ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

『Prison Architect』を開発するイギリスのデベロッパーが、とある理由により同国の赤十字社からジュネーヴ条約の違反通告を受けたことを報告しています。

ゲーム文化 カルチャー
ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける
  • ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける
  • ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける
  • ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

Prison Architect』を開発するイギリスのデベロッパーが、とある理由により同国の赤十字社からジュネーヴ条約の違反通告を受けたことを報告しています。

同作プロデューサーMark Morris氏とデザイナーのChris Delay氏が、Introversion Software公式YouTubeチャンネルにて伝えるところによると、英国赤十字社から「ゲーム内で使用されている赤十字マークが、ジュネーヴ条約に違反している」との連絡が届いたとのこと。赤十字マークについては、国より認められた民間団体のみ使用が認められており、無断使用の場合は法律で罰せられる点が、英国赤十字社の公式サイトに明記されています。同士らは、これまで様々な他作品に赤十字マークが使用されていること指摘、なぜ今回『Prison Architect』にてこの指摘がされたのか、疑問を抱いています。

旧『Halo』作品と新『Halo』作品での違い

海外メディアのKotakuPC Gamerでは、過去には『Halo』や『Left 4 Dead』、『Doom』でも赤十字マークを使用していた事例を紹介。『Halo』シリーズに関しては当初赤十字マークを使用していたものの、続編では同アイテムのシンボルを「H」に修正していました。Introversion Softwareも今回の件を踏まえ、『Prison Architect』のゲーム内から赤十字マークを外すアップデートを実施しています。

なお日本国内における赤十字マークの使用についても、日本赤十字社の公式サイトに「(マークの)使用については赤十字社と法律等に基づいて認められている組織に限られています。」と説明されています。
《ハンゾウ@編集部》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」7月15日から48時間開催! ゲーム関連商品の登場にも期待

    Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」7月15日から48時間開催! ゲーム関連商品の登場にも期待

  2. 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

    2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

  3. CDPRも製作協力!TRPG『Cyberpunk』新版『Cyberpunk Red』スターターボックスのカバー画像が公開

    CDPRも製作協力!TRPG『Cyberpunk』新版『Cyberpunk Red』スターターボックスのカバー画像が公開

  4. 『魂斗羅』風2Dアクション『Blazing Chrome』配信日決定! 最新トレイラーも披露

  5. 忍ism、所属選手13名の契約終了を発表―ストリーマーなど3部門で

  6. 1分間で死ぬアドベンチャーゲーム『Minit』のコモドール64版が開発中!

  7. Steamが「LGBTQ+」のタグと検索用ハブページを正式に導入

  8. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  9. 仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』のチャプター2がリリース!新トレイラーも披露

  10. 【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top