【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!

Game*Spark オリジナル

【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
  • 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
  • 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
  • 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
  • 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
  • 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
  • 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
  • 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!
皆様いよいよ今年も残すところ僅かですね。年始に掛けての慌ただしさが過ぎればお正月休みに入り、腰を据えてゲームをプレイする方も多いのではないのでしょうか。そんな中、今回はハードボイルド作品多めで世界観を堪能できる名台詞や、洒落た台詞をもつ7作品の7台詞をピックアップして皆様にご紹介致します。

七つくれ?二つで充分でしょう。いや七つだ、三と四で七つだ

◆『The Elder Scrolls V: Skyrim』
開発元:Bethesda Game Studios 開発年:2011年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360/PlayStation 4/Xbox One

    「あなたは、今まで出会った中で最高に勇敢な人間よ。でなきゃ、最高の馬鹿だわ」

世界を破滅させるドラゴン「アルドゥイン」とのまるで勝ち目のない戦い、死地に赴く際の主人公に対し、スカイリムの街ホワイトランの首長の側近が投げかけてくれる台詞です。TESシリーズの中でもここまで直截な褒め言葉、洋画的台詞は珍しく強く印象に残ると共に、最終決戦へ向けてプレイヤーの気持ちを高ぶらせてくれる、洒落た名台詞と言えます。自分は伝説のドラゴンボーンなのだという強い自負を芽生えさせることに成功している台詞とも言えるでしょう。

◆『Max Payne 3』
開発元:Rockstar Games 開発年:2012年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360

    「今なら分かる 俺は酔った状態でなく シラフで死のうと決めたんだと 少なくとも俺を撃ったヤツが分かるように」

劇中、様々な陰謀に巻き込まれ悲惨な目に遭う主人公「マックス」ですが、彼が意を決して自分の人生を取り戻そうと決起する場面で発する台詞です。タフかつハード、時にシニカルな台詞回しが特徴の彼ですが、どん底から這い上がるその決意には胸を打たれる上にプレイヤーも奮い立ちます。また、本作は最高峰のTPSといえるほど完成度の高い三人称シューターでもあります。

◆『Crysis』
開発元:Crytek 開発年:2007年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360

    「俺は海兵隊だぞ!海を歩けと言われればやってみせるまでさ」

とにかく洋画的な台詞が目立つ本作ですが、ゲーム終盤「ストリックランド」というアメリカ海兵隊少佐がエイリアンとの撤退戦で主人公達を逃がし、あなたはどうするのかと問われた際に放つ、男気溢れる名台詞です。本作には洋画的ではないものの「熱源が欲しいな」「何がどうなってんです?俺たち死にまくってるじゃないすか」などなどその他にも名台詞が満載です。なお2017年で初代『Crysis』発売からちょうど十周年となります。

次のページ:最凶の悪役にハードボイルド、ベストセラー作家に近未来SF作品より

《SHINJI-coo-K》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 64 件

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

    【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

  2. 【特集】『SUPERHOT』をプレイするべき10のホットな理由

    【特集】『SUPERHOT』をプレイするべき10のホットな理由

  3. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

    【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  4. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  5. 【コラム】『FF15』の終わりなき旅―歪な世界の多重リアル構造【ネタバレ注意】

  6. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

  7. 【E3 2017】PS4『スパイダーマン』のオープンワールド性やストーリー設定は?―開発者セッション

  8. 【特集】『ゲームに登場するお父さんキャラ』8選―ディア・パパ!

  9. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  10. 【E3 2017】『シャドウ・オブ・ウォー』のとんでもない要塞バトルをプレビュー!

アクセスランキングをもっと見る

page top