005年のPS3向けに制作された技術デモ


2005年のPS3向け技術デモのスクショその1


2005年のPS3向け技術デモのスクショその2

2009年にはgamescomにて海外メディアの質問から『FFVII』リメイクに言及しており、正式なプロジェクトではないものの個人的なレベルで可能性を話し合うと発言。また2011年にはプロデューサーの北瀬佳範氏が、『FFVII』リメイクに関して全く同じ物を作るのは反復となるため新要素や新システムを追加したい衝動があると述べていました。

2012年に最新OSに対応させたオリジナルの『FFVII』PC版が海外で配信されると共に、2013年には国内向けにも初めて配信(PC版『FFVII』の旧版は海外のみ発売されていた)。2014年にはPC版をベースにしたPS4リマスター版が発表。そしてE3 2015のSIEプレスカンファレンスにて初のフルリメイクとなる『FINAL FANTASY VII REMAKE』が発表されました。

■リメイク版『FFVII』の特徴

1997年に発売された『FFVII』のフルリメイクにおいて、ゲームエンジンは自社のルミナス・スタジオではなくEpic GamesのUnreal Engine 4を採用。内容の多くを見なおし分作として開発が進められています。

    ・開発は第1ビジネス・ディビジョン
    ・社内開発強化の為に中核スタッフを募集
    ・開発リーダーは『メビウス ファイナルファンタジー』のプロジェクトリーダーである浜口直樹
    ・外部の協力会社を主軸に開発を進めていたが、クオリティを詰める部分も含めて社内体制にシフトし、安定したスケジュールでクオリティをコントロールすべきという判断が行われた
    ・風景は部分的に破壊可能
    ・戦闘システムは注意深く作られており、中断無しで発生する

■ゲームエンジン

本作のゲームエンジンは前述の通りUnreal Engine 4を採用しています。このエンジンが採用されたのは、第1BDディビジョン・エグゼクティ 北瀬佳範氏によると「一番信頼できるツール」という理由からです。さらにEpic Gamesからの手厚いサポートも受けています。またスクウェア・エニックスでのUE4の利用は本作だけでなく、PS4版『ドラゴンクエストXI』や『キングダム ハーツIII』などが採用しています。

2016年におけるUnreal Engine採用タイトル一覧

■映像

2015年6月公開のリメイク発表映像。余談だが15秒の右下に見えるポスターに描かれているのは同社のゲーム版『パラサイト・イヴ』主人公アヤ・ブレア。

無印/PS3技術デモ/PSPの『クライシスコア』/リメイク版を比較する海外映像


■スクリーンショット






■商品/スタッフ概要

    <商品概要>
    タイトル: FINAL FANTASY VII REMAKE
    対応機種: PlayStation 4
    ジャンル: RPG
    発売日: 未定
    価格: 未定

    <開発スタッフ>
    プロデューサー
    北瀬 佳範 (YOSHINORI KITASE)
    ディレクター
    野村 哲也 (TETSUYA NOMURA)
    シナリオ
    野島 一成 (KAZUSHIGE NOJIMA)


■関連記事


※本記事は正式発表や新しい情報が見つかり次第、随時アップデートしていく予定です
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 53 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』“ドゥームフィスト”ついに実装!新アップデート配信開始

    『オーバーウォッチ』“ドゥームフィスト”ついに実装!新アップデート配信開始

  2. 【特集】『グランツーリスモSPORT』体験会レポ―新フィーチャーを続々紹介

    【特集】『グランツーリスモSPORT』体験会レポ―新フィーチャーを続々紹介

  3. PS Plus8月度提供コンテンツが先行公開!―『Life Is Strange』『ニーア』特別コンサート映像など

    PS Plus8月度提供コンテンツが先行公開!―『Life Is Strange』『ニーア』特別コンサート映像など

  4. 『モンスターハンター:ワールド』武器14種の紹介動画が登場─シームレスな世界を舞台に各武器をお披露目

  5. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  6. 『オーバーウォッチ』ジャンクラットが悲願の強化へ―コンカッション・マインの弾数増加、他

  7. 人生介入シミュレーション『The Sims 4』のPS4/Xbox One版が海外発表!

  8. 1人称スリラーADV『GET EVEN』8月18日に配信決定―陰鬱な最新トレイラーも公開

  9. PS4『Destiny 2』国内向けパッケージアートと予約特典発表!店舗別ではフィギュアも

  10. 『オーバーウォッチ』低マナープレイヤーへの対処を厳罰化へ―PS4/XB1でもレポートシステムの実装予定

アクセスランキングをもっと見る

page top